エルムs2018 血統考察~サンデー系優勢~

こんばんはボンカです。

夏の甲子園、佐久長聖VS旭川大高の試合で全国大会では初のタイブレークでの延長戦が行われましたね。

賛否両論あったタイブレークですが個人的には賛成かなあ。熱中症や疲労などの観点や、大野倫や辻内投手のように連投がたたって後の野球人生に影響を及ぼす所から見ても決着がつきやすくなる制度はいいと思います。それでもチーム状況によってはそれでも酷使等は減らないでしょうけどね。

それよりも個人的に問題かなと感じたのは審判の精度。

この試合の8回表に佐久長聖が2点を上げていますがこの回の2アウト時にレフトに飛んだ打球はレフトファインプレー。しかし塁審はフェア半弟。映像で見る限り完全に落下前にグラブにボールは入っているのですが。。。

まじでかわいそう。。。

これが響き逆転を許した旭川大高は9回土壇場に追いつき延長に突入しますがタイブレークの末4-5で敗退してしまいました。

やはり後味は悪いんですよねえ。審判が試合を作っちゃいけんでしょと。個人的には将来審判はすべてロボットのほうがいいと思うんですよね。(笑)どの競技も。

ワールドカップではビデオ判定が導入されましたが高校野球ではまだまだされる気配はありません。

球児を興行に使うんですからそれくらいの整備はしてやれよって思うんですけどね~。旭川大高の選手は納得いかないでしょあれ。


話が長くなりましたが本題の競馬に移ります。。。

今日はエルムs2018の血統考察をしていきたいと思います!

血統、絞るの難しかったです今回も。

まずは血統表からご覧ください。

今回お話しすることは3つです!

①エルムsのラップ傾向と脚質傾向について

②サンデー系vs非サンデー系の比率について

③偏りが大きい部分を利用して推奨馬を出す


今週の他重賞

関谷記念2018血統考察


①エルムsのラップ傾向と脚質傾向について

ラップ

ペースはあまり極端に振れることはない。1秒程度のスローから1秒程度のハイまで。基本的に平均程度に収まると考えたい。

仕掛けどころはL2最速とL4最速が多くこれは出走馬次第。

脚質

完全な前有利1着ベースだと差しと追込み合わせて4勝しているが3着内率だと前目が圧倒的に優位。基本的に軸馬は前目からチョイスしたい。

 

②サンデー系vs非サンデー系の比率について

さて本題の血統考察に入ります。

血統で絞り込むのは難しいレースですしざっくりと。

14‐10

これが何のスコアかというと、エルムs過去8年間におけるサンデー系内包馬VSサンデー系を内包していない馬の馬券に入った数のスコアなんですね。ヘイロー持ちに条件を変えると16-8ですね。

そもそも札幌1700m自体はサンデー系が優勢なコース。エルムsでも例に漏れずサンデー系がスコア上やや優勢。

サンデー系を内包している馬を狙いましょう。

特にディープインパクト、ゴールドアリュール、ゼンノロブロイ、ステイゴールドあたりは回収率の面でも優秀ですので覚えておきたいですね。

今年サンデー系を内包している馬

アルタイル(父カネヒキリ)

アンジュジデール(父ディープインパクト)

ディアデルレイ(母父サンデーサイレンス)

ノーブルサターン(母父スペシャルウィーク)

ハイランドピーク(母父ゼンノロブロイ)

ミツバ(父カネヒキリ)

メイショウスミトモ(父ゴールドアリュール)

モルトベーネ(父ディープスカイ)

リーゼントロック(父ダイワメジャー)

リッカルド(父母父サンデーサイレンス)

ロンドンタウン(父カネヒキリ)

 

うん。2頭しか減りませんでした。なんなんですかねこれ。


【PR】一撃3連単

一撃3連単予想!毎週末平均30万円奪取!

競馬ファンの皆様、毎週末の合算払い戻し額が30万円を超える3連単馬券術のご案内です。
買い目は3連単1~5点予想になり、ほとんどの予想で1~3点目以内で的中しております。
また他の馬券予想と比較すると桁違いのパフォーマンスを毎週記録、驚異的です。

2016年度の一部実績
12月3~12月4日   馬単・3連単の合算払戻額56万円
11月26~11月27日 馬単・3連単の合算払戻額36万円
11月19~11月20日 馬単・3連単の合算払戻額31万円
11月12~11月13日 馬単・3連単の合算払戻額33万円

結果更新中なので直近実績を確認したい方、今週末儲けたい方は検討してみて下さい!


③偏りが大きい部分を利用して推奨馬を出す

さて全く絞り切れなかったので、さらに血統を使ってと行きたいところですが、超っと説得力のあるものが少ない。

ダートG1実績のある馬の血を持っている馬とかも結構いいんですが支配力に欠けるので今回は位置取りに注目してみたいと思います。

過去8年で前走4角5番手以内の馬 24頭中22頭。該当しなかったグレープブランデーは前走1400m、オーロマイスターはリピーター

この条件で絞ります。

これを今年のサンデー系内包馬に当てはめると

アルタイル ×

アンジュジデール 〇

ディアデルレイ ×

ノーブルサターン 〇

ハイランドピーク 〇

ミツバ 〇

メイショウスミトモ ×

モルトベーネ 〇

リーゼントロック ×

リッカルド 〇

ロンドンタウン ×

残ったのは

アンジュジデール

ノーブルサターン

ハイランドピーク

ミツバ

モルトベーネ

リッカルド

この6頭の中から推奨馬を選びたいと思います。

 

今回は迷いますがこの馬で!

馬C

 

また、現時点で微妙かなと感じている馬を発表しておきます。

馬D

以上です。閲覧ありがとうございました!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です