チャンピオンズカップ2018+α 最終予想

おはようございますボンカです。

チャンピオンズカップ2018と平場の予想ができましたので更新しておきます。


チャンピオンズカップ2018関連記事
チャンピオンズカップ2018血統考察
チャンピオンズカップ2018データ

今週のその他の重賞
ステイヤーズステークス2018血統考察


中京11R チャンピオンズカップ2018 自信度2

◎ 
→前走はかなり早いタイミングで捲ってこられる展開で4,5着に追い込み馬が来たような各馬かなり出し切れた展開で前の馬には厳しいレースとなった。その中で崩れなかったのはこの馬の地力。ゲートにやや不安のある馬だがゲートさえ出れば枠の並び自体は悪くないし、父は中京1800mでの短縮の成績があまり良くないが中京自体は得意でこの馬自身は短縮のほうが良績を得ている。鞍上がしっかりペースを作る意識があればチャンス。

〇 
→前走はロングスパートでかなりの強さを見せたがこの適性は今身についたものでなく、帝王賞を勝ったレース当時からかなり長く足を使うレースが得意。さらに近走本格化した感があり、時計面、斤量面で3歳馬が恩恵を受けにくいチャンピオンズカップならダート界の盟主になりつつあるこの馬なら崩れないだろう。鞍上自身もこの馬を理解してきているのは心強いし、モレイラ早仕掛けのジョッキーというのも追い風か。

▲パヴェル
→メイダンのダートは砂の含有量が高く日本に近いダート質。逆にもっと重い土のようなダートでは崩れているあたりは日本の砂の適性があってもおかしくないはず。また、アメリカのダート馬だがアメリカ的な6秒のハイペースでは崩れており、2秒程度のハイなら我慢できているように本場では基本的なスピードは足りないが日本の前半の遅いダートレースならペース自体はストライクゾーン近くなりそうなので警戒。

☆ルヴァンスレーヴ
→現在のダート路線3歳勢はかなりのハイレベル。そのトップに君臨するこの馬は後にダート界を背負っていける器でしょう。ただ今回は抜けた一番人気で簡単ではない2枠2番、ゲート後手を踏みやすい鞍上と馬自身、結果を出してきたレースがスローからのL2最速戦のようなレースばかりなのでケイティブレイブが得意な展開になると勝ち切れるかは疑問。という感じでダントツ一番人気ということもあって評価を下げたが地力はあるので。

△アンジュジデール
→血統自体はチャンピオンズカップで悪くない血統。父はJBCレディスでようやく初めてダートG1を勝ったディープインパクトだがチャンピオンズカップはゼンノロブロイやキンカメなどダービー連帯馬の産駒が走る傾向にあり、ペースが遅くなれば遅くなるほどその傾向は増す。地方の重いダートは苦手で軽めのダートに代わるのは好材料で前走の時計も悪くない。3着食い込みまでなら。

△オメガパフューム
→近走の好走は結構ハマってる部分があり、今回はそのような展開になるかは微妙なので下げました。勝ち切るには厳しい枠でもありますしね。

△ミツバ
→妙味枠。去年のJBCクラシックの内容が悪くない。L5最速戦でサウンドトゥルーが出し切れた中前受けしてケイティブレイブと接戦の3着。というように非内枠&先行好位程度で砂を被らない&もまれない競馬ができればG1級でも全く足りないという馬ではないはずで、現状単勝オッズ100倍台複勝オッズは下限6倍後半というのはさすがに人気なさすぎ感。

△アポロケンタッキー
→妙味枠。崩れ気味のアメリカ血統というのは買いにくいがそれでも連闘などでここまで人気が落ちるのはどうか。スローバランスのほうがパフォーマンスの高い馬でダッシュが付けばそれなりの良い位置を確保できる並びでもあるので今回は展開が向く可能性も否めない。

買い目(対抗の馬体重が重いので変更しました)

◎‐〇▲☆馬連(傾斜つけて)

◎‐〇▲☆‐〇▲☆△三連単

中京9R 豊川特別 自信度2

◎リープフラウミルヒ

〇ゴールドハット

▲サトノマックス

☆ラルムドール

△2.3.4.15

買い目

◎〇▲ワイドボックス

◎‐〇▲‐〇▲☆△三連複(傾斜をつけて)

 

以上です!閲覧ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です