【秋華賞2019予想】追切評価とラップ適性、血統など各馬徹底考察1【調教診断&血統ラップ理論】

G1

この記事は2019年10月13日に開催予定の秋華賞2019の各馬短評記事です。

こんばんはボンカです!昨日はいつも書かない個人的に軽視している過去10年データを記事にしたんでおもっくそ疲れましたw

今日は秋華賞出走馬の各馬短評を書いていきます。枠順も発表されましたしね!

秋華賞2019 枠順 (京都芝2000m 18頭)

1枠1番 ダノンファンタジー

1枠2番 メイショウショウブ

2枠3番 ブランノワール

2枠4番 トゥーフラッシー

3枠5番 クロノジェネシス

3枠6番 ローズテソーロ

4枠7番 ビーチサンバ

4枠8番 カレンブーケドール

5枠9番 シャドウディーヴァ

5枠10番 シェーングランツ

6枠11番 フェアリーポルカ

6枠12番 レッドアネモス

7枠13番 サトノダムゼル

7枠14番 シゲルピンクダイヤ

7枠15番 コントラチェック

8枠16番 パッシングスルー

8枠17番 エスポワール

8枠18番 シングフォーユー

今回触れる内容としては、各馬血統面での評価、ラップ面での適性評価、調教評価、枠順評価を中心にやっていきます。

全部で3回に分けるかな。

まあ早速行ってみましょー!あと明日の京都開催あるかわかんないからTwitterに予想上げます。タブレットで見れる方はページ下部にリンクあるんでフォローよろしくおねがいします

秋華賞2019関連記事

【秋華賞2019(G1)血統予想】秋華賞で圧倒的に走る血統はこれだ!台風で上昇!【血統傾向&ラップデータ分析】

【秋華賞2019】秋華賞の攻略データ完全版!【過去データと傾向】

秋華賞2019各馬短評

ダノンファンタジー

血統 

父がディープインパクトで母がアルゼンチンG1勝のライフフォーセール。

ダノンファンタジーが好位差しの脚質に出たのはリファール4×5の影響と、母系がアルゼンチン血統という面が作用していそう。

また、サーゲイロードの5×6・7を持っているので京都の下りは合いそう。配合全体を見ると、将来的には1400~1800くらいの馬に思えるがまだ若いので2000もこなせる。

馬場は軽いほうが良いでしょう。基礎スピードのある血統なのでそれを活かしたいし、渋りすぎるとスタミナの面では少し不安。

ラップ適性

桜花賞が最大のヒントになりそう。

桜花賞  12.2 – 11.1 – 12.1 – 12.3 – 11.7 – 10.8 – 11.0 – 11.5 (47.7-45) 4着

今年の桜花賞は前半が緩く後半特化になったレースで、L3地点で10秒台を刻んだにもかかわらずラスト1Fは11.5秒と失速率が低かった。ダノンファンタジーは無敗で桜花賞に臨んだが、ここは4着と敗戦。

阪神JF  12.2 – 10.7 – 11.9 – 12.2 – 12.1 – 11.0 – 11.8 – 12.2 (47-47.1) 1着

逆に強かったのがG1勝ちの阪神JF。このレースは桜花賞と異なり、前半からある程度流れたレースで、47-47.1のイーブンペース。なので上り自体もさほど要求されていないし、トップスピードの質も桜花賞よりは要求されなかった。

また、新馬戦の内容もヒントになりそう。

2歳新馬  12.6 – 11.6 – 11.8 – 11.9 – 12.1 – 11.3 – 11.1 – 11.2 (47.9-45.7) 2着

このレースを勝利したのはグランアレグリア。ダノンファンタジーは2馬身差の2着と完敗の流れだったがこのレースもスローの後半特化になっている。

何を言いたいのかというと、ダノンファンタジーはスロー特化で上り3Fタイムが要求されたり、トップスピード戦になると上位層では劣り、逆に前半後半の偏差が小さくなるような競馬に適性があるということです。

