スプリンターズステークス2018出走馬短評3

さてさて、スプリンターズステークス出走馬短評もラストです。


スプリンターズステークス2018関連記事

スプリンターズステークス2018血統考察

スプリンターズステークス2018データ

スプリンターズステークス2018出走馬短評1

スプリンターズステークス2018出走馬短評2

スプリンターズステークス2018最終予想


ファインニードル 血統★★★(2.5評価があれば2.5点で)

騎手 川田将雅 厩舎 高橋義忠

父アドマイヤムーン 母ニードルクラフト

地力は現在の日本スプリント路線の中ではもちろんトップクラス。前哨戦の出来は陣営曰く五分程度とのこと

その中であの完勝ですからセントウルs組との勝負付けは済んだかなという印象。

もともと高速馬場のほうが良い印象だったが春の高松宮記念では時計のかかるタフ馬場ハイペースをクリア。

中山では2戦敗れていますが昨年のスプリンターズステークスはかなり外々を通すことになった&賞金加算のためにセントウルsで結構仕上げちゃったという明確な敗因があり、それ以前は本格化前ですので度外視でいいかと。他の坂アリコースで好走できているわけですし特別坂がダメというわけではないでしょうしね。

雨馬場は極端すぎなければオッケーのはずです。

血統は母系にニジンスキーを持ち、サンデーサイレンスとミスプロを両立しているのはいいですね。

父アドマイヤムーンは中山1200mはそこまで得意ではありませんが血統評価は上位。

基本的にこの馬に逆らいきるのは難しいかなと思います。

 

ワンスインナムーン 血統☆★★

騎手 石橋脩 厩舎 斎藤誠

父アドマイヤムーン 母ツーデイズノーチス

昨年3着時は出走馬中でもトップクラスで良い調教だったのをよく覚えているんですが、今年も調教は良さそうですね。

昨年と同ローテですが、1400→1200と短縮ですが、短縮ローテはワンスインナムーンの母母父ダンシングブレーヴがかなり得意

この馬が好走できるかどうかの一番の焦点はペースをできる限り緩くコントロールしきれるかということにかかっていると思います。

そもそも1200mG1で好走歴はありますがまずベストは1400mでしょう。

昨年スプリンターズステークスで好走できた大きな要因は0.2秒の後傾ラップに入るような緩いペースだったというのがあると思います。

逆にペースが1.4秒のハイペースになった函館ssでは8着と崩れており、この時は休み明けですがもともと休み明けを苦にしないタイプの馬であることからもペースが敗因と考えられます。

なので、オーバーペースは怖いところ。枠はいいので前半が早くなりすぎずにペースをコントロールできれば昨年の再現もありうると思います。

 

キャンベルジュニア 血統☆★★

騎手 田辺裕信 厩舎 堀宜行

父エンコスタデラゴ 母Melito

血統は父がオーストラリアのスプリント種牡馬で、スプリンターズステークス2010の覇者ウルトラムーンの父でもあり、日本、香港どちらのスプリント戦線でも勝負になる馬を輩出しており、キャンベルジュニアは母系にスプリンターズステークスで相性の良いニジンスキーを持ち、母父はデインヒル。改修前のほうが良さそうな血統ですが、改修後でも悪くなさそうです。

前走は初スプリント戦のキーンランドカップで4着とある程度のめどは立てたが2走目がG1となると若干分が悪い感はありますね。

もともと高速馬場のほうが合っている馬でしたし雨予報は割引ですね。晴れなら大穴枠として取り上げようと思っていたんですが、この馬場なら消します。

 

ムーンクエイク 血統★★★

騎手 ルメール 厩舎 藤沢和雄

父アドマイヤムーン 母リッチダンサー

思ったより人気してんなーという印象。

血統は血統推奨の記事で書いた通り良いと思うんですが、雨馬場が厳しい感がありますね。

人気薄ルメール×藤沢厩舎という時点で怖さはマックスなんですが肝心の馬の適性外のレースになりそうで。。。

1200m初出走の前走は直線内に進路を取りましたが他馬と比較してよい脚を使えたわけでは無く、ルメール自身もこの馬に1200mは忙しすぎるとのコメントも出していましたし。

この人気と馬場ではこの馬まで手が回らないという印象です。

 

セイウンコウセイ 血統☆★★

騎手 池添謙一 厩舎 上原博之

父アドマイヤムーン 母オブザーヴァント

ベストバウトはやはり高松宮記念1着時。この時はタフな馬場状態の中1.1秒の前傾ラップを4番手から鋭く抜け出して完勝。

少しつかみにくい馬ではあるんですがベストは時計のかかる馬場ということで雨予報はプラス

その上で高松宮記念勝利時の状態に戻っているかどうかが焦点ですが、前走勝利時はチークピーシーズ着用である程度効果が出たようにも思いますし、状態面が不安ですがヒモで引っ掛けてもよいくらいの人気&適性があると思います。

ペースに関してはこの馬はあまり左右されないでしょう。いい意味でも悪い意味でも自分との闘いといった部分が大きいと思います。

枠の並びはいいですね。

 

ラヴカンプ― 血統☆☆★

騎手 和田竜二 厩舎 森田直行

父ショウナンカンプ 母ラブハート

前走陣営は雨馬場×というコメントをしていましたが結局は2.2秒のハイペースを逃げて2着粘り残るという強い競馬。

血統的観点から言うと前走の内枠引きは母父マイネルラヴが特注、前々走北九州記念はバクシンオー系列が圧倒的に走る舞台でラブカンプーは父がサクラバクシンオー直仔ということで血統的な助けのある中での好走であることも事実。ショウナンカンプの母系にはニジンスキー内包。

現状ではハイペースで後続を削ぎながら一脚というのが好走パターン。

ただ夏使いづめの影響やいかに調教からは疲れを隠せていない感じがありますが。。。

 

以上です!

閲覧ありがとうございました!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です