ヴィクトリアマイル2018 ラップ考察

こんばんはボンカです!

ブログを移転して最初のG1なので気合入れていきたいところですね。

昨年は大荒れで2015年には三連単2000万円がついた荒れるG1で、ウォッカやブエナビスタが負けるいう意味合いでも超本命が崩れるレースであると言えますね。。。

こんな難解な重賞を攻略するためにまずはラップ考察から行っていきたいと思います!

まずは過去10年のラップを表にまとめましたのでご覧ください。

 

ヴィクトリアマイルのペースと仕掛けどころの傾向

ペースですが過去10年では平均が4回スローが3回ハイが3回ときれいに分かれて全体で前傾ラップになった年は4回というようにまずペースが読みにくいんですよね。

ただスローになった年には共通点がありまして、良馬場でも雨が残って若干時計がかかっていたり馬場が稍重であったりなど雨が影響した馬場であったことが共通しているんですね。

それ以外の時計が出やすい良馬場開催時はある程度ペースが流れており、高速馬場であれば予想の軸としては平均からハイペース想定でいいのではないかと思います。

また、今年は週中は雨が降りますが前日から晴れの予想ですので先週の馬場を見る限りは高速状態には入ってくるのではないでしょうか。

次に仕掛けどころの傾向ですが、L2最速が8度と偏っており、東京マイルなのでL3からある程度は分散しては来ますが、その中でも本仕掛けが遅いと言えますね。

なので最高速度の質が東京マイルにしては求められていますし、また後日記事を上げますが、血統にも少し影響を及ぼしていると考えています。

 

まとめ

ペースは高速馬場下であれば基本的に平均程度からハイまで

・仕掛けどころはL2最速率が高く最高速度の質が特に求められる。ただ、あくまでも直線は長いので持続力とある程度流れた場合の基本的なスピードも必要。

このブログが役に立ったと感じたらクリックお願いいたします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です