ステイヤーズステークス2018 血統考察

こんにちはボンカです!

たくさんあるレースの中で5本の指に入るくらい好きなレースが今年もやってきました。G2表記ですが僕の中では実はG1。ステイヤーズステークス!!!

毎年めちゃくちゃ面白いんですよねこのレース。長距離ならではの駆け引きがじっくり見られていいですよね。天皇賞春とステイヤーズステークスはほんとに好き!

血統面でも普段のレースとハッキリ適性ずれがみられて面白いので興味があればぜひ見ていってください!


チャンピオンズカップ2018関連記事
チャンピオンズカップ2018血統考察
チャンピオンズカップ2018データ
→チャンピオンズカップ2018出走馬短評1
→チャンピオンズカップ2018出走馬短評2
→チャンピオンズカップ2018出走馬短評3
→チャンピオンズカップ2018最終予想

今週のその他の重賞
→ステイヤーズステークス2018最終予想
→チャレンジカップ2018最終予想


  • 目次
  1. ステイヤーズステークスのリピート性について
  2. ステイヤーズステークスで強い血統について

1ステイヤーズステークスのリピート性について

ステイヤーズステークスは中山3600mで施行され、この条件はステイヤーズステークスしか存在しないことと3600mという超長距離レースでは日本の反適性馬が幅を利かす条件で世代の代謝が悪いことからかなりリピート性が強いレースとなっている。

リピーター例
2017年~2015年三連覇 アルバート
2014年、2013年連覇、2012年3着 デスペラード
2012年1着、2011年と2013年3着 トウカイトリック
2016年、2014年と2012年2着 ファタモルガーナ

基本的に適性を見せた馬から買っておけばそれなりにあたるレースで、今年もリピートチャンスのある馬が出走する。

リピート資格のある馬
アルバート(3連覇中)
モンドインテロ(2016年3着)
これらの馬は人気でも抑えなければならないと見ています。


2ステイヤーズステークスで強い血統について 

3回馬券になった2012年勝馬のトウカイトリックや2年おきに2着に来たファタモルガーナをはじめ個人的に激推ししておきたいのが「凱旋門賞連帯実績のある種牡馬を4Lに持つ馬」。トウカイトリックは父エルコンドルパサーで凱旋門賞2着経験あり。ファタモルガーナの母父エリシオは凱旋門賞勝馬。2009年二けた人気で2着に来たゴールデンメインの父ラムタラは凱旋門賞勝ちの「神の馬」。

今年凱旋門賞連帯歴のある種牡馬を4Lに持つ馬
ヴォ―ジュ(父ナカヤマフェスタ)
コウキチョウサン(母母父父ミルリーフ)

他にはノーザンテーストやトニービンを内包している馬が優秀。

今年トニービンやノーザンテーストを4Lに内包している馬
アルバート(両)
アドマイヤエイカン(トニービン)
アルター(ノーザンテースト)


というわけで今回はこの馬を推奨しておきたいと思います。

馬E 
→当レースに強い血統を持っていること、リボーのクロスをきつく持っている点も好感で、距離延長でかなり良くなりそう。

また、本命馬を発表しておきます。

馬F 

以上です!閲覧ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です