エプソムカップ2018 血統考察

こんばんはボンカでございます。

安田記念が個人的にダメージのある外れ方だったので寝込んでましたが復活しましたw

今日の記事はエプソムカップ2018の血統考察の記事です!

ペース分けしたら結構明確に違いが出ましたので役に立つかもしれません!

ではでは行ってみましょう!


エプソムカップ2018関連記事

エプソムカップ2018ラップ考察


過去の血統推奨馬一覧

桜花賞(トーセンブレス7人気4着)→アーリントンカップ(エアアルマス5人気10着)→皐月賞(ジャンダルム4人気9着)→福島牝馬s(デンコウアンジュ4人気3着)→マイラーズカップ(サングレーザー4人気1着)→フローラs(パイオニアバイオ13人気2着)→青葉賞(スーパーフェザー1人気3着)→天皇賞春(チェスナットコート7人気5着)→ユーキャンスマイル(13人気6着)→NHKマイルカップ(パクスアメリカーナ4人気6着)→ヴィクトリアマイル(レッドアヴァンセ7人気3着、レーヌミノル9人気10着)→平安ステークス(クイーンマンボ3人気2着)→オークス(オールフォアラヴ5人気9着)→ダービー(ジェネラーレウーノ8人気16着)→目黒記念(ノーブルマーズ10人気2着)→鳴尾記念(ストレンジクウォーク10人気11着)→安田記念(アエロリット5人気2着、リアルスティール4人気15着)

複勝率42% 複勝回収率185.2%


 

さてまずは過去10年の簡単な血統表をご覧ください!

今回は色分けが多くなって申し訳ないです。

お話ししたいことは2つです!!

①平均程度に流れた場合に相性の良い血統

②スローまで落ちた場合に相性の良い血統

 

①平均程度まで流れた場合に相性の良い血統

表の左側の年度を見ていただきたいのですが、青色と無色に色分けされていまして、これは青色の年はスローペースで無色の年は平均まで流れたという意味合いです。

平均まで流れた2013年から2008年はスローだった年よりもヨーロッパの中長距離の血統が活躍していますよね。

これに関しては深く考えず今年も狙っていきたいですね。

 

今年グレイソヴリン系を4Lに内包している馬

ブラックスピネル

 

今年ダンシングブレーヴを内包している馬

シャイニープリンス

今年ニジンスキー系を4Lに内包している馬

ベルキャニオン

少し心もとないメンツにはなりましたが、平均程度まで引きあがった場合はこの馬を推奨したいと思います

馬B現在143位です!

→戦歴と血統がマッチした馬。ネット競馬の予想オッズでは12番人気となっていますが個人的にはもう少し人気してくると思います。

ここ3戦を見ても全く足りないという印象は受けず、上位2頭が少し強いですが3着程度なら展開次第ではあっても良さそうです。

 

 

②スローまで落ちた場合に相性の良い血統

次はスローになった場合を見ていきたいのですが、スローになった場合はDanzigがいい結果を出していますが、これに関しては平均でヨーロッパ血統がいいという事実と比較して個人的には弱い気はします。

ただそれ以外に実績のある血統が見受けられませんので今年はDanzigを持った馬を強調してみたいと思います。

 

今年Danzigを内包している馬

アデイインザライフ

サーブルオール

サトノアーサー

マイネルフロスト

マイネルミラノ

 

サトノアーサーはかなり人気の2番人気だと思いますのであんまり推奨したくないですね。

というわけで今回はこの馬!馬Cを推奨してみたいと思います。

現在70位くらいです!

 

③週末の雨に関して

週末に雨が降って馬場が少し悪くなるのであれば父キンカメのダイワキャグニーや、父アドマイヤムーンのハクサンルドルフあたりが面白いかもしれませんね。

 

以上です!

閲覧ありがとうございました!!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です