なので秋華賞自体前半から流れやすいですし、極端なトップスピード戦になりにくいレースということで適性面自体は合ってると言っていいでしょう

前走のローズsにも触れておきますが、あのレースはダノンファンタジーがダメなパターンのレースでした。その中でもビーチサンバ、ウィクトーリアを差し切ったのですから成長しているのかもしれません。ただ、懸念はあるんですよね。

追い切り評価

1週前 79.1-62.2-48.0-35.5-12.0 馬なり 栗東芝

最終追 51.5-36.7-12.0 馬なり 栗東CW

中内田厩舎なので芝追いをしている点は気にしなくて良さそう。ただ、前哨戦からある程度仕上げてくる厩舎ではあるので川田騎手のコメントにもある通り、大きな上積みはなさそう前走維持程度でしょう

枠順評価

1枠1番で、テンから出していける馬なので悪くないですが、懸念としては馬場が悪くなった時に内の状態がどうなるかという点と、外から被せられる中でポジションが獲り切れるのか、直線は外に出すスペースが与えられないので捌けるのかといった点は不安。

エスポワール

血統

オルフェーヴル産駒で母スカーレットはバレークイーン牝系。産駒にはアドミラブルやイサベルなど。エスポワールに近い配合ではエングレーバーがいる。

バレークイーン牝系は東京などよりは中山で良いし、オルフェ×スカーレットなので恐らくロンスパが得意なはず。ステゴ系のオルフェーヴルで道悪は不得手ではないだろうし、前走を見る限り得意と考えて良さそう

また、前半部分が要求されるレースでハッキリと適性は見せていないが、母系にロベルト系シンボリクリスエスが入るので京都2000mで流れても悪くなさそうではある

中山で見たい感はあるが全体的に京都2000mは悪くない血統だと思います。

ラップ適性

人気するだろうな、仕方ないなって感じですね。視覚的にもラップ的にも前走前々走は素晴らしいですし。

シンガポールTC(2勝)  12.8 – 11.2 – 12.6 – 12.9 – 11.5 – 11.6 – 11.9 – 12.2 – 11.9 – 12.2 (61-59.8) 1着

午前中は不良馬場発表になるレベルのタフ馬場で、52キロの軽い斤量だったとはいえ、道中明確に息が入ったわけでもないのに後半1000mを11秒後半~12秒前半のラップを刻み続け圧勝

ペースは違えど前日の稍重だった3勝クラスのマレーシアCが

12.7 – 11.7 – 13.1 – 12.9 – 12.3 – 12.1 – 12.0 – 11.2 – 11.1 – 11.7 (62.7-58.1)

で勝時計が2:00.8でシンガポールTCと同タイムだったのでエスポワールの前走は2勝クラス勝ちでも価値のあるものだということがわかります。

重馬場で全くバテずに競馬できているので、相手が弱かったとはいえ軽視できるパフォーマンスではないでしょうし、馬場がハッキリとかかるようであれば一気に上位候補に浮上する。

また、前々走は

1勝クラス  13.0 – 12.1 – 12.9 – 12.7 – 12.8 – 12.3 – 11.4 – 10.8 – 11.6 (50.7-12.8-46.1) 1着

これまた少し時計のかかる馬場で今度はドスローの流れを目測ですが11秒前半-10.8-11秒台前半くらいの脚で差し切っているので良い内容。時計のかかった馬場ではペース不問と言ったところでしょうか。

