チャンピオンズカップ2018 傾向と対策

こんにちはボンカです!

チャンピオンズカップ2018のデータを4年分だけですがまとめておきます。


チャンピオンズカップ2018関連記事
チャンピオンズカップ2018血統考察
→チャンピオンズカップ2018出走馬短評1
→チャンピオンズカップ2018出走馬短評2
→チャンピオンズカップ2018出走馬短評3
→チャンピオンズカップ2018最終予想

今週のその他の重賞
ステイヤーズステークス2018血統考察
→ステイヤーズステークス2018最終予想
→チャレンジカップ2018最終予想


  • 人気

  • 配当

→波乱傾向。1人気の複勝率が50%しかないことや6~9人気の中穴の活躍もあり単勝、三連系の配当が大きい。

  • 年齢

→3~4歳が不振で5~6歳が優秀。

ただ今年の3歳ダート路線は高レベルなのでこのデータが通用するかどうか。。。

今年3~4歳の馬
3歳
ルヴァンスレーヴ
オメガパフューム
ヒラボクラターシュ
4歳
アンジュジデール
サンライズソア
サンライズノヴァ
パヴェル

今年5~6歳の馬
5歳
ケイティブレイブ
6歳
アポロケンタッキー
ウェスタールンド
センチュリオン
ノンコノユメ
ミツバ
 

傾向的には5から6歳の馬から少なくとも一頭は馬券になりそう。

  • 性別

→サンビスタが12番人気で勝利が基本的に牝馬はダートでは牡馬に分が悪く中京競馬場ではなおのことその傾向が顕著。

今年の牝馬

アンジュジデール

  • 枠順

→内枠有利。ただコースデータでは内外差がないのでデータの振り戻しが起こる可能性もあるのでうのみにしすぎないこと。

コースデータで回収率が高いのは1枠8枠。

  • 前走レース

→中心は前走JBCクラシック組とみやこS組。

今年の両レースをステップにしてきた馬

アスカノロマン
オメガパフューム
ケイティブレイブ
サンライズソア
センチュリオン
ノンコノユメ


以上です!

ゴールドドリームが回避しましたので、代わりの血統推奨馬を発表しておきます

馬C 

また、危険だと思う有力馬を発表しておきます。

馬D 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です