エリザベス女王杯2018 出走馬短評3

こんばんはボンカです。エリザベス女王杯2018出走馬短評のラストを書いていきます。


エリザベス女王杯2018関連記事
エリザベス女王杯2018血統考察
エリザベス女王杯データ
エリザベス女王杯2018出走馬短評1
エリザベス女王杯2018出走馬短評2
エリザベス女王杯2018最終予想

今週の他重賞
武蔵野ステークス2018血統考察
土曜予想
福島記念2018血統考察


  • 枠順


②フロンテアクイーン 蛯名 血統☆☆★★★

G3G2では2,3着常連の相手なりホースが特殊G1エリザベス女王杯に挑戦。

血統面は父メイショウサムソンで父父オペラハウスは欧州中長距離実績馬。母系にはブレイヴェストローマンなどがおり全体としてもかなり欧州性の強い配合。ただ父メイショウサムソンはスケール不足の産駒が多く、その点は不安。

本質的に距離は長いが強みとして瞬間的に脚を使えることと折り合って運べることが挙げられるので内枠を引けたという点はかなり大きいしどちらかと言えばバランスで勝負する馬。ただトップスピードを要求されても持続力を要求されても一線級にはどちらも少し劣るので結果的に2,3着が多くなっているのがこの馬の現状。まあだから内枠でロスなくが最低条件なんですが。

明らかに抜けた馬は不在だと思うので上位陣の自滅や展開利があれば複穴もある馬と見ています。

 

カンタービレ Cデムーロ 血統★★★★★

血統推奨馬。→血統考察記事リンク

秋華賞3着からのローテで、前走は距離不安もあったかローズステークスとは一転後方策チョイスでなかなかの脚を使いアーモンドアイと0.4秒差の3着。シンプルに考えてやや前有利の展開のなか最後方レベルの位置から後半の6がF11秒台の連続で脚を余すことなく使えたとはいえミッキーチャームとも0.2秒差まで詰めたし世代では上位の馬に成長したと思う。また、このレースぶりから(6ハロン戦になったこと)距離自体は2200m程度なら持つと個人的には考えている。

非根幹距離自体はかなり得意でローズステークス、フラワーカップ1800重賞連勝中で春の時点ではノームコアを完封している馬。ゲートも本来はうまいので前目を取れれば。あとは古馬との比較で、実際に4歳世代は特に強いがリスグラシューは右回りで反応鈍い癖&距離不安。モズカッチャンは適性上位も頓挫明け+近走ゲートが甘い。フロンテアクイーンは内枠引き&総合力が高いが起用貧乏。アドマイヤリードやミスパンテールは明確に距離不安ということで各馬にも不安点はあるわけで、レベル的に苦しいかもしれないが妙味があるのはこの馬と見ています。

 

ヴァフラーム、アドマイヤリード、スマートレイアーに関しては消しでいきます。


以上です!

閲覧ありがとうございました!

深夜2時ごろまでには明日の予想記事を上げますのでよろしくお願いいたします!

良かったらクリックお願いします(´;ω;`)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です