オークス2019 血統考察

こんにちはぼんかでございます。

先週のヴィクトリアマイルの勝時計が1分30秒5ととんでもないことになっていましたねw

32秒台くらいじゃね?とあまり考えずに時計の出る馬場想定で予想してましたがそれを上回る直線スピードの出る馬場でした。

ヴィクトリアマイルは予想的には完敗。◎のプリモシーンはやはり高速マイル向きの配合で中山的な要素や前傾ラップに強い要素を持ち合わせていたので人気面からも素直に◎を打てましたし、クロコスミアも見えていたのでそこは良かったのですがノームコアに関しては完全にノーマーク。上位印を打って買えた方教えてほしいです。。。

ワントゥワンは調教がいまいちだったのでクロコスミアとどっちをワイドボックスに入れるか悩んだんですよねー。。。印打った馬たちが中団の馬たちなのでそれを考えると位置取り的にはクロコスミアのほうが近いんでそっちのほうが良かったかな。

アエロリットはやっぱり強いしやっぱりクロフネの仔ですね。あの展開で差はつきましたが5着に残ってるしやっぱり前傾ラップで後続の脚を削ぐ競馬のほうが良いし、仕掛けも早いほうがいい。今回海外帰りだったことを考えると安田記念でチャンスがあってもいいかなと思うんですが今年はメンツが強そう。。。

平場は土曜にワイド3200円馬券と日曜にワイド930円を2点でゲットしてトータルは+。

ただ固め打ちってものがないので一気に稼ぐ日が欲しいですね~。後G1取りたい!

とまあ、先週はそんな感じでしたが今週はいよいよオークス!

桜花賞後に感じたのは「あれ??今年オークスでもよさげな馬いなくない?」でした。

なので個人的には中波乱想定で馬券を組もうと思っています。上位馬が桜花賞向き過ぎた気もするんでね。

とりあえず本題へと移行しまーす。

2019年度血統推奨馬一覧

中山金杯(ステイフーリッシュ7人気2着)→京都金杯(4人気6着)→フェアリーs(アクアミラビリス1人気5着)→日経新春杯(ムイトオブリガード2人気9着)→AJCC(ジェネラーレウーノ2人気4着)→東京新聞杯(レッドオルガ6人気2着)→クイーンカップ(ビーチサンバ2人気2着)→京都記念(ノーブルマーズ3人気9着)→フェブラリーs(サンライズソア6人気7着) →中山記念(ウインブライト5人気1着) →金鯱賞(アルアイン3人気5着)→高松宮記念(アレスバローズ7人気9着)→大阪杯(ペルシアンナイト3人気11着)→桜花賞(クロノジェネシス3人気3着)→福島牝馬s(デンコウアンジュ4人気1着)→マイラーズカップ(インディチャンプ2人気4着)→フローラs(パッシングスルー7人気4着) →天皇賞春(チェスナットコート10人気6着)→ヴィクトリアマイル(プリモシーン4人気2着)

2018年度血統推奨馬成績 単勝複勝 180%/120%

目次

1.東京2400mの種牡馬別成績について

2.オークス過去10年間の好走馬の血統から今年狙う馬を選ぶ

1.東京2400mの種牡馬別成績について

まずは簡単に東京芝2400mの種牡馬の成績から見ていきましょう。

東京2400mというクラシックディスタンスではやはりディープ産駒やハーツクライ産駒がとても好成績ですね。ハーツクライなんかは加速に時間がかかる馬が多いので広いコースは良いです。

気になるのはバゴ産駒の成績。バゴ産駒は現時点では東京2400mで過去10年間が県になったのは1頭のみ。凱旋門賞勝馬のバゴですが、バゴ牝馬は短距離適性を見せることがこれまでは多かったのが事実。

今回人気の一角に推されるであろうクロノジェネシスは牝のバゴ産駒で字面の血統的には延長は母系からあまりプラスには見えませんが馬体的には中距離馬に見えますし、何よりバゴの最高傑作と個人的には思っている馬なので距離は対応してきてよいと思います。

そもそも3歳の時期で距離を気にしすぎるのはナンセンスで、それよりはむしろ馬場の適性や競馬場の形に合うか、調子や地力などを意識するほうがよいでしょうしね。

他に気になるのはディープ産駒のコントラチェック。

この馬は大物の匂いのする馬で、同母にはバウンスシャッセやムーンクエイクがいる良血なのですが、母リッチダンサー産駒は湿り馬場が苦手な傾向。

先週の馬場から考えると多少の降雨では馬場にはさほど影響はないと思うのですが日曜の天気が微妙ですし馬場が悪くなった際には使えるデータかもしれませんので一応知識として持っておきたいですね~。

2.オークス過去10年間の好走馬の血統から今年狙う馬を選ぶ

ポイントは2つ。

①父サンデーサイレンス系有利なレース。それ以外ではキンカメ。ルラシとロードカナロアも今後馬券になる馬が増えていきそう。

②5代以内にヌレイエフやサドラーズウェルズなどフォルリの血を引いている馬が強い。上りが少しかかれば本質的にはなおよくなるはず。

今回①と②をクリアしている馬は

コントラチェック

シゲルピンクダイヤ

ジョディ―

ノーワン

メイショウショウブ

ラヴズオンリーユー

今回血統推奨する馬は

馬A


直線が少し時計のかかる馬場になっているかそういった展開になることを祈ってます。

また、危険だと思う人気馬も発表しておきます。

馬B

以上です!

閲覧ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です