マイルCS2018 血統考察

こんばんはボンカです!エリザべス女王杯はカンタービレとクロコスミアの本命2択を大失敗。。。日曜は不発でした。リスグラシューは右回りでの反応の良さが薄れててよい脚を使っていましたね。血統考察のとおり距離自体は持つと書いたんですが、どうやら昨年は3走目がこたえた説が濃厚かな?いい馬ですね。陣営のみなさんや会員の皆さんおめでとうございます。うらやましい。(笑)福島記念では印2頭で3着1着。血統推奨馬のエアアンセムは1人気3着と最低限も最低限。

ノームコアカンタービレの不発3歳勢は様々な意見があるかもしれませんが3歳のレベルが低いわけでは無く4歳牝馬勢が強いという構図なのかもしれませんね。まだラップも何も見てないので何とも言えませんが。

とまあこんな感じで土日の収支はこんな感じでした!

土曜

日曜

とりあえずプラスで終了できたのでもっともっと攻める気持ちを忘れ無いように頑張りたいです。


マイルCS2018関連記事

マイルCS2018データ
→マイルCS2018最終予想

今週の他重賞
東スポ2歳ステークス2018血統考察
東スポ2歳ステークス2018最終予想


2018年度血統推奨馬成績

桜花賞(トーセンブレス7人気4着)→アーリントンカップ(エアアルマス5人気10着)→皐月賞(ジャンダルム4人気9着)→福島牝馬s(デンコウアンジュ4人気3着)→マイラーズカップ(サングレーザー4人気1着)→フローラs(パイオニアバイオ13人気2着)→青葉賞(スーパーフェザー1人気3着)→天皇賞春(チェスナットコート7人気5着)→ユーキャンスマイル(13人気6着)→NHKマイルカップ(パクスアメリカーナ4人気6着)→ヴィクトリアマイル(レッドアヴァンセ7人気3着、レーヌミノル9人気10着)→平安ステークス(クイーンマンボ3人気2着)→オークス(オールフォアラヴ5人気9着)→ダービー(ジェネラーレウーノ8人気16着)→目黒記念(ノーブルマーズ10人気2着)→鳴尾記念(ストレンジクウォーク10人気11着)→安田記念(アエロリット5人気2着、リアルスティール4人気15着)→マーメイドs(ルネイション8人気9着)→エプソムⅭ→(ベルキャニオン9人気6着、マイネルフロスト13人気9着)→函館ss(ワンスインナムーン2人気8着)→ユニコーンs(ルヴァンスレーヴ1人気1着)→宝塚記念(ダンビュライト5人気5着)→CBC賞(アレスバローズ4人気1着)→ラジオNKKEI賞(イエッツト3人気11着)→七夕賞(メドウラーク11人気1着、サーブルオール1人気4着)→プロキオンs(ドライヴナイト9人気13着)→函館記念(ヤマカツライデン回避)→函館2歳s(カルリーノ3人気3着)→中京記念(ロジクライ5人気2着)→アイビスサマーダッシュ(アクティブミノル14人気8着)→クイーンs(ツヅミモン5人気9着)→小倉記念(トリオンフ1人気1着)→レパードs(ショーム除外)→エルムs(リッカルド4人気6着)→関屋記念(ロードクエスト8人気5着)→北九州記念(トウショウピスト12人気13着)→札幌記念(サクラアンプルール7人気6着)→新潟2歳s(エルモンストロ5人気6着)→キーンランドカップ(キャンベルジュニア5人気4着)→札幌2歳s(アフランシール3人気5着)→小倉2歳s(セタブリアン4人気16着)→新潟記念(メートルダール6人気2着)→紫苑s(カレンシエリージョ9人気10着)→セントウルs(ラインスピリット9人気5着)→京成杯AH(ロードクエスト5人気4着)→ローズs(サトノワルキューレ1人気6着、ウラヌスチャーム6人気5着)→セントライト記念(ジェネラーレウーノ4人気1着)→オールカマー(ダンビュライト3人気3着)→神戸新聞杯(ステイフーリッシュ5人気5着)→シリウスs(なし)→スプリンターズs(レッツゴードンキ3人気5着)→サウジアラビアRC(アマーティ4人気3着)→毎日王冠(ケイアイノーテック4人気5着)→京都大賞典(なし)→府中牝馬s(カワキタエンカ8人気9着)→秋華賞(パイオニアバイオ9人気12着)→富士ステークス(レッドアヴァンセ5人気3着)→菊花賞(エタリオウ2人気2着)→スワンステークス(ヒルノデイバロー7人気11着)→アルテミスステークス(エールヴォア2人気3着)→天皇賞秋(サングレーザー4人気2着)→福島記念(エアアンセム1人気3着)→エリザベス女王杯(カンタービレ5人気6着)