それ以前の戦績は馬ができる前のモノなのであまり参考にはならなさそう。

高速馬場で流れる前提なら明らかな過剰人気でしょうけど、しっかり台風の影響が出た馬場なら買わなければならない馬だと思います。

追い切り評価

前走の追切が

1週前 83.1-66.6-51.7-37.9-11.4 一杯 CW稍

最終追 55.9-39.5-24.8-12.4 馬なり 栗東坂良

今回は

1週前 70.5-53.8-39.5-12.4 馬なり CW良

最終追 53.6-39.1-25.5-12.9 G強 栗東坂良

前走時のほうが動きも含めてよく見えたのは確か。ステゴ系なので消耗してしまう気はあるかもしれませんね。タフ馬場で好タイムの疲れは多少あるのかも。

枠順評価

ちょっと距離感が遠い面はありますが、タイプ的には悪くない枠だと思います。

シュタルケなのでポジショニングの意識があるかはわかりませんが、内でポジション悪く動き出しが遅れるパターンが一番嫌ですし、ロングスプリント能力はかなり高いと思いますので外々でも問題なさそう。内が適度に荒れればチャンスアップですね。

シャドウディーヴァ

血統

父ハーツクライは晩成の産駒が多く成長力に富むが、母系にダンジグが入り、母がノーザンダンサーのクロスを持っている子はクラシックに間に合うことが多い。(ヌーヴォレコルト→オークス勝、桜花賞3着、秋華賞2着。ワンアンドオンリー→ダービー勝。グレイル→京都2歳勝、皐月賞6着など)。シャドウディーヴァも母父がダンジリ、母がノーザンダンサー12.5%。

馬群を割ったり内目を立ち回れるタイプになったのは母ダイヤモンドディーヴァが持つバックパサー5×5の影響か。

ハーツクライ産駒の中でも大味な外回りタイプではなく、内回りで勝負になるタイプ

また、近親にハウメアがおり、母ダイヤモンドディーヴァはマイル重賞勝ち馬ですが、父がハーツクライに代わっていますし母父はダンジリなので1800m~2000mベストでしょう。馬場は多少なら悪くても問題なさそう。極端だとよくなさそう。

ラップ適性

個人的には着を取ったフローラ賞なんかよりオークスの内容が良かったと思っています

2019フローラ賞  12.9 – 11.4 – 11.6 – 12.2 – 12.5 – 12.4 – 12.3 – 11.7 – 11.0 – 11.5 (60.6-58.9) 2着

超高速馬場でスローから3F戦。ラップ的には特に強調する材料もなく、内目から突くことのできたシャドウディーヴァは4着の詰まったパッシングスルーや5着の外々を回って早めに動いたフェアリーポルカに比べてハマっていたので特別力を見せたわけではなかった

ただ前々走のオークスでは

2019オークス  12.5 – 10.9 – 11.7 – 11.9 – 12.1 – 12.2 – 12.3 – 12.2 – 11.7 – 11.4 – 11.6 – 12.3 (71.3-71.5) 6着

ハーツ産駒は延長を苦にしないことが多いですし、インを立ち回れたのは大きかったですが、ほぼ最後まで勝負に絡めてました。

明らかにフローラsよりパフォーマンスを上げた印象で、オークスは平均まで流れたことが+に作用したが、母系がマイラーで2400は少し長かったのでラスト失速したのでは?と考えています。

なので流れやすい構造の秋華賞は適性にマッチする可能性があると思いますし、短縮も良さそう。

前走は苦手な最高速度を要求された展開とは言え、負けすぎ感はありますが当日も全くの人気薄でしょうし、少し抑えても良さそうに思います。

追切の評価

動き自体はいいと思いますが、少し気になった点が一点。

右手前を変えずに走っていたという点は気になりますね。

スプリンターズsでミスターメロディが手前を変えずに走っているのを見たばかりなのでw

気になった点はそれだけです。前走から栗東滞在はいい材料。

枠順評価

内目を立ち回ったり馬群をさばくことを苦にしない馬なので、詰まるリスク込みでももう少し内が欲しかったですね。

ただ致命的に悪い枠という印象はないです。

シゲルピンクダイヤ

血統

父ダイワメジャー、母父がハイチャパラル、母母父はシンダーなのでミルリーフのクロスが入り、ダイワメジャーらしくない後半型のキレがある馬ですね。

母系自体はスタミナがあるのですが、父がダイワメジャーということで一周コースは△。

距離は長いですが、母系にサドラーズウェルズや欧州系の凱旋門賞血統がちりばめられているので馬場は重くなっても問題ない。また、父ダイワメジャーですが全体でみるとタメたほうがいい血統。つまり後傾型だと思います。

