【ヴィクトリアマイル2020】高速馬場の東京マイル条件で狙うべきスーパー大穴馬はこれ!【血統/ラップ】

血統考察

こんばんはボンカです。

先週のNHKカップは△‐〇‐▲決着で不的中。〇のレシステンシアは対抗で固定のつもりだったので◎と▲を間違えちゃいましたね~。勝ったラウダシオンは△打ててた+サトノ、シャインガーネット、タイセイビジョンの人気所を消せてただけに結構悔しいです。

◎の原田君は少し消極的な競馬になってしまいましたが、結構なギアチェンが要求されたのでどのみち馬券にはなれてなかったと思います。レシステンシアが思ったより溜めて逃げたというのも想定と若干ずれましたね。

来年はNHKマイルマイスターの名に懸けて的中させたいと思います。

購入馬券は以下の通り。土日通じては+で5月の収支も微プラですが全くしっくりしないなあと言った感じ。

あとレース単位の妙味度と購入資金がリンクしないので今週からは書き方を考えたいと思いますし、Twitterで購入馬券の先出をしていきます

さて、今週はヴィクトリアマイルが開催予定。

ヴィクトリアマイルと言えば、ストレイトガールーケイアイエレガントーミナレットで3連単2000万超えの大波乱決着が有名ですが、それ以前にもヴィルシーナが11人気でリピート勝利したり、おととし8人気で勝利したジュールポレール、2016年と2015年にどちらも単勝オッズ10倍超えで連覇したストレイトガールがおり、強烈に適性が問われる舞台なので波乱決着が多いというレースというわけですね。

今日はそんなヴィクトリアマイルのラップ傾向と血統についてをまとめていきたいと思います。

それでは本題に入ります~。

ヴィクトリアマイルのラップ傾向と先週の東京芝の状況について

まずは先週の東京芝の状況からおさらいしていきましょう。

NHKマイルカップの勝時計は1:32.5。前日の1600mの未勝利戦で1:33秒台。週中の天気予報を見た感じ馬場速度は変わらなさそうで、来週も引き続き高速馬場。ヴィクトリアマイルの勝時計は32秒半ば~30秒台後半くらいまでが現実的な範囲となりそうですね。

って書いてたら土日雨予報・・・

33秒台半ばくらいまで視野に入ってくるのかな~出走馬短評でまた触れます。

また、ヴィクトリアマイルの過去ラップは上記の図の通り。

安田記念と比較して、前半が多少緩く、4FとL4地点が若干緩くなることがあり、最速地点がL2地点の回数が6回。(安田記念の場合はL3最速が6回。L4最速が1回。L2最速は2回。)

安田記念がゴリゴリ削り合うナタのマイル戦なら、ヴィクトリアマイルは半ナタ半カタナの要素が問われるマイル戦みたいな感じ。(伝わりにくいかも)

安田記念平均ラップ(不良馬場を除いた過去10年間)

12.17-10.76-11.15-11.4511.54-11.25-11.38-11.94

上記の年の安田記念で馬券になった27頭中16頭が父非SS系であったのに対し、ヴィクトリアマイルで父SS系は過去9年間で27頭中8頭と半減するのは、キレる要素および牝馬的な素軽さも問われるG1という点が影響しているかもしれませんね。

狙うべき血統について

ポイントをまとめると

①ディープ産駒は人気薄が熱い

②フジキセキ産駒のストレイトガールが2連覇。1400性のある種牡馬は狙い目かも

③ダンジグ持ちは高速決着で買い

①に関して、過去9年間のヴィクトリアマイルにおけるディープ産駒の成績は

3-3-4-24  単複回収率149%/98%。単勝50倍以上の馬を除くと3-3-4-17。

今年ヴィクトリアマイルに出走するディープ産駒は

サンドキアラ

ラヴズオンリーユー

ダノンファンタジー

コントラチェック

ディメンシオン

サトノガーネット

トーセンブレス

の7頭。サトノガーネット、トーセンブレスあたりは買いの要素が薄いですし、上記の単勝50倍以上にもかかってきそうな馬ですので消しでいいと思います。

今年ディープ産駒で注目しているのは以下の2頭

・馬A(バナークリックでブログ紹介文に表示。現在120位くらい)

リッチダンサーの一族で、その通りの良馬場専用機。今週末は雨なのでそれはどうかですが、天気予報が外れて馬場が良くなった時は一枚抑えておきたい。

・プリモシーン

→ダンジグ持ちのディープ産駒で高速決着に強く、前走負けからの臨戦はいい。ストラヴィンスキーが入るので揉まれ弱いため、外を通す必要がある。勝ち切るイメージはわかないがリピート3着とかのイメージは湧く。

プリモシーンに触れたので同じくリピート資格のあるノームコアにも触れると、

ノームコアの血統的な不安点はラスティックベル牝系の延長ということ。

ラスティックベル牝系にはクロノジェネシスやビーチサンバ。G2クラス以上になると延長が苦手な血統。今回ノームコアは宮記念から2ハロン延長での臨戦で、その点は気になりますね。

また、最後に本題の穴馬についても触れておきます。

馬B(バナークリックでブログ紹介文に表示。現在60位くらい)

→左替わり+叩き2で高速馬場なら。成長力のある血統なのでもう一段上がないかと思ってます。

以上です

コメント