フローラステークス2019 血統考察

こんにちはボンカです!

今年に入ってからブログをさぼってばっかりでしたが今週はゴリゴリに記事を書きますw

G1が無い週に限ってめちゃくちゃ更新するっていうね。

次にG1は来週の天皇賞春なんですがメンツ見ました?

いやー…

これ、例年通りの高速馬場だったら微妙な馬結構いません??

ただ穴目が足りるかというと微妙ですので強気に穴から入るのも難しいかもしれませんが。

現状で軸はもうほぼ決まってるんですよね。複軸としては鉄板だと思います。また来週改めて記事を書きますが、人気馬で枠順と天候次第では疑う余地があると思っている馬を発表しときます。

シャケトラですね~。阪神大賞典の勝馬で、長期休養明け2連勝でここに臨む形で多分大人気になると思うんですが、天皇賞春向きの馬ではないと思っているんですよね。詳しい理由は来週書けたらなと思います。

さて、今日取り上げるのは日曜に東京競馬場で開催されるフローラステークス(G2)。

昨年はブログで取り上げた血統推奨馬のパイオニアバイオが13人気で連を確保したレース。今年もいい馬を推奨したいものです。

今週の他記事

福島牝馬ステークス血統考察

目次

1.東京2000m芝の種牡馬成績

2.フローラsで相性の良い血統とは

1.東京芝2000mの種牡馬成績

東京芝2000mということで、ディープインパクト産駒やハーツクライ産駒が好成績かと思いきや、これらの種牡馬は低回収率。特にハーツクライ産駒は単複共に30%前後と厳しい数字。ディープ産駒はこのコースでも複勝率が3割程度ありますので無下にはできないですが。

好走率が高いのはハービンジャーやルーラーシップなど大箱向きタイプの種牡馬。準OP以上に限った成績ではなくそれより下のクラスでもそれなりに走れている。

オルフェーヴルやロードカナロアに関しては準OP以上の出走頭数が少ないので、レベルの低い条件での成績で見るとオルフェーヴルは単勝回収率が優秀でアベレージもそこそこ。ロードカナロア産駒はいまいちな成績となっています。

【PR】ワールド

先週の皐月賞もワールドはしっかり的中!

重賞以外でも強いのが「ワールド」の特徴。

——–先週はこんな情報を公開していました——–
4/14(日)中山8R
1着ハーグリーブス(7人気)
2着シセイヒテン
3着シゲルベンガルトラ(6人気)
———————————-
[馬 連]6310円的中
[3連複]2万2180円的中 

スポーツ紙や専門紙にはまず載らない! こんな独占話を毎週お伝えしています! 

皐月賞当日となる日曜日は、昨日と同じ芝の1200mでも古馬のレースから。宗像厩舎の①シセイヒテンが「今週、この馬だけは信頼していいですよ」と強気です。ここまでの2勝はどちらもマイル戦なのですが、毎回引っ掛かりながら走るような馬で、「最近はまたそういう面が出てきた」ということで、今回は久々に1200mまで距離を短くしてきました。
前走にしても強敵の揃った1400m戦で、やはり掛かる面を見せながら4着。「このクラスも勝てる力は持っています。折り合って末脚を繰り出せばアッサリですよ」とスタッフは自信を持っていました。最内枠で岩田騎手、いかにも前進がありそうです。

↓詳しくは下記リンクから!無料で簡単に登録できます!↓

http://www.wkeibaw.net/?ad_code=p10116b

2.フローラsで相性の良い血統とは

フローラs過去10年間の好走馬の血統表を見てみましょう。

ポイントを簡単にまとめると

①キングマンボ持ちが走る。特に前半が遅くなればなるほど良い。

②ノーザンテースト持ちも走る。

今年の出走予定馬から逃げ馬候補を探してみると、

ウィクトーリア 前走逃げ 中1800m S2F(12.5-11.8)

ジョディ― 武藤騎乗時3/3逃げ 

ウィクトーリアは控えてもOKなタイプの馬ですし、先行勢も多くはないと思うのでフローラsらしいスローペースに今年もなりそう。

というわけで基本的には①のキングマンボ持ちを重視してみたいと思います。

該当馬

パッシングスルー

フェアリーポルカ

フォークテイル

というわけで今年はこの馬を重視してみたいと思います!

馬C (バナークリックでブログ紹介文に表示)


また、危険だと感じている人気馬を発表しておきます。

馬D


以上です!閲覧ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です