【菊花賞2019血統考察】ジャスタウェイ産駒は勝ち切れない?本当の狙うべき血統はこれ!【中央競馬予想】

G1

こんばんはボンカです!

菊花賞2019の枠順が発表されましたね!今日がもう木曜日なのが信じられないですねw

先週から変則開催なので関係者の方々は本当に大変でしょうね。。。

まあ決まった枠順と雑感を書いていきます。

1枠1番 ザダル

1枠2番 ニシノデイジー

2枠3番 カリボール

2枠4番 ユニコーンライオン

3枠5番 ワールドプレミア

3枠6番 ディバインフォース

4枠7番 ヒシゲッコウ

4枠8番 メロディーレーン

5枠9番 ヴァンケドミンゴ

5枠10番 カウディーリョ

6枠11番 シフルマン

6枠12番 レッドジェニアル

7枠13番 ヴェロックス

7枠14番 サトノルークス

7枠15番 ホウオウサーベル

8枠16番 ナイママ

8枠17番 タガノディアマンテ

8枠18番 メイショウテンゲン

 

ぱっと見枠順が良いと感じた馬は

◎ニシノデイジー 

◎ユニコーンライオン 

〇ワールドプレミア 

〇レッドジェニアル

微妙なのが

△ホウオウサーベル 

という印象。

明日に全頭考察を乗っけますんでそこで詳しく考察していきますが、この枠順なら今回の菊花賞は波乱があってもいいと思ってます。

まあ長くなりそうなんで血統の話をしていきたいと思います。

菊花賞血統考察

さて、菊花賞の血統論については高速馬場で云々かんぬん、ステイヤーが云々かんぬん言われてるのでどれを優先すればいいのか結構難しいところがあると思います。

更に今年は天候がどうなるかわかんないですが、何とか結論付けて的中を近づけますね。

2019年度血統推奨馬成績詳細

リンク先に画像

菊花賞とはどんなレース?

菊花賞を血統と言う切り口で考えるのであれば、やっぱり菊花賞がどのようなレースなのかということを知る必要があります。この章では菊花賞の様々な要素について考えていきます。

菊花賞のコース(京都外3000mの特徴)

京都芝3000m(外)

スタート地点は向正面3コーナー手前の上り坂。3コーナーまではわずか200m(Aコース時)と短い。3コーナーにかけては上りで、4コーナーへかけては下り坂。4コーナーを回った最初のホームストレッチではいかに折り合いをつけられるかがポイント。特に菊花賞ではスタンドの大歓声もあり、ここで取り乱すことなく冷静に走りたい。そして1コーナー、2コーナーと回り、バックストレッチへ。そして2回目の3コーナーへ向かうところで、高低差3.9mの坂を再び上り、4コーナーにかけて下る。最後の直線は平坦で、Aコース時が404m、B、C、Dコース時が399m。(JRA-VANより抜粋 当該ページ)

コースの特徴を箇条書きすると

・スタートしてすぐ上り坂に入る。

・3角から4角まで下り。

・直線平坦で400mほど。

余談ですが、菊花賞でハーツクライ産駒の成績が悪い理由として、成長が間に合わないことに加え、下り加速がそもそも苦手という事情があります。

菊花賞の過去ラップ

菊花賞は基本的にトップスピードはあまり要求されず、中盤少し中だるみしてから、後半分散しやすいといったレース

昨年は例外中の例外で、あそこまで仕掛けが遅れるといったことは基本的に起こりえない。

今年はハナの譲り合いになりそうなメンツですし、まあほぼほぼスロー濃厚。また、早めに動きたい馬もいるのでいつも通りの菊花賞になるのでは?(昨年みたいな仕掛け遅れも考えましたがさすがにないでしょう…)

2017年のような道悪レベルまで悪化することはなさそうですが、エピファネイアの勝った年くらいの馬場は雨量次第ではあり得るかなーとは考えてますが、こればっかりは雨が降ってからでないとわかんないですね。

菊花賞で買うべき血統嫌うべき血統は?

ここからが本題。

前述のようなレースの菊花賞において狙うべき血統と嫌うべき血統を考えていきます。

菊花賞コースの種牡馬別成績

過去10年間(2009年から2018年)の京都3000mの種牡馬成績をまとめました。ジャスタウェイとかトーセンラーとかはまた後で考えます。

京都3000mの特徴を挙げるなら

ステイゴールド産駒とハーツクライ産駒の成績が悪い。

・ダンスインザダークやスペシャルウィークといったニジンスキーを強く持つサンデー系の相性が良い。

キングカメハメハ産駒は勝ち切れないが馬券にはなっているし回収率もそこそこ。

母数は少ないがハービンジャー産駒は成績が悪く馬券内ナシ。

・ディープインパクト産駒はそれなりに走る。

当たりはずれの大きいステイゴールド産駒はともかく(京都3000mで馬券になったステゴ産駒の内3頭はG1馬の器。)サンデー系随一の長距離ランナーのハーツクライも菊花賞コースでの成績が悪いというのは意外に感じた方もいるのではないでしょうか。

