エリザベス女王杯2018 出走馬短評1

こんにちはボンカです。今日は武蔵野ステークス◎のユラノトが4着、福島7R◎ウォルビスベイが8着と飛びましたが福島9Rで9人気◎のマッジョネラから馬連が刺さったので回収率440%くらいで終えることができました。このまま明日も何とか勝ちたいなあ。。。


エリザベス女王杯2018関連記事
エリザベス女王杯2018血統考察
エリザベス女王杯データ
エリザベス女王杯2018出走馬短評2
エリザベス女王杯2018出走馬短評3
エリザベス女王杯2018最終予想

今週の他重賞
武蔵野ステークス2018血統考察
土曜予想
福島記念2018血統考察


  • 枠順


モズカッチャン Mデムーロ 血統★★★★★

昨年の覇者ですね。去年はこの馬から買ってたので名前や出自も含め好きな馬。
ただ今年は10日前に熱発と札幌記念からの直行ローテでの参戦でそこの部分がどうか。

血統面に関しては父ハービンジャー、母父はキングカメハメハで欧州性の強い血統でエリザベス女王杯にはあっている血統。特にキングマンボ持ちはかなり相性が良く今年は出走メンバー中にモズカッチャンしかキングマンボ持ちはいない。また、最近の馬場を見てもハービンジャーが割といい馬場となっているのも+。
エリザベス女王杯自体がやや特殊なレースなのでリピーターが多い構造で昨年勝ち馬のモズカッチャンは適性的に不安点はない。
不安点を挙げるとすれば上記の通り頓挫があったことと近走ゲートが若干甘くなってきていることが挙げられる。
ただそれでもゲートさえ出れば前目手薄なメンバーでスロー濃厚。枠の並び的にも内目の良いポジションもとっていきやすい枠なのでレベルの高い4歳牝馬世代ということも考えるとそれなりに重視しなければならない馬だという評価。

 

リスグラシュー モレイラ 血統☆★★★★

世代トップクラスながらいまだG1勝利なしのリスグラシューが昨年惨敗の舞台げG1初勝利を目指す。

血統は悪くないというかむしろエリ女向き。父ハーツクライはエリザベス女王杯では人気馬しか馬券になっておらずエリ女蚤の成績面は微妙ではあるが、ハーツクライ産駒の京都2200m良馬場成績は6-12-4-74の単複回収率ともに100%超えと相性自体は悪くないはずまた母系が欧州性が強くこのレースに相性の良いフォルリのライン、サドラーズウェルズをもっているのもポイント。距離2000以上では結果が出ていないが血統的には距離は普通に持ってきそう。

ただ個体としての適性を見ると微妙かなというのが現状の評価。右回り自体不得手で出負けした昨年のエリザベス女王杯はあの位置取りになってあの展開の時点で勝負圏外なのだが、それでも左回りで見せるほどの反応は見せられなかったし、マイル近辺で強い競馬をしているのも逆に引っ掛かりますし、斤量56キロでの凡走歴やエリ女は近年仕掛けが遅れ気味になってきている点も心配。

超人気薄には足りない馬が多いので印には入れるかもしれないが人気次第では嫌ってみてもいいかなと思っています。枠も特段いいとは言えないので。

 

クロコスミア 岩田 血統★★★★★

昨年は差のない2着。今年は念願のG1制覇なるか?

父ステゴ&母系にサドラーやNashwanなど欧州性という点では合格で、ノーザンテーストとフォルリのラインを持っているのは評価したい。リピーターですし血統推奨しませんでしたが血統的な評価は上位。

近走は基本的にこの馬向きのレースにはなっていないと感じます。
前走の府中牝馬sは超高速馬場で番手以下はスローだったが上りの競馬になりすぎた。勝馬のディアドラは上り32.2秒という破格の3F。

前々走の札幌記念は後方待機馬が上位を占めるようなタフ馬場のハイペース競馬を前受けして大敗。ドバイを挟んで京都記念は馬場が重すぎたのが敗因。それ以前のパフォーマンスで考えると展開をコントロールできるここでは鞍上の乗り方次第チャンスはあるかと。馬場が昨年より若干早くなりそうなのは気がかりですがこの人気なら積極的に狙ってもいいかも。

 

エテルナミノル 四位 血統☆☆☆☆★

血統面はずれが大きく評価しづらい一頭。外回り向きで外枠発走もいいのだがこの馬向きの馬場状態ではないでし、さすがに買い要素が薄すぎるか。消すと思います。

 

①ハッピーユニバンス 松若 血統☆☆★★★

父ジャンポケはこのレースでなかなか相性が良い。たださすがにこの馬も買い要素が薄いですね。消します。

 

コルコバード 浜中 血統☆☆☆★★

ステゴ産駒ですが母系はアメリカ色が強い。エリ女向きかと言われると微妙な血統。ステゴの相手強化シーンは総じて買いやすいのはプラスですが血統全体としての評価はこの程度。

ここ3走はかなりステイヤー色の強い競馬で牝馬らしくない重たい質でのレース。一般牝馬からの適性ずれがあるのはエリ女では好感ですが、エリ女は案外仕掛けが待たれやすくなってきているのでキレの面で劣る可能性が高く、そういった展開にならなければワンチャンとは思いますが、、抑えるかどうか。


以上です!

現状での2頭の本命馬候補を挙げておきます!

本命候補G 

本命候補H 

閲覧ありがとうございました!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です