フェアリーS2019 血統考察

こんばんはボンカです!毎年大荒れのフェアリーステークスが今週末の1月12日に開催されます!3歳牝馬限定マイルとかそりゃ荒れるよねっていう。(笑)

さて、難しいレースですがなんとか血統から突破口を見つけていきたいものです!がんばっていきましょー!

目次

1.中山芝1600mの種牡馬別成績を分析

2.フェアリーステークスで強い血統について

1.中山芝1600mの種牡馬別成績を分析

まずは中山芝マイルの種牡馬成績から見てみましょう。

集計期間は2014から2018年の5年間。対象は良馬場~稍重馬場、全クラス。

この表からから読み取れるのは4つ(本当は他にもありますが今回の内容に関係するのは2つだけということです。)

①ネオユニヴァース系列の成績が良好ということ

→ネオユニヴァースは複勝回収率が低いものの単勝回収率は99%と合格ライン。ヴィクトワールピサは単複回収率がともに100%超えとかなりの好成績。出走馬も多いのにすごいですね!

②キングマンボ内包の種牡馬の成績が良いこと

→ルーラーシップ産駒もキングカメハメハ産駒も複勝回収率は100%超え。ロードカナロア産駒は人気しまくるので少し分けて考えます。

③ロードカナロアやディープインパクトなどの人気種牡馬の回収率は厳しいが複勝率は高水準で扱いにくいということ

→そのまんまです。期待値低いのに馬券にはそこそこ来ちゃいます。ただ今回はこれらの産駒は血統推奨馬の対象から外そうと思います。

次はOP特別以上を対象に集計したものです。

ここから読み取れるのは(母数が圧倒的に足りないので参考までに)

④重賞レベルになるとハーツクライ産駒とブラックタイド産駒の期待値が上がっているということ

⑤ディープインパクトの単回収率が超低水準ということ

特にディープ産駒に関しては中山マイルはやや苦手な成績となっていますね。それでもそこそこ馬券になっちゃいますけど。

次に行きます。

2.フェアリーステークスで強い血統について

ちょっと今回は色が多いのでそこのところはご勘弁を。

過去5年間の3着内馬の血統表をご覧ください。

ポイントは3つですね。

1.ネオユニヴァースの系列が好調

2.1に付随して4Lにダート系の血を持った馬が好調

3.キングマンボ内包馬も時折穴を出す

ネオユニヴァースはダート芝兼用のサンデーサイレンス系ということで2に関係のある話かなと。

ウォーエンブレムやらパイロ持ちが馬券になっているあたり年末のタフな馬場の影響は大きいと考えていいでしょうね。

さて、まとめていきます。

今回ネオユニヴァース系列が父である馬

アクアミラビリス

スカイシアター

ダート血統を4Lに持つ馬(ロードカナロア産駒とディープ産駒を除く。)

アクアミラビリス(父ヴィクトワールピサ)

アゴベイ(母父ストームキャット)

アマーティ(母母父フレンチデュピティ)

ウィンターリリー(父スウェプトオーヴァーボード)

スカイシアター(父ヴィクトワールピサ)

セントセシリア(母母父ジャイアンツコーズウェイ)

チェリーレッド(父ヴァーミリアン)

ブラックダンサー(母母父ジャイアンツコーズウェイ)

プリミエラムール(父ダンカーク)

メイプルガーデン(父ベルシャザール)

ラフェシリテ(母母父スーヴェニアコピー)

レディードリー(母母父デヒア)

キングマンボ内包馬(ロードカナロア産駒を除く)

アマーティ

エフティイーリス

サンタンデール

シトラスノキセキ

チェリーレッド

メイプルガーデン

ラフェシリテ

さて、以上の考察より血統ランキングを発表したいと思います。

1位の馬を血統推奨馬とします。

1位 C

→父が当レースと好相性。母はダート馬だが母産駒に芝G1馬がおり、その馬は中山で2-1-0-0。2歳年末から3歳年始にかけて中山マイルと1800で勝鞍があった中山巧者。父が若干重賞クラスではスケール不足なものの鞍上込みで楽しみな一頭。

2位 D


→父はダート血統で芝ではタフな馬場状態で穴を出す。母系には内枠特注の血。延長で追走が楽になって先手を取れれば。

3位 アマーティ

→父ルーラーシップは当コースで複勝回収率は上々でキングマンボ内包。母系にダート血統も持っておりパワーのある配合で中山替わりは良い。

以上です!閲覧ありがとうございました!

コメント