あと特徴的なのがニジンスキーを強く持ったサンデーがとても相性が良いことですね。これも後に自分なりの解釈を話します。

キンカメ産駒は去年のユーキャンスマイルみたいに距離をこなしてくる馬が多いですね。母系で走る種牡馬ともいえるのでこれは母系次第。

次の項では今回人気するハーツクライの仔でヴェロックスの父であるジャスタウェイについて個人的な見解を述べておきます。

ハーツクライから考えるジャスタウェイ

前項でハーツクライの成績が悪いということで、その仔であるジャスタウェイの種牡馬としての成績や適性が気になるので考えてみましょう。

ジャスタウェイ産駒は新潟と中京、洋芝コースで成績がいい。

肝心の京都はというと、単適回値では割と良い成績なのですが、複勝率に関しては東京、福島に続いて3番目に成績が悪い状態

阪神の成績が悪いのは父のハーツクライに似ていますね。

距離に関して融通が利くのもハーツクライと同じ。2000以上は安定感があります。

いうのはジャスタウェイ自体配合理論的にはハーツクライの踏襲みたいなもんだから。

一応ジャスタウェイの母シビルの仔はジャスタウェイ以外みんな短いところで走ってましたので、多少の違いはあるかもしれませんが、基本的な構造はハーツクライの踏襲

ハーツクライが菊花賞コース特に菊花賞で相性が悪いのは、晩成傾向で成長が追い付かない+京都の下り加速が苦手な馬が多い+はっきりとしたロンスパはイメージよりダメなパターンが多いという理由付けが個人的にはしっくりきており、ジャスタウェイ産駒がハーツ産駒と似ても納得いくことからも、菊花賞に向いているかというとそうでもないと思っています

トーセンラーは抑えとけ

トーセンラーは現役時代京都外は鬼の強さ。

ザダルは菊花賞向きとは思わないのですが、産駒データが集まりさえすれば京都外は好相性のはず。

ニジンスキーを買うべき理由

菊花賞コースで相性の良いスペシャルウィークやダンスインザダークに共通しているのはサンデーとニジンスキー。

ニジンスキーは福島1800のような早めに動くレースに相性が良く、福島牝馬sではニジンスキーを持っている穴馬が良く突っ込んできます。

京都3000mでも先ほど書いた通り、ロンスパ気味の競馬になることが多いので、持続力に富むニジンスキーの血が好相性なのもしっくりきますね。

菊花賞の過去10年間の好走馬の血統表を見る

過去10年間の菊花賞好走馬の血統表でひときわ目立つのが先ほど挙げたニジンスキーと、2009年にワンツースリーのロベルト系。

また、2014年から2016年の高速馬場での開催にかけては母系にスピードのある血を持った馬が台頭した通り、高速馬場下での開催であれば、京都3000mはスピードも必要なのでそのような血を持っているほうが良いですね。結局中だるみするので直線スピードは必要ですし。

◎ニジンスキー系を内包

〇ロベルト系内包馬

△高速馬場下であれば高速巡行能力の高い血を持っているとよい

まとめ

長くなりましたが、まとめて、血統推奨馬を発表して終わりね

コースとラップ

・スタートしてすぐ坂。

・直線は平坦で400mほど

・3角から4角まで下り

・ロンスパになりやすい

・中だるみが顕著なことが多い

血統

・ハーツクライとステイゴールド産駒の成績がいまいち。

→ステゴはG1級の馬ばかりが馬券になった。

→ハーツの能力を受け継ぐ意図のある配合のジャスタウェイが菊花賞不向きでも納得はいく

・キングカメハメハ産駒は母系次第。成績は悪くないが勝ち切れない。

・ディープ産駒はそれなりに走る。

・ダンスインザダークやスペシャルウィーク産駒の相性が良い。

→共通点はニジンスキーとサンデー。

ニジンスキーは福島1800のような早めスパート競馬で穴を開ける。

・ニジンスキー、ロベルト系の相性が良い

・スピードのある血も高速馬場下では必要。

さて、以上の内容より、今年はこの馬を血統推奨馬に選びました!

血統推奨馬C(バナークリックでブログ紹介文に表示。現在130位くらい)

また、雨の影響が極端に出た時狙ってみたい馬を2頭発表しておきます!

馬D(バナークリックでブログ紹介文に表示。現在70位くらい)

閲覧ありがとうございました!

コメント