マーメイドs2018 血統考察

こんばんはボンカです!今日は少し急ぎでの更新です。

マーメイドsの血統考察をしていきます!!


過去の血統推奨馬一覧

桜花賞(トーセンブレス7人気4着)→アーリントンカップ(エアアルマス5人気10着)→皐月賞(ジャンダルム4人気9着)→福島牝馬s(デンコウアンジュ4人気3着)→マイラーズカップ(サングレーザー4人気1着)→フローラs(パイオニアバイオ13人気2着)→青葉賞(スーパーフェザー1人気3着)→天皇賞春(チェスナットコート7人気5着)→ユーキャンスマイル(13人気6着)→NHKマイルカップ(パクスアメリカーナ4人気6着)→ヴィクトリアマイル(レッドアヴァンセ7人気3着、レーヌミノル9人気10着)→平安ステークス(クイーンマンボ3人気2着)→オークス(オールフォアラヴ5人気9着)→ダービー(ジェネラーレウーノ8人気16着)→目黒記念(ノーブルマーズ10人気2着)→鳴尾記念(ストレンジクウォーク10人気11着)→安田記念(アエロリット5人気2着、リアルスティール4人気15着)

複勝率42% 複勝回収率185.2%


まずは過去10年の簡易血統表をご覧ください!!

今回お話しすることはたった1つです!これで突破できると思ってます。

・このレースで支配力のある血統。スタミナの権化について

 

・このレースで支配力のある血統。スタミナの権化について

この重賞において最も目立つ種牡馬を考えた時にパッと思いつくのはマンハッタンカフェです。

表を見ていただいたらかなり目立つと思います。過去10年馬券になった30頭中6頭つまり5分の1の割合を占めちゃうんですよね。

マンハッタンカフェの配合の特徴の一つのリボー持ち。マンカフェは天皇賞春を勝ってますが、天皇賞春はリボーがとても走る舞台なんですよね。

リボーと言えばスタミナの権化と呼ばれるような馬ですが、血統表の奥に入って底時からを出す役割を果たしているんですね。

話は逸れましたが、マンハッタンカフェ産駒が走る→ヨーロッパ血統も相性がよさげ→リボーいいんじゃね?という発想のもと過去10年の馬券になった馬の血統表を見た結果30頭中14頭がリボーを内包していました。

というわけで今回はリボー持ちを重視してみようと思います。

 

今年のリボー内包馬

マユキ

ミエノサクシード

ミリッサ

ルネイション

レイホーロマンス

ヴァフラーム

 

案外絞れましたね。

ここから何を推奨するかですが、現在日曜阪神の天気は雨。

更にもとよりヨーロッパ色が強い馬の相性がいい重賞。

というわけで今回はこの馬にしてみます!

馬D

→父は本来開幕終盤のタフな芝が得意で、荒れ馬場は血統的には問題なし。

母系はヨーロッパ色が強く、リボーも内包といろんな条件をクリア。

戦績的にはスローバランスのほうがいいので緩めの流れになれば面白いかも。

あとは単純に足りるかですね。頑張ってほしいです。

 

以上です!

最後にマーメイドsで巻き返しあるんじゃないかと感じている中穴も発表しておきます。

馬E
→好走条件が割とピンポイントな馬。外枠からゆったり前目に着ける且つできれば渋ったほうが良いという狭いストライクゾーンの持ち主でこのような馬は条件次第でさらっと復活もあり得るので要注意。後イメージ程渋らないとダメって感じもしないですねこのレベルなら。

 

 

閲覧ありがとうございました!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です