フェブラリーs2019など2月17日の無料予想

こんにちはボンカでございます。いよいよフェブラリーs2019が本日開催です!

昨日は京都7R◎アタミからの的中がありましたが依然重賞が取れない病気が治る気配がありません。(笑)

今日の小倉大賞典、フェブラリーsと勝利してこの病を完治させたいところです!

フェブラリーの印は正直かなり悩みました。◎の不安は鞍上と最序盤。ここを攻略してほしい。バチクソ相性の悪い鞍上ですがなんとかしてくれ頼む。

東京11R フェブラリーs2019 自信度2.5

想定

逃げ サクセスエナジー(インティ.サンライズソア)

ペース 平均以上 

4枠に前の馬2頭が入り6枠10番がサンライズソア,7枠12番にノボバカラ。大外2頭は後方脚質で内目の3枠にゴールドドリーム、中目にサンライズノヴァ、モーニン。藤田菜七子騎乗で注目のコパノキッキングは7枠11番と好枠。

逃げ候補は3頭。内からサクセスエナジー,インティ,サンライズノヴァ。インティは番手でもよいとのコメントがある。しかし外から芝スタートでゲート出れば速いサンライズソアや前受けしたいノボバカラなどが切れ込んできたときにどう対応するかというのは注目すべきところで、理由としてインティは血統的に揉まれ弱い面があり、それが顕在化する可能性は否定できないためインティにとっては最序盤が重要なレースになるのかもしれない。

どのみちペースは平均以上に流れてくると思う。ただ各馬の意識で考えるとここ数年の中で比較してやや緩めのペースになる可能性が高いはず。そしてインティの鞍上は武豊ということで後方にもある程度負荷をかけるレースメイクをしてくるであろうことから、中盤以降はさほど緩まないような後方の馬が4コーナーまでに位置を上げることが難しいレースを作ってくると考える。

また馬場は標準クラスの良馬場。力とスピードの両方が問われるバランス馬場。

→本命。血統面はバランスの良い血統で父母父ボールドルーラー系。ボールドルーラーを近い位置に持っている馬は意外といないのでここは加点。当レースはエーピーインディ系が好相性なのでボールドルーラー系も相性が良い。父産駒は東京ダートマイルでは外目の枠で力を発揮。また昨日の馬場ではロベルト持ちがそれなりに馬券になっていたのはプラス。詳しくは血統考察記事で。

フェブラリーsは基本的に地力上位馬が素直に馬券になるレースであり、短縮ローテが基本的に優位な構造。

前者に関してはここ数走を見れば地力のある馬であることは明白。前走は自信の得意とするパターンの競馬ができずキレ負け。前々走は1人気を背負って某騎手のクソ騎乗のあおりを受けたロンスパ競馬を逃げることになった。3走前はベストコース出走だがトップハンデが響いた。ここ3走は負けるべくして負ける明確な理由があったわけである。それにも関わらず崩れずに走れているのは地力の証明。

後者に関してはペースが流れ切ると追走力が問われるため延長ローテのスピード馬が馬券になることもあるが、平均~それなりのハイ程度であればスタミナの要求値が上がるので短縮ローテの1800m等も走れる馬が圧倒的に優位。前述の通り今年は近数年の中では遅めのペースと考えているので今年は短縮優位の年。更に当馬自身は延長ローテで(0-2-2-4)であるのに対し短縮ローテでは(3-1-3-0)と明らかに短縮が得意であることも+。ちなみになんだかんだ東京ダートマイルは(1-1-1-0)の複勝率100%。

不安点としてはまずゲート。ここ次第ですね。幸い外目偶数なのでやや不安は軽減されますがゲートでの挙動がヤバい馬なのでその点は心配。後は鞍上ですね。最近酷いんで。

ラップバランス的には極端にハイにならないこと、逆に瞬発戦になりすぎないこと。この2点さえクリアできれば適性的に問題はないはず。頑張れ。


→あまり語ることはない馬なんですが総合的にスキの少ない馬。不安材料としては内枠、調教後場体重、加齢による衰え。

内枠に関しては東京ダートマイルなので捌けることは捌けるはず。ゲートは心配ですけどね。調教後場体重はこの馬は大幅増でG1制覇の前科持ちなので気にしすぎることはないでしょう。むしろ休み休み走れていることが疲れの溜まりやすい当馬にとっては+でしょう。衰えはやや見え隠れするか。少しずぶくなってきている感はあるもののまだ明確ではないので。

