アイビスサマーダッシュ2018 血統考察~構造から考える~

こんばんはボンカです。

連投になりますがアイビスサマーダッシュの血統考察をしていきたいと思います!

まずは血統表をご覧ください!今回は今までで一番短い血統記事になります(笑)


過去の血統推奨馬一覧 

桜花賞(トーセンブレス7人気4着)→アーリントンカップ(エアアルマス5人気10着)→皐月賞(ジャンダルム4人気9着)→福島牝馬s(デンコウアンジュ4人気3着)→マイラーズカップ(サングレーザー4人気1着)→フローラs(パイオニアバイオ13人気2着)→青葉賞(スーパーフェザー1人気3着)→天皇賞春(チェスナットコート7人気5着)→ユーキャンスマイル(13人気6着)→NHKマイルカップ(パクスアメリカーナ4人気6着)→ヴィクトリアマイル(レッドアヴァンセ7人気3着、レーヌミノル9人気10着)→平安ステークス(クイーンマンボ3人気2着)→オークス(オールフォアラヴ5人気9着)→ダービー(ジェネラーレウーノ8人気16着)→目黒記念(ノーブルマーズ10人気2着)→鳴尾記念(ストレンジクウォーク10人気11着)→安田記念(アエロリット5人気2着、リアルスティール4人気15着)→マーメイドs(ルネイション8人気9着)→エプソムⅭ→(ベルキャニオン9人気6着、マイネルフロスト13人気9着)→函館ss(ワンスインナムーン2人気8着)→ユニコーンs(ルヴァンスレーヴ1人気1着)→宝塚記念(ダンビュライト5人気5着)→CBC賞(アレスバローズ4人気1着)→ラジオNKKEI賞(イエッツト3人気11着)→七夕賞(メドウラーク11人気1着、サーブルオール1人気4着)→プロキオンs(ドライヴナイト9人気13着)→函館記念(ヤマカツライデン回避)→函館2歳s(カルリーノ3人気3着)→中京記念(ロジクライ5人気2着)

推奨馬平均人気 6.4人気

着度数 4-5-4-19

勝率  12.5%

連対率 28.1%

複勝率 40.6%

単勝回収率 371.8%

複勝回収率 178.1%


今回お話しすることは2つです!

①アイビスサマーダッシュの傾向

②米国血統と直線競馬で走るテスコボーイ系

 

①アイビスサマーダッシュの傾向

・基本的に米国競馬に近い。よって血統的に優位になるのは米国型。

・3F目が坂のために若干緩み最速地点はL2地点になる→前有利

 

②米国血統と直線競馬で走るテスコボーイ系

アイビスサマーダッシュは前半から飛ばしていき基本的に全馬バテつつもゴールするというような競馬に基本的にはなっており、これがアメリカンダートでのレース質に近いことから米国血統有利の構造になるわけです。日本の主要の種牡馬たちが持つ適正とは真逆と言ってよいような適性がこのレースでは求められるんですね。

実際に過去10年を見てもヨハネスブルグ、クロフネ、アフリート、アルデバランⅡなど米国型の父を持つ馬が多く馬券になっていることですし、まずは今年父が米国型の馬をまとめておきたいと思います。

父米国型の馬

アクティブミノル(スタチューオブリバティ)

ダノンアイリス(Arch)

ベストマッチョ(Macho Uno)

ラインスピリット(スウェプトオーヴァーボード)

レジーナフォルテ(アルデバランⅡ)

 

また、それ以外に存在感のある血統はサクラバクシンオーですね。もうすこし拡げてテスコボーイ系を父か母父に持つ馬をまとめておきます。

テスコボーイ系を父か母父に持つ馬

ラブカンプー(父ショウナンカンプ)

 

さてこれらの中から一頭推奨馬を出したいのですが。

こっちの重賞でも攻めてみます。

馬C

→ある程度人気するとは思っているのですが近況から嫌われる可能性もある。13着に敗れた1000直は馬場などで度外視。昨年の内容からも3着くらいならワンチャン外目引いてすんなりゲートを出れば。

また、微妙じゃね?と思っている人気馬を上げておきます。

馬D

理由は出走馬短評で書きます!

以上です!

閲覧ありがとうございました!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です