スプリンターズステークス2019 最終予想

G1

こんばんはボンカです。

明日のスプリンターズsの予想ができましたのでブログを更新しておきます。

いよいよ令和元年秋G1の開幕ですね。今シーズンもみなさん楽しんでいきましょー!

Twitterフォロー宜しくです!平場の予想こっちにあげるときもあります

スプリンターズs2019関連記事

スプリンターズs2019血統考察

スプリンターズs2019 自信度2.5 

想定

→馬場自体は先週より若干落ち着いたものの高速状態で、明日多少雨が降っても時計への影響は薄そう。逃げるのはモズスーパーフレアで、レースメイク次第ではあるが勝時計は7秒台前半でしょう。一応松若がペースを落とす可能性はありますが今回はそのケースは無視して印を打ちます。番手以下もペースが落ちるのは嫌がりそうですしね。

また、中山芝は今開催内前有利傾向が強く、明日もその傾向が急に変わるとは考えにくい。

(バナークリックでブログ紹介文に表示。現在173位)


→馬場状態、馬場バイアス、コース、血統(血統考察記事参照)、追切。これらの条件は整っているので素直にここから入ります。

近走崩れていますが前走は大幅馬体増で+非逃げ競馬での敗退。前々走は使いづめと良績の無い左回り+再加速の流れになったように後続の脚を削ぎ切れずに大敗。このように馬柱が汚れていますが、得意条件得意展開に持ち込めた際はパーフェクトに近い戦績を持っている馬。

右回りと急坂コース、明確なハイペース後続を削ぎつつ逃げることができた場合がその得意条件となり、今回はそれが叶うメンツ&コースで、さらには今開催の中山のバイアスも追い風となりそうだし調教もかなり動いていると思います。

不安点は馬体重が輸送で絞れているかという点と鞍上が強気でハイラップを刻めるか。この2点でしょう。

巧者に関しては予想の根幹にあたる部分で今回はハイペースで逃げてくれるほうに決め打っていますので信じるしかないですね~。

ただちょっと人気しすぎてて不満です。

〇(バナークリックでブログ紹介文に表示。現在77位)

→舐められすぎだし頭もあってもよいと思っている馬です。

この馬は父産駒らしからぬ「時計の出る馬場でハイペースで流れた時に強いスプリンター」。

この馬のベストパフォーマンスは2018年北九州記念。勝時計1:06.6(32.4-34.2)の超高速馬場を1.8秒のハイペースで内から差し切ったレースですね。

今回想定する展開と馬場にかなりマッチした適性を持つ馬。不良馬場のCBC賞で馬券になったのは弱メン相手に足りただけで本来の適性は早い馬場にあります。

また、外では集中力を欠くタイプの馬だけにラチを頼ることのできる枠を引けたのは僥倖でしょう。

捌けるかどうかは結構難しいところもあるので出し切れればと言った注釈はつきますが、本命馬との親和性が高く、かなりの人気薄になっているのでここは狙う一手でしょう。

▲ダノンスマッシュ

→まず、坂が苦手というのは割と納得いくものもあるんですが、急坂に強いダンジグを持ち坂路も時計が出せる馬なので、宮記念の内容だけで坂×とするのは甘い気もします。宮記念は再加速の流れになったのが悪かった可能性もありますし、外回った分もあるでしょうしね。

そもそも今の中山で内枠で操縦性の高い馬の時点で消すのは難しいですね。

時計への対応も血統の字面では問題なさそうですしそもそも7秒台なら出してこれる可能性は高いので。

☆セイウンコウセイ

→ 高松宮記念の内容から、揉まれなければ7秒台決着には対応してくる可能性はありますし、このバイアス下で有利な内枠先行馬ということで抑えたい人気薄と言った感じ。本質的にはパワースプリンターだと思うんですけどね。調教もいいと思います。

△タワーオブロンドン

→1400外の馬だと思うんですけどね。前走は小頭数だったので出負けから中目のスペースを確保できたのがかなり良かったわけですが、弱メン相手で着差はともかく、レコード勝利で1200高速馬場への対応力をはっきりと見せてきましたし、今回出走するメンツには案外時計の裏付けができないのでその分浮上させました。

ただ前述の通りゲートがいまいちなので出遅れるとスペースを取れそうにない枠の並び的に厳しくなりそうですし、サマースプリント王者が秋も頑張り切れるかというと難しいという歴史がありますし、超人気なんでこの評価で濁しておきます。

▽リナーテ

→最後の一枠は馬場適性で取りました。1200高速となるとどうでしょうね。Orpenやらヘイロークロスはいいと思いますが。

買い目

馬単 ◎-〇▲☆△▽5点

馬連 ◎-〇▲☆△▽5点 

ワイド ◎-〇▲2点

三連複 ◎-〇-▲☆△▽4点

三連単 ◎〇▲BOX6点

以上です!

閲覧ありがとうございました!

コメント