【秋華賞2019】秋華賞の攻略データ完全版!【過去データと傾向】

G1

こんばんはボンカです!

今日取り上げるのは、2019年10月13日(日曜日)に京都競馬場2000mで開催予定の秋華賞(G1)の過去11年間のデータ、傾向を網羅的にまとめましたので、予想の参考にしていただけると幸い極まりないです!

人気、馬体重、騎手、厩舎、脚質、枠順、前走クラス、種牡馬と多くのデータを用意しましたので傾向がつかめるはず。

では早速行ってみましょう!

秋華賞過去の傾向とデータ

人気

過去11年中10年間の勝馬は当日3人気以内から出現しており、10人気以下の馬で馬券になったのは11年間で3頭のみ&連に絡んだのは2008年オークス4着のブラックエンブレムのみ。

ただ中穴ゾーンの4~9人気は0-7-5-66と勝ちはないもののそこそこ連に絡んで来るので警戒しておいたほうが良さそう。

基本的には連は本命サイド―本命/中穴サイドで決まる。波乱傾向はやや低い。

今年の想定1~3人気

ダノンファンタジー

クロノジェネシス

コントラチェック

当日馬体重

→極端に重かったり軽かったりしない限りは馬格がどうあれ馬券になるが、勝率と単適回収率ベースで優秀なのが480キロ~499キロの馬。過去11年中6年で勝馬を出している。

・480キロ~499キロで出走の可能性がある馬(前走参考)

エスポワール(前走478キロ)

パッシングスルー(前走476キロ)

ビーチサンバ(前走474キロ)

フェアリーポルカ(前走490キロ)

メイショウショウブ(前走482キロ)

レッドアネモス(前走474キロ)

騎手※京都2000重賞成績

→秋華賞だけでは母数が少なすぎたので京都2歳sも入れた京都2000重賞でデータを取りました。

抜けて成績が良いのが福永祐一騎手。連にかなり絡んでおり、勝ち切れている点も注目。

他には浜中ルメール武豊騎手もかなり好成績。それ以下に続く川田池添騎手の成績も悪くなく、圧倒的に栗東所属騎手の成績が良いですね。

ただし、条件を3勝クラス以上に広げると栗東所属の北村友一、横山典、Mデムーロ、幸、松山騎手は成績が良くないので注意。

・京都2000mで成績の良い騎手と騎乗馬

福永祐一(ビーチサンバ)

Ⅽ.ルメール(コントラチェック)

川田将雅(ダノンファンタジー)

浜中俊(ブランノワール)

池添謙一(メイショウショウブ)

厩舎

国枝厩舎からはアーモンドアイとアパパネが秋華賞で優勝。友道厩舎は秋華賞に4頭出走させてヴィブロスが優勝。ほかには2頭が連対しています。

中内田厩舎はパールコードなどが人気薄で馬券になっており、複勝回収率が優秀。

調教師を分類すると栗東の調教師の成績が良いですね。(複回値は美浦が優秀。)

有力厩舎の馬

エスポワール(角居・栗東)

レンブーケドール(国枝・美浦)

ダノンファンタジー(中内田・栗東)

ビーチサンバ(友道・栗東)

レッドアモネス(友道・栗東)

脚質

→逃げや後方からといった極端な脚質は厳しい結果になっており、中段から差せる馬が抜けて好成績。過去11年間で10勝を挙げており圧倒的な成績。

・中団想定の馬

※枠が発表され次第更新します。

前走クラス

前走G1組の成績が悪く、ステップレース(ローズs、G3は特に紫苑s組)の成績が良い

また、今年から3勝クラスや2勝クラスでの好走歴が少し評価しにくくなっている点は注意

・前走G1組

クロノジェネシス

コントラチェック

シェーングランツ

・ステップレース組

カレンブーケドール

シゲルピンクダイヤ

シャドウディーヴァ

ダノンファンタジー

パッシングスルー

ビーチサンバ

フェアリーポルカ

メイショウショウブ

ローズテソーロ

枠順

→特に大きな偏りはないように感じられるので馬のタイプと枠の相性で考えるのがベター。特に枠順の有利不利はなさそう。

種牡馬

→血統面ではデータの母数は少ない中で、ディープインパクト産駒は4勝しており連対で数えれば7頭になる。

また、ハービンジャー産駒は馬場が重かった2017年に1.3着と固めて馬券になっているので、台風で荒れ馬場も視野に入る今年は注意しておいたほうが良さそう。

また、ハーツクライ産駒は京都G1では勝ち切れないが、馬券には良く絡むことが多いのでここでも注意しておいてよいかもしれない。

血統については別記事で考察していうのでよかったら参照してください。

秋華賞2019血統考察

ディープインパクト産駒

カレンブーケドール

コントラチェック

サトノダムゼル

シェーングランツ

ノンファンタジー

・ハービンジャー産駒

コパカティ

ハーツクライ産駒

シャドウディーヴァ

ローズテソーロ

まとめ

さて、以上でデータの発表は終わりですが、データから買うべきと判断した馬を発表しておきます。

データ推奨馬C(バナークリックでブログ紹介文に表示。現在140位くらい)

また、データとは関係なしに注目している穴馬を2頭発表しておきます。

穴馬D(バナークリックでブログ紹介文に表示。現在75位くらい)

以上です!

閲覧ありがとうございました!

コメント