カペラステークス2018 血統考察

こんにちはボンカです!

カペラステークス2018の血統考察記事ができましたので更新しておきます。


阪神JF2018関連記事
阪神JF2018血統考察
→阪神JF2018最終予想

今週の他重賞
中日新聞杯2018血統考察
中日新聞杯2018最終予想
→カペラステークス2018最終予想


  • 目次
  1. 中山ダート1200mにおける種牡馬別成績について
  2. カペラステークスで強い血統とは

1中山ダート1200mにおける種牡馬別成績について

まずは中山ダート1200mの良馬場~稍重馬場、集計対象はすべてのクラスの種牡馬成績から見ていきましょう。

基本的に中山1200mは父米国型が走りやすいペースになることが多いので父米国型の成績は良いのですがクロフネなどのデュピティミニスターをはじめとして米国血統には揉まれ弱いタイプが多いことは覚えておいたほうが良いでしょう。

今回出走する中ではナンチンノンの父Paradingは1600万以上条件でも単複回収率がかなり高いのでチェックしといたほうが良いでしょう。シニスターミニスター産駒やノボジャック産駒は同条件の準OP以上ではダウン傾向。

カジノドライブは当コースがあまり得意ではありませんね。オールダートでこそでしょう。


2カペラステークスで強い血統とは

次にカペラステークス過去10年の3着内馬を見ていきましょう。

傾向をまとめると

父or母父が米国型の馬が有利
ダンジグもしくはノーザンテーストのようなスピードとパワーが活きる

該当馬を挙げておきます


コパノキッキング(父Sprong At Last)
ヴェンジェンス(父カジノドライブ)
キングズガード(父シニスターミニスター)
タテヤマ(父パイロ)
オールドベイリー(父To Honor and Serve)
ダノングッド(父Elusive Quality)
ネロ(父ヨハネスブルグ)
ノボバカラ(母父フレンチデュピティ)
サイタスリーレッド(母父Salt Lake)
ナンチンノン(父Parading)
オウケンビリーヴ(父クロフネ)
ブラゾンドゥリス(父ノボジャック)
ウインムート(父ロージズインメイ)
ヒカリブランデー(父ファスリエフ)

流石に絞れませんね。(笑)


ヴェンジェンス(母母父エルハーブ)
キングズガード(母母父デインヒル)
タテヤマ(母母父ノーザンテースト)
ネロ(母母父ダンジグ)
ノボバカラ(母母父Dayjur)
ナンチンノン(母母父Dayjur)

やっと絞れました。


さて、以上より、今年はこの馬を推しておきたいと思います。

馬E 

閲覧ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です