アルテミスステークス2018 血統考察

こんにちはボンカです。

スワンステークスに続いてはアルテミスステークスの血統考察記事を書いていこうと思います。

血統だけで測れるレースなどありませんが一つの予想のツールとして答えに近づけるように頑張って書いていきますのでよろしくお願いします。


アルテミスステークス2018関連記事

アルテミスステークス2018&スワンステークス2018最終予想

今週の他重賞

天皇賞秋2018データ

天皇賞秋2018血統考察

→天皇賞秋2018出走馬短評1

→天皇賞秋2018出走馬短評2

→天皇賞秋2018最終予想

スワンステークス2018血統考察


まずは血統表から!


目次

①アルテミスステークスのラップ傾向について

②アルテミスステークスで強い種牡馬について

③ダート的な馬力血統持ちがコンスタントに走る


①アルテミスステークスのラップ傾向について

アルテミスステークスは東京マイルの2歳牝馬限定戦。ペースは落ち着きやすく過去6年間中5年が後傾ラップのペースに落ち着いた。前傾だった2012年でも0.2秒とハイペースには入ってこない。また中盤がしっかりと緩む傾向もあり、その後要所での加速度合いが大きいのでキレる馬を狙いたい。脚質的にはデンコウアンジュが差し切ったりアユサンが追込んで2着に来ているが中団くらいの位置から早い上がりを使える馬か先行して瞬間的な脚を使える馬が強い。

 

②アルテミスステークスで強い種牡馬について

表を用意しました。

※ルーラーシップが抜けてました。。

成績は0-0-0-2です。

母数が少なくて信頼たるデータとは口が裂けても言えないのですがアルテミスステークスで目を見張る活躍をしている種牡馬はステイゴールド。ココロノアイが優勝したりウインプリメーラが3着で穴をあけたりなどそこそこの出走頭数がいる中で回収率も優秀。また昨年はステイゴールドの仔であるオルフェーヴルの産駒ラッキーライラックが優勝、一昨年3着のシグルーンは母父ステイゴールドだったりと血統表のどこに入っても存在感を示しています。ただステゴ産駒は今年は出走ナシ。

また、2歳戦早期で強いダイワメジャー産駒も2頭が馬券になっており、今年の1人気であろうグレイシアもダイワメジャー産駒で期待がかかります。ダイワメジャー産駒は2歳早期からそこそこ完成度が高い馬が多くスケールが大きい馬は少ないですがまとまった馬が多いので2歳戦では買いやすいですね。

ダイワメジャー産駒とステイゴールド産駒が走るということでノーザンテーストに注目するのもありかもしれません。

昨年はノーザンテーストを内包した種牡馬のリーチザクラウン産駒のサヤカチャンが大穴をあけましたしね

一応今年のノーザンテースト内包馬をまとめておきます。

アズマヘリテージ

アフランシール

ウインゼノビア

エールヴォア

グレイシア

また、父サンデー系と父非サンデー系の3着内比率は13:5で父サンデー系が優勢。父非サンデー系はデンコウアンジュなど穴を空けるシーンは少なくないですし配当面も期待できますが確率としてやはり強気にはなれません。

 

③ダート的な馬力血統持ちがコンスタントに走る

最初の表の青ラインを見て頂きたいのですがダート的な馬力血統を持った馬が良く走っているんですね。

マリエンバードのデンコウアンジュが走っちゃったりもしてるんですが。。。

 

 

というわけで今回はこの馬を推しておきたいと思います。

馬G

また、相手筆頭候補も挙げておきます。

馬H

以上です!閲覧ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です