天皇賞春2019 血統考察

こんばんはボンカです!

先週は福島牝馬sで血統推奨馬のデンコウアンジュがしっかりと勝ち切り。スローが結構読めたレースで配当は低いですが会心の当たり。

他には土日両日とも午前中の未勝利戦でしっかり馬券をゲット。特に日曜日は三連複とワイド両的中で10万に迫る配当をゲットしましたので参考にされた方おめでとうございます。

ただ日曜重賞では3三振。フローラsのパッシングスルーは結構自信あったですけどね…直線は少し進路がなかったのであのロスがなければ…

ただ勝ったウィクトーリアを消していたので予想的にも完敗ですね。

あとはインディチャンプがパクスアメリカーナに食われたのは少しびっくりしましたね(笑)母父キンカメVS父クロフネであの展開で食われますか。。。

とまあ先週はこんな感じでしたがまた気持ちを入れ替えて今週も頑張っていきましょう!

今週からまたG1が毎週あって楽しいですね!今週は天皇賞春!

個人的には天皇賞春からが春のG1シーズンの始まりを感じるんですよねー。なんでかな

春天は枠時代である程度配当も見込めるレースかな?と思っていますので気合入れて予想していきましょう!

2019年度血統推奨馬一覧

中山金杯(ステイフーリッシュ7人気2着)→京都金杯(4人気6着)→フェアリーs(アクアミラビリス1人気5着)→日経新春杯(ムイトオブリガード2人気9着)→AJCC(ジェネラーレウーノ2人気4着)→東京新聞杯(レッドオルガ6人気2着)→クイーンカップ(ビーチサンバ2人気2着)→京都記念(ノーブルマーズ3人気9着)→フェブラリーs(サンライズソア6人気7着) →中山記念(ウインブライト5人気1着) →金鯱賞(アルアイン3人気5着)→高松宮記念(アレスバローズ7人気9着)→大阪杯(ペルシアンナイト3人気11着)→桜花賞(クロノジェネシス3人気3着)→福島牝馬s(デンコウアンジュ4人気1着)→マイラーズカップ(インディチャンプ2人気4着)→フローラs(パッシングスルー7人気4着)

2018年度血統推奨馬回収率 単複180%/120%

目次

1.京都3000m~3200mの種牡馬別成績

2.天皇賞春の類型と今年の展開予想

3.ディープインパクト産駒の守備範囲

4.ハーツクライとマンハッタンカフェの確変ゾーン

1.京都3000m~3200mの種牡馬別成績

天皇賞春の開催される京都3200mは天皇賞春の専用コースとなっている現状。あまりにもデータとしては心もとないので菊花賞と万葉ステークスに使用される京都3000mのデータも加えて京都3000m以上の種牡馬データとしてまとめてみました。

これでもやっぱり母数は少ないですね(笑)

基本的には父サンデーサイレンス系が京都の長丁場では強いと考えたほうが良さそう。

まず注目したいのがディープ産駒の成績がやはり他の距離と比較して落ちるということ。ディープ産駒のデータを芝レースで取ると大抵のコースと距離で複勝率が30%を超えてくるのですが、京都3000m以上となると複勝率は20%まで落ち、勝率も4%程度に。これに関してはラップも絡めて②と③で話します。

サンデー系長距離御三家のマンカフェ、ステゴ、ハーツクライは

ステゴが春の天皇賞で4勝(フェノーメノ連覇とゴールドシップとレインボーライン)、ハーツクライ産駒は春天で8頭が馬券に。マンカフェ産駒はヒルノダムールとメイショウドンタクが春天で穴を開けており、京都3000m以上の成績も悪くない。

次項からは各種牡馬がどのような天皇賞春で好走するのか得意なのかという話をしていきます。

2 天皇賞春の類型と今年の展開予想

さてさて、天皇賞春はレアな距離と言えどレースの質を分類することができるんですよね。これが血統にリンクするんで話しておきます。

ラップを各年個別に出すとかなり長くなるんでやめときます(記事自体毎回長いんで申し訳ないですが…)

今回は過去10年間の春の天皇賞で出現したパターンを紹介します

①3For2F戦型(春天2018.2017年)