ラップ適性

めっちゃ強いと思うんですけど、秋華賞は合わないのでは?というのが現状での印象。

2歳未勝利  12.6 – 11.1 – 11.7 – 12.2 – 12.0 – 11.9 – 11.8 – 11.4 (47.6-47.1) 1着

平均まで流れたレースを加速ラップでの圧勝劇でかなり余力があったことを示しており、桜花賞で通用したのもうなずけますね。

ぐっとパフォーマンスを上げたのは桜花賞。

2019桜花賞  12.2 – 11.1 – 12.1 – 12.3 – 11.7 – 10.8 – 11.0 – 11.5(47.7-45) 2着

グランアレグリアには屈したものの後半特化のトップスピードの量と質が求められる流れで鋭く伸びて2着確保。上り3Fは32.7秒でメンバー中最速でしたので間違いなく強いうまではある。

ただオークス、ローズステークス共に明らかに距離が長いといった敗戦の仕方で、京都内2000mはマイラーでもなんとかなるコースですが、外枠引きでロスが増えるとなるとこの2戦からも買いたいという評価はしづらい。

追い切り評価

動き自体は前走より良く見えますし、叩いて良くなっている印象。前走より調子は上げていそうです。

枠順評価

距離ロスを少しでも減らしたいので内が欲しかったですが外枠引きいい枠ではないですね。テン自体はある程度出していけますが並び的にいいとこ中目中団くらいに落ち着きそうで、そうなると距離不適が響きそうですね。

トゥーフラッシー

評価

買い要素が薄い馬ですし、内と言えどさすがに足りないと思いますので消します。

メイショウショウブ

血統

父ダイワメジャーなので一周コース△。ただヘイロー3×5が入り機動力が高いし、母父父キングマンボなので荒れた内回り自体は相性が良さそう

ただやはりラーイやダイワメジャーの影響で2000は長い

ラップ適性

2018デイリー杯2歳  12.6 – 11.8 – 12.4 – 12.7 – 12.0 – 11.6 – 10.8 – 11.5 (48.2-45.9) 2着

2019年NZT  12.4 – 11.5 – 12.0 – 12.3 – 12.1 – 11.4 – 11.2 – 11.3(48.2-46) 2着

2019年チューリップ賞  12.7 – 11.1 – 11.7 – 12.3 – 12.1 – 11.3 – 11.0 – 11.9 (47.8-46.5) 9着

2019ローズs  12.8 – 11.2 – 11.4 – 11.7 – 12.2 – 11.7 – 11.0 – 10.5 – 11.9 (47.1-45.1) 5着

2019オークス  12.5 – 10.9 – 11.7 – 11.9 – 12.1 – 12.2 – 12.3 – 12.2 – 11.7 – 11.4 – 11.6 – 12.3 (71.3-71.5) 17着

ハッキリとドスロー以外で結果が出てないのがメイショウショウブの現在の立ち位置・適性であって今回も厳しい競馬になるのは目に見えてそう。可愛いんですけどねこのお馬…

追い切り評価

追い切りはいつも動く馬ですし、今回も動いています。いつも通りのパフォーマンスは期待できそう。

枠順評価

タイプ的にはかなりマッチした枠だと思います。ただ地力、適性的には厳しいという評価なので…

以上です!

明日の昼頃くらいにパート2投下予定なので興味があればぜひ見てくださいね。

現時点での本命馬を発表しておきます。

馬E(バナークリックでブログ紹介文に表示。現在140位くらい)

また、激穴馬で注目している馬も発表しておきます。

馬F(バナークリックでブログ紹介文に表示。現在65位くらい)

閲覧ありがとうございました!

コメント