【秋華賞2019予想】追切評価とラップ適性、血統など各馬徹底考察2【調教診断&血統ラップ理論】

G1

こんにちはボンカです!今日は京都がまさかの強行開催。

こんなエグいサイズの台風で開催するわけない、安全面考慮すると普通に無理アリエナイ。

と、予想をせずに高をくくっていたらまさかの開催。

沼なんかって思うような世紀末みたいな馬場で普通に競馬やってるし、先週と同じ世界線とは思えませんでしたw

まあ明日も競馬あるんで短評に入っていきます。

血統、ラップ評価、追い切り評価、枠順評価を中心に記していきます。

秋華賞2019関連記事

【秋華賞2019(G1)血統予想】秋華賞で圧倒的に走る血統はこれだ!台風で上昇!【血統傾向&ラップデータ分析】

【秋華賞2019】秋華賞の攻略データ完全版!【過去データと傾向】

【秋華賞2019予想】追切評価とラップ適性、血統など各馬徹底考察1【調教診断&血統ラップ理論

秋華賞2019各馬短評

カレンブーケドール

血統

父ディープインパクトで母がソラリア。ソラリアはチリのエルダービー(2400m芝)を2:23.3秒で勝利した馬で、スキャットダディ産駒。ソラリアの母父父はゴーンウエスト。比較的スピードに寄った母系だが、ハワイのクロスが入るのでスタミナも補強されているため、距離の融通が効く。同じディープ産駒のダノンファンタジーよりも2000は合っている印象。

スキャットダディやゴーンウエストが入るのでイーブンラップでハッキリと適性を見せたのも納得いくし、晴れ馬場であれば秋華賞適性の高い血統道悪は人気馬の中で相対的に悪くないほうとも思えるが、基本的には高速馬場でイーブンラップまで上がって良くなるタイプの血統で過信はできない。

ラップ適性

高速馬場なら間違いなく本命にしていたというほど、オークスでは強かったと共に秋華賞適性を見せたと思ってます。

オークスではラヴズオンリーユーに敗れはしたものの、大外をかなり回ったロスがあったにも関わらず今回上位人気に推されるであろう、パーフェクトに立ち回ったクロノジェネシスやダノンファンタジーを全く相手にしない内容の2着。

オークス2019  12.5 – 10.9 – 11.7 – 11.9 – 12.1 – 12.2 – 12.3 – 12.2 – 11.7 – 11.4 – 11.6 – 12.3 ( 71.3-71.5 ) 2着

今年のオークスは全体で流れてイーブンラップ。後半は4F戦になって高速馬場適性とともに前半要素も後半要素もバランスよく要求されたレース。カレンがかなり外から早め先頭でねじ伏せに行ったのがL4からL3地点の部分で、それで首差に粘るのですから長く脚が使えないと難しいですし先ほども言った通りこれはかなり強い内容で、それ以前のスローで後半特化のレースで微妙なパフォーマンスに終始していた馬とは別馬ようでした。

微妙なパフォーマンスだったのはクイーンCや買っていますがスイートピーs。

取り上げるのはクイーンカップにします。

2019クイーンC  12.7 – 11.5 – 11.9 – 12.3 – 12.0 – 11.5 – 11.0 – 11.3 (48.4-45.8) 5着 

先ほど言ったようなドスロー後半特化のレースで、カレンブーケドールは4番手からじりじりと足を延ばすも決定的なものではなく、2着のビーチサンバが32秒台に入る脚を使っている中、カレンは上り3F33.6でフィニッシュ。クラシックで勝負になる馬とは思えない内容でした。

要はカレンのストロングポイントは前半基本的な走力が求められた中でも後半に長く脚を使える点

なのでそれと逆の展開になった前走はカレンにとって苦手な展開+目標は先だったので目をつぶったほうがいいという結論。

なので本質的に秋華賞にマッチしたタイプの馬で特異なレースかつガチンコで地力が問われるレースである秋華賞ならG1制覇のチャンスと思っていたのですが、この馬場だと少し悩みますね。タイプ的にも血統的にも多少の馬場悪化なら問題ないタイプだと思うのですが…

追い切り評価

マイナスの意味で気になる点はもう一点あってそれが調教過程についてのこと。

国枝厩舎はウッド>坂路といったレース結果になっており、カレンブーケドールは今回坂路追い。

坂路調教時は基本的になにか問題があるときが多いのでそこは心配だなと感じています。

動き自体は1週前に比べて最終追いでは格段によくなっているので杞憂かもしれませんが

枠順評価

内過ぎず外過ぎず良い枠。

外から同じ列に入ってくる馬が少なく、似たような位置から競馬をしたい有力馬が内に入った+今の京都は既に内を避ける馬場状況なので津村ジョッキーの手綱次第ですが有力馬の中では最も競馬の選択肢が多いのではないでしょうか。