②後傾4F戦型(春天2016.2015年)

③中だるみ型(春天2010.2009年)

④後半特化型(春天2014年)

⑤大逃げ型(春天2012年)

⑥馬場が悪い日型(春天2011年)

簡単に累計の説明をすると、

①はラスト4ハロン地点では12秒台で残り3Fでスパートが始まる競馬

②は後半5ハロンが分散する競馬特にラスト4ハロンで11秒台に入ってくるようなロンスパ気味の競馬。

③は中だるみが顕著で前5Fが後5Fよりも早いにもかかわらず中盤緩み後半早い脚を要求される展開。

④は前中盤が緩く後半に特化した競馬

⑤と⑥は名前の通りです。⑤は後半で分散します。

細かくは毎年違うのは当たり前なんですがそれを大まかに分類するとこんな感じになります。④⑤⑥はレアケースなので基本的には①②③のどれかに振れることが多いです。

その中で今年にどのような展開になるかということがとても重要でして、(詳しくは前日に書きますが)

今年に関しては②or③の中間もしくは②っぽい競馬に振れるのではないかと思います。キーとしてはロードヴァンドール典。

次の項に進みます。

【PR】ファースト

ファーストでは充実したコラムとレース前日に無料で入手できる買い目を発信しており無料競馬予想サイトの中でもトップクラスの信頼と実績!


少し前にはこんな的中がありました!もちろん無料。

登録は下記リンク先で!

http://first-one.biz/?r=os11

3. ディープインパクト産駒の守備範囲

この項も長いんで読むのめんどくさいって人はこのテーマだけ見ればいいかもです。

ディープ産駒は長丁場でのロンスパ戦に弱いがレースの比重が後半に傾けば傾くほど対応してくる

項①でディープインパクト産駒の成績が他のコースと比較して落ちますよって話をしたんですが、逆にディープ産駒がこのコースで好走できたパターンについて考えていきたいと思います。

過去10年間で京都3000m以上で馬券になったディープ産駒は以下の8頭。

フィエールマン(2018年菊花賞1着)

サトノダイヤモンド(2017年春天3着)

サトノダイヤモンド(2016年菊花賞1着)

リアルスティール(2015年菊花賞2着)

ニューダイナスティ(2015年万葉s3着)

トーセンラー(2013年春天2着)

サトノノブレス(2013年菊花賞2着)

トーセンラー(2011年菊花賞3着)

これらのディープ産駒が好走したレースのラップを②で出した類型に当てはめてみましょう。

①3For2F戦型(春天2018.2017年)

春天2017.菊花賞2016.春天2013

②後傾4F戦型(春天2016.2015年)

ナシ

③中だるみ型(春天2010.2009年)

菊花賞2015.万葉s2015

②と③の中間

菊花賞2011

④後半特化型(春天2014年)

菊花賞2018

⑤大逃げ型(春天2012年)

ナシ

⑥馬場が悪い日型(春天2011年)

菊花賞2013

少しわかりにくいですが、ポイントは②に該当するレースがないということと⑤に該当するレースもないということですね。

因みに春の天皇賞が②の類型に当てはまるレースだった2015年と2016年のディープ産駒の成績を見てみましょう。

2016年

サトノノブレス(12人気11着).ファタモルガーナ(16人気7着).トーセンレーヴ(14人気18着)

2015年

ラストインパクト(5人気4着).キズナ(1人気7着).デニムアンドルビー(9人気10着)

不人気馬が多いですし、枠順などの有利不利はあるでしょうが現実としてこのパターンで馬券になったディープ産駒はいないんですね。

つまりテーマ通り、

ディープ産駒は長丁場のレースにおいてロンスパ戦になると脆く、人気でも信用できない

逆を言えば、

後半特化戦や3For2F戦になれば対応できる個体もいる

ということですね。

因みに先ほども書いた通り個人的には今年はロンスパよりのレースになると思います。(類型でいう②)なのでディープ産駒のフィエールマンとグローリーウェイズはロンスパの適性も見せていないので現状ではいまいちかなと思っています。

