ユニコーンs2018 ラップ考察

こんばんはボンカです!

昨日は我が家の犬がシャンプーに行ってきました!

イヌらしからぬいい匂いで毎回シャンプー後は余計にかわいく見えます。(笑)

 


さて今日は今週東京競馬場で開催されますユニコーンsのラップ分析をしていきたいと思います!

まずは簡単な過去10年のラップ表をご覧ください!

・ユニコーンsの特徴

まずハッキリと言えることがペースに関してはかなり流れやすくよっぽど先行勢が不在とかでない限りペースバランス的にはハイペースとなってくるということです。それも少しハイペースかな~という程度では無く、2秒近いハイペースになることが殆どです。

ただハイペース=後方有利という図式は持ちすぎないほうが良くて

上り上位馬の成績はもちろんいいものの基本的には先行、差しの真ん中に着けられる馬でないと届かないし、逃げ切りも厳しいという結果が出ています。ですので狙い馬としてベターなのは前傾ラップの適性が高い前目で競馬できる馬もしくは中段に着けられて前傾ラップの中速い上がりを使える馬でしょう。追込みは少し厳しいと覚えておきましょう。

仕掛けどころと中盤に関しても特徴があり、中盤が緩みやすい重賞なんですね。

中盤が緩むということは前の馬はハイペースであっても息が入れられる=垂れにくくなるというのも先行勢が活躍している一つの要因かもしれませんね。

またこれは血統的な話ですが中盤が緩んだほうがサンデーサイレンス系にとってはいいんですね。中盤が明確に緩んだ2017、2014、2012、2011、2009年の勝馬はすべて父がサンデーサイレンス系でした。

これに関して詳しくは次回の記事まで取っておきます。

 

以上です!

閲覧ありがとうございました!!

現状での本命馬を発表しておきます!

馬Dクリックで表示です現在73位くらいです!

→単純に地力がある馬が勝つのがこのレースの特徴でもありまして、、これまで勝ってきた相手がかなり強くそれを簡単に破ってきたパフォーマンスはかなり秀逸。更には異なった馬場状態での勝利、前目で競馬できるレースセンスなどを評価しています。

血統に関して父産駒はオープンクラスではいまいちだが下級条件では東京ダート1600の特注血統。適性が高い下地があると思います。

 

 

良かったらクリックお願いします!!モチベーションの源!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です