ユニコーンステークス2019 血統考察

こんにちはボンカです!

今回はダート路線の出世レース、ユニコーンsの血統考察記事を書きます。

ダート路線では3歳馬の選択肢が少ないのでここには世代トップが集まる構造。必然的に出世レースになっちゃいますよね。

今年の注目馬としては青竜sで1着2着だったデュ―プロセスとデアフルーグ。この2頭は3歳ダート路線のトップを走ってきた馬たち。さらには全日本2歳優駿勝ちのノーヴァレンダ、端午s勝ちのヴァニラアイスなども出走。非常に楽しみな一戦になりますね。

・今週の他の記事

函館ss2019血統考察

土曜予想

日曜予想

2019年度血統推奨馬一覧

中山金杯(ステイフーリッシュ7人気2着)→京都金杯(4人気6着)→フェアリーs(アクアミラビリス1人気5着)→日経新春杯(ムイトオブリガード2人気9着)→AJCC(ジェネラーレウーノ2人気4着)→東京新聞杯(レッドオルガ6人気2着)→クイーンカップ(ビーチサンバ2人気2着)→京都記念(ノーブルマーズ3人気9着)→フェブラリーs(サンライズソア6人気7着) →中山記念(ウインブライト5人気1着) →金鯱賞(アルアイン3人気5着)→高松宮記念(アレスバローズ7人気9着)→大阪杯(ペルシアンナイト3人気11着)→桜花賞(クロノジェネシス3人気3着)→福島牝馬s(デンコウアンジュ4人気1着)→マイラーズカップ(インディチャンプ2人気4着)→フローラs(パッシングスルー7人気4着) →天皇賞春(チェスナットコート10人気6着)→ヴィクトリアマイル(プリモシーン4人気2着) →オークス(ノーワン15人気18着)→葵s(マリアズハート7人気12着)→ダービー(ロジャーバローズ11人気1着) →安田記念(アエロリット3人気2着)

3-5-1-14 単複回収率 461.3%/113.9%

2018年度血統推奨馬成績 180%120%

目次

1.東京ダート1600mの種牡馬別成績を見る

2.ユニコーンsで評価すべき血統とは

1.東京ダート1600mの種牡馬別成績を見る

東京ダート1600mの種牡馬成績を見ていきましょう。

今回人気するであろうデュ―プロセスとノーヴァレンダはダイワメジャー産駒。東京ダートマイルはゴールドアリュールやゼンノロブロイなどサンデー系が走るコースではあるのですが、ダイワメジャー産駒は東京ダートマイルにおいて、1.2番人気より下の成績は最悪と言ってよいレベル。これは頭に入れておいたほうが良いでしょう。

シンボリクリスエス産駒は良よりは少し湿ったほうがよいので、土曜に降る雨がどの程度影響があるのかチェックしておいたほうが良さそう。

2. ユニコーンsで評価すべき血統とは

過去10年間の好走馬の血統表を見てみましょう。

好走血統を上げるなら

①ボールドルーラーの血。父、母父、母母父、父母父のどこかに持っているとよい。

②ヴァイスリージェントの血特にフレンチデュピティ。これも4Lに持っているとよい。

該当馬をまとめると

① ヴァイトブリック

② エルモンストロ.デアフルーグ.サディファレンス.ノーヴァレンダ.アシャカトブ

結論

さて、今年はこの馬を血統推奨馬に選びたいと思います!

馬C(バナークリックで当ブログ紹介文に表示!)


また、危険だと思っている人気馬を発表しておきます。

馬D


以上です!

閲覧ありがとうございました!

コメント