4.ハーツクライとマンハッタンカフェの確変ゾーン

次はハーツクライとマンカフェについて触れておきます。

マンカフェが確変に入るパターンは簡単だと思います。

それは「時計が遅くなった時」です

マンカフェはパワーとスタミナに寄った種牡馬で基本的にはスピード不足。

天皇賞春で馬券になった産駒は2011年のビートブラックと2010年のメイショウドンタク。

2011年は稍重で勝時計が3分20秒。2010年のメイショウドンタクの走破タイムは3分16秒6で2011年を除いた過去10年間の3着内馬の内一番遅いタイムでした。

なので馬場を見て時計が明確にかかっているならねらい目を上げていいと思います。

ハーツクライ産駒は天皇賞春に関しては先ほど述べたディープ産駒の逆と考えてもよいかもしれません。

ハーツクライ産駒は天皇賞春においては後半で分散したほうが良い

以下のデータが根拠です。

ラスト4F地点で11秒台半ばが刻まれたロンスパだった2016.2015.2012年のハーツ産駒の成績とそれ以外の年のハーツクライ産駒の成績

2016.2015.2012 0-2-3-3 複勝率62.5% 複勝回収率402.5%

それ以外の年 0-3-0-11 複勝率21.4% 複勝回収率37.1%

というわけですね。

他のこの血がいいよーとかそういう話は去年しちゃったし今年はこれ以上長くなるのもヤバいんでやめときます。

さて、以上の考察より血統推奨馬を発表しておきます。

A(バナークリックでブログ紹介文に表示)


→先ほどのハーツクライの話はトニービン持ちに置き換えても通じる話。去年はハーツクライ産駒に厳しいレースだったと考えれば惜敗に価値はあると感じるし、大外を回すことになったことや気持ち枠も内過ぎたし、馬場も若干重かった。母系には高速巡行能力の高い血とキートゥーザミントを併せ持っており春天の適性は高いはず。2年連続で押しておきます。馬も俺もリベンジ。

また、微妙に感じている人気馬を発表しておきます!

理由 ロンスパ適性が見えないorロンスパでパフォーマンスが低かったから

B(バナークリックでブログ紹介文に表示。)

以上です!閲覧ありがとうございました!

マイラーズカップ2019など最終予想

眠いですボンカです

がんばります

京都11R マイラーズカップ2019 自信度1.5(ちょっとしか買いません)

◎ダノンプレミアム

〇インディチャンプ

買い目

三連単 ◎〇-◎〇-▲

東京11R フローラs2019 自信度2

〇シャドウディーヴァ

▲エトワール

△9.12.13

▽5

買い目

単勝 ◎

馬連 ◎-〇▲△▽

福島11R 福島中央テレビ杯 自信度2

◎ピースユニヴァース

△6.9.10.11

買い目

馬連 ◎-△

福島2R 3歳未勝利牝 自信度2

◎マドンナブルー

△2.3.6.7.10.11

買い目

単勝 ◎

ワイド ◎-△

三連複 ◎-△

東京2R 3歳未勝利 自信度2.5

◎サンノロアーク

〇ファイナルマズル

▲テンノウザン

△12.13

▽2.4

買い目

ワイド ◎〇▲BOX

三連複 ◎-〇▲-〇▲△▽

以上です。閲覧ありがとうございました

福島牝馬ステークス2019など予想

こんばんはボンカです。予想が終わって気持ちよく寝ていたらこんな時間!寝る食う性一次的欲求を満たすのが一番気持ちいいですよね!だって動物なんですもの!

眠いんでさっさと更新していきます

福島11R 福島牝馬ステークス2019 自信度1.5

〇デンコウアンジュ

▲ランドネ

買い目

馬連◎〇▲BOX

福島2R 3歳未勝利 自信度2


△4.5.6.8.15

買い目 

単勝 ◎

ワイド ◎-△

京都8R 4歳以上500万以下 自信度2

◎ジョースターライト

〇テイエムヨハネス

▲セヴィルロアー

△1.9.12.14

買い目

◎〇▲ワイド

◎-〇-▲△三連複

東京9R 新緑賞 自信度2

◎アイスブラスト

買い目

単勝 ◎

以上です!閲覧ありがとうございました!