着度数 6-8-9-42

平均人気 5.5人気

勝率   9.2%

連対率  20.6%

複勝率  35.1%

単複回収率 211%/120%


  • 目次
  1. マイルCSのラップ傾向~安田記念、ヴィクトリアマイルと比較して~
  2. 京都外マイルの種牡馬データ
  3. マイルCSで強い血統について

1マイルCSのラップ傾向~安田記念、ヴィクトリアマイルと比較して~

表にまとめましたのでご覧ください。

※集計期間は安田記念は2018~2008からジャスタウェイの勝った年の不良馬場開催を抜いた期間。VMは2018~2009年を集計。

マイルCSは京都外回りマイル条件。

同じマイルG1である安田記念やVMと比較してまず目につくのは前半4Fの遅さである。安田記念と比較すると一目瞭然で安田記念の前半4F平均が45.5であるのに対し、マイルCSは46.4と1秒近くも遅くなっている。その影響もあり勝時計が安田記念より遅くなりやすいし、ペースバランス的にもスローや平均に落ち着きやすい(安田記念は2012~2009年はすべてハイペース。)

ただし仕掛けどころには明確な傾向はみられず、展開次第といったところ。


2京都外マイルの種牡馬データ

新馬戦以外での京都外マイルの種牡馬別成績を見てみましょう。2018年から2008年までの良馬場~稍重馬場開催時のデータを集めました。

目立つのはハーツクライキングカメハメハ。ハーツクライは外回り向きの馬が多いので納得。キンカメは昨年のエアスピネルの2着や京都金杯勝ちなど母数が多いにもかかわらずこの成績なのでかなり相性は良いのでしょう。今年ハーツの仔ではロジクライが。キンカメの仔からはエアスピネルがスタンバイ。どちらもチャンスはありそう。

ディープ産駒はマイルCSの成績も3-2-3-26とまあまあ馬券にはなっておりダノンシャークが8人気で勝利していることもあり単勝回収率こそ84.4%とそこそこの数字を出せているが複勝回収率は60.2%と物足りないものになっている。今年はディープ産駒が非常に多く登録しており注目ですね。


3マイルCSで強い血統について

↓マイルCS過去10年3着内馬の血統表

↓安田記念の過去10年3着内馬の血統表

マイルCSの比較対象として安田記念の2017~2008年の3着内馬の血統表を引っ張り出してきました。これが結構違うんですよね。

ポイントをまとめると

マイルCSは安田記念に比べ父サンデー系が強い構造。(マイルCSは父サンデー系が過去10年で18頭馬券内。安田記念では10頭のみ。前半のペースが違うことが起因。)

マイルCSも安田記念も馬券になれた父サンデー系の母父はノーザンダンサー系というパターンが多い

というわけで、マイルCSでは父サンデー系を強調して考えてみたいと思います。

今年父がサンデー系の馬

アルアイン(ディープインパクト)
ウインブライト(ステイゴールド)
カツジ(ディープインパクト)
ケイアイノーテック(ディープインパクト)
ジュールポレール(ディープインパクト)
ミッキーグローリ―(ディープインパクト)
レーヌミノル(ダイワメジャー)
レッドアヴァンセ(ディープインパクト)
ロードクエスト(マツリダゴッホ)
ロジクライ(ハーツクライ)


以上の考察より今年はこの馬を血統推奨しておきます。

馬A 
→内枠特注の母を持っており兄弟もこのレースの覇者。母父ノーザンダンサー系をクリアする数少ない馬。母父が欧州系なのもマイルCSでは+。馬場が少し渋ればなおよいかも。

また、人気馬で相手として押さえておきたい馬を発表しておきます。

馬B 
→適性は随一でしょう。この馬も馬場が渋って上りがかかったほうがパフォーマンスの高い馬。ただ高速馬場でもやれないというわけでは無いし、地力上位。熱発明けでも最終追い次第では有力。

 

以上です!閲覧ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です