【京都大賞典2019】血統+好枠で自信の穴はこれ!競馬血統予想

G2(芝)

こんばんはボンカです!

今日は2019年10月6日に京都競馬場芝2400mで開催予定の京都大賞典(GⅡ)の血統分析を行っていきます!

今年出走予定の馬は3代目ステイゴールドになりつつあるエタリオウ、G1でも足りそうな良血馬エアウインザー、天皇賞春2着馬のグローリーウェイズなどが出走予定。ほかにはダンビュライトやシルヴァンジャー、ノーブルマーズと言った魅力のある馬も出てきます。

例年一頭は穴馬が絡むレースですので予想のし甲斐がありますし、今週の中央競馬重賞では一番馬券的には面白そうなレース。頑張って予想していきましょう。

競馬Twitterも開設しましたので興味のある方はフォローしてください!

ブログで掲載してない没予想や競馬関連のツイートをします。

今週の他記事

サウジアラビアRC2019血統考察

毎日王冠2019血統考察

2019年10月5日予想

2019年10月6日予想

2019年度血統推奨馬成績詳細(下記画像リンク先)

http://keiba-bonca-blood.net/wp/wp-content/uploads/2019/10/image2-4.jpeg

・過去好走馬の血統を見る

京都外回りのレースなだけあって少し天皇賞春感がありますね。

まずピックアップしたいのはグレイソヴリン系特にトニービン持ち。

オウケンブルースリが4年連続馬券になったのを筆頭にほぼ毎年4ライン上にトニービン持ちは馬券になっています。

今年トニービンを持っている馬は(4L)

ノーブルマーズ

アルバート

チェスナットコート

ウラヌスチャーム

ダンビュライト

レノヴァール

ウインテンダネス

見事に穴目で楽しそうですね(笑)

また、京都の下りでをうまく下るサーゲイロードを抱えた馬は天皇賞春でも連勝しているようにかなり好相性。ディープやらブラックタイドですね。距離が天皇賞春より短いだけに、尚更相性はいい。

さて、短いですが血統推奨馬と注目している馬を発表しておきます!

血統推奨馬E(バナークリックでブログ紹介文に表示!現在140位くらい)

→高速馬場のイメージが薄い馬ですが、結局はトップスピードの質を要求されなければ良いだけで、目黒記念の通り高速馬場は問題ないタイプ。

今回は前が手薄なだけにこの枠なら前付けすればいいと思いますし、後ろが早めに来て、ロンスパ気味になっても対応できそうなので。

注目馬F(バナークリックでブログ紹介文に表示現在60位くらい)

→鮮度のある時はこの産駒は抑えておいたほうが良いでしょう。人気も手ごろですし、少し抑えておきたいです。

以上です!

閲覧ありがとうございました

コメント