クロノジェネシス

血統

父が凱旋門賞勝馬のバゴで母は今年のヴィクトリアマイル勝ちのノームコアが産駒にいるクロノロジスト。クロノロジストをたどるとラスティックベルに行きつき、レースでも仲の良いビーチサンバも同じ牝系。

バゴ産駒ということで道悪オッケーと巷では言われていますが個人的にはこれとは反対の立場をとっています。

理由はラスティックベル牝系にありまして、この牝系はフサイチリシャールやフサイチエアデール、先ほど名前を挙げたノームコアなどが出る名門ですが、フサイチリシャールは朝日杯FSを勝ちノームコアは父ハービンジャーにも関わらずヴィクトリアマイルを1分30秒台でレコード勝ちフサイチエアデールはエリザベス女王杯で2着実績がありますが、中山マイルを33秒ジャストで勝つような馬でもありました血統考察記事のラストでも述べたようにラスティックベル牝系はスピードが勝っており、ベスト距離はマイルから1800。また、主張が強い部分もあります。

京都2000m自体は少し適性が短い馬でもなんとかなることがあると思いますし、クロノジェネシス自体は高速2000mなら確実にこなすと思っています。

しかし、父ハービンのノームコアが短縮ローテでマイルG1を1分30秒5を勝利してしまうくらいに、父バゴのクロノジェネシスがオークスの高速馬場で3着に来れるくらいに、主張が強く子孫にスピードをはっきりと伝える牝系を持つこの馬が、多少の馬場悪化ならともかく、低速泥んこ馬場の2000mでも今までと変わらず強い競馬ができるかどうかは普通に不安視すべきだと思いますね。

クロノジェネシスのベストは大箱1800高速馬場。というのが、血統とこれまで見せた適性から考えた現時点での見解です。

ラップ評価

血統面ではあんまりいいこと書いてないですが、この馬は日本のバゴの最高傑作だと思います。それとともに、秋華賞は適性的に難しいだろうなとも思います。

一言で言うとダノンファンタジーやカレンブーレドールとラップ適性が逆の馬がクロノジェネシス。

2019桜花賞  12.2 – 11.1 – 12.1 – 12.3 – 11.7 – 10.8 – 11.0 – 11.5 (47.7-45) 3着

桜花賞はスローで後半特化になって敗れているが、これは捌けずに完全に脚を余してましたし、その中でダノンファンタジーには先着。クロノジェネシスが勝ち切ったレースはすべてスローの後半特化戦というのが今までの戦歴。

逆にオークスでは内から完璧に乗ってカレンブーケドールに完敗の内容。

カレンブーケドールのラップ評価で書いた通り、オークスでは前後半で分散して後半はあまりトップスピードが要求されなかったレース。完璧に立ち回ったうえでの完敗ですし、ラップが合わなかったと考えればいいと思います。

つまりクロノジェネシスの得意な展開はスローからの後半特化で、前半部分が要求されたり、トップスピードが生かせない展開になると苦しく、秋華賞では後者の展開になる可能性が高いので今回は特別買いたいとは思わないという評価

追い切り評価

あまりよく見えませんでした。現代競馬は昔ほど休み明けが弱い時代ではないですがそれでもこの仕上がりには疑問があります。馬体に関しても春先のほうが良かったと思いますし。

枠順評価

枠自体は悪くない枠だと思いますし、鞍上のタイプ的にはいい枠ですね。

前内で立ち回って足りるかどうか。

シングフォーユー

足りないと思いますし消すので書きません

ローズテソーロ

大口が入って話題の馬ですねw

左回り巧者だと思いますし、大箱と長い直線が向いていると思います。買い材料があまりないと思ってます。消します。

ブランノワール

血統

父ロードカナロアなのでイメージがわきにくいかもしれませんが、ブランノワールはサドラーズウェルズとヌレイエフの3/4同血クロスやミルリーフが入り、母母のリッチアフェアーがホワイトウォーターアフェアと姉妹にあたり、ホワイトウォーターアフェアは産駒にスウィフトカレントやヴィクトワールピサがいるので道悪はいいでしょう。

父カナロアですが母系の欧州色が強いので流れて良さそうとかは特に思わないですし、

距離に関しては、母プチノワールの産駒(ローブティサージュ、ステイオンザトップ、ブレイニーラン)がマイル以下で活躍しており、ブランノワールは父ロードカナロアなのでほぼほぼ本質はマイラーでしょう。2000ははっきりと長いと思います。

ラップ適性

これまでのレースでの戦歴はすべてスローバランスでのもの。秋華賞は前半から流れるレースですし、今年も例外ではないと思いますし、まだ秋華賞で必要な適性を見せていないこの馬を狙うのは少し難しいかもしれません。道悪は良くても距離は明確に長いと思いますので。消します。

レッドアネモス

流石に足りないと思うので消します。

パート2はこれで終わり。

パート3を投稿した後に秋華賞予想記事を書きますので更新は夜中になると思います。

コメント