鞍上もルメールなんで大丈夫。

▲ インティ

→枠前は消そうか悩みましたが枠順を見て仕方なし。最序盤さえクリアできれば素質の高い馬なので何とかなっちゃう可能性が高い。軸にはできないですけどね。ぴんかぱーっぽいので。馬場ももう少し軽いほうがいい。

ケイムホーム産駒はかなり中京1800は苦手な部類なのでそこをクリアしてから産駒大得意の東京ダートマイル替わりはプラスっぽいですよね。

☆モーニン

△クインズサターン.オメガパフューム

買い目

◎ 複勝(オッズ次第)

◎‐〇▲ ワイド(オッズ次第で複勝と選択)

◎‐〇▲ 馬連or枠連(本命枠色‐対抗枠色&単穴枠色)

小倉11R 小倉大賞典2019 自信度2.5

◎エアアンセム

〇ブラックスピネル

▲スティッフェリオ

☆マイスタイル

△ナイトオブナイツ

買い目

◎‐〇▲☆ ワイド

◎‐〇‐▲☆△ 三連複

以上です!閲覧ありがとうございました!

京都牝馬s2019など2月17日の予想

おはようございますボンカです!

京都牝馬sなどの予想ができましたので印などを簡単に発表しておきます。

京都11R 京都牝馬s2019 自信度2(本命回避のため本命変更済み)


〇ミスパンテール

▲リバティハイツ

☆ワントゥワン

△5.6.9.10

買い目

◎‐〇▲ ワイド

京都7R 500万以下 自信度2

〇マラードザレコード

▲マテラアリオン

△3.4.5.7.9.11.12.13.15

買い目

◎‐〇▲‐〇▲△ 三連複

京都10R 河原町s 自信度2.5

◎カネトシビバーチェ

〇サヴィ

▲メイショウラケーテ

△3.4.5.7.11

買い目

◎‐〇▲‐〇▲△ 三連複

京都牝馬ステークス2019 血統考察

こんばんはボンカです今日は京都牝馬sの血統考察をやっていきたいと思います。

昨年はミスパンテールが優勝しましたが今年のメンツは粒ぞろいでなかなかの混戦模様。どの馬が台頭するのか楽しみですね。

目次

1.京都1400m芝外の種牡馬データ過去10年分を見る

2.京都牝馬s過去3年間の少ないデータから考える

1.京都1400m芝外の種牡馬データ過去10年分を見る

京都1400m芝外の種牡馬別成績をクラスや馬場状態を分類してみていきましょう。

クラス問わず良馬場~稍重馬場だとこのような成績になります。

ディープ産駒はそこそこ馬券になるものの回収率ベースではいまいち。今回は人気になりそうなアル―シャとワンカラットがディープ産駒。また、穴人気しそうなエイシンティンクルやディメンシオンもディープ産駒とですのでこのことは覚えておきたいですね。京都牝馬sの馬場は冬でタフな面もあるのでそこもマイナスか。

全体的にパワーのあるサンデー系やクロフネ、キングカメハメハなどダートでもやれるパワー型の種牡馬が好調。非根幹距離が得意なマンハッタンカフェは特に回収率が優秀ですね。

一応重馬場~不良馬場のデータも載せておきます。母数は少ないので参考程度に。


ラストはクラスを準OP以上に絞ります。対象馬場は全馬場。

ピンクラインの種牡馬は高回収率。黄色ラインは準高回収率。

クロフネ産駒とキングカメハメハ産駒が優秀ですね。ディープ産駒も全クラス対象の物よりは数値が伸びます。

2.京都牝馬s過去3年間の少ないデータから考える

京都牝馬sが現条件になってから3年しか経過しておらずデータはこれだけしかないです。

その中でも無理やりにでもポイントを作るなら

①父マンハッタンカフェが強い。非根幹の鬼。

②ペース遅くサンデー系優位。キンカメも悪くない。

③母系に欧州系ノーザンダンサーの重めの血が入っているとよい

④ロベルト系も活きるレース

該当馬を当てはめると

①デアレガーロ.ハーレムライン

③アマルフィコースト.カラクレナイ.ディメンシオン.ベルーガ

④なし

以上の考察より血統ランキングを1位から3位まで発表します。

1位の馬が血統推奨馬とします。

1位 C

2位 D


3位 リバティハイツ

以上です!閲覧ありがとうございました!