ヴィクトリアマイル2018 出走馬短評その1

おばんですボンカです!

唐突ですが、エルレガーデンが復活したみたいですね!!

昔からファンであるボンカとしてはとてもうれしい限りです。

長かったですね10年ですもんね。。。

車にアルバム全部入ってるくらい好きなんですよねw

 

さて、個人的にうれしいニュースの話は置いといて今日から3回に分けてヴィクトリアマイルの出走馬短評をしていきたいと思います。

また、新たな試みとして全馬の血統評価をしていきます。

評価方法は★★★、☆★★、☆☆★の三段階で表記し、黒星が多いほど評価が高いとします。

 

ではでは行ってみましょう~!!!

ヴィクトリアマイル2018関連記事

ヴィクトリアマイル2018ラップ考察

ヴィクトリアマイル2018血統考察

 

アドマイヤリード 血統☆★★

騎手 Mデムーロ 厩舎 須貝尚介

生産 NF 馬主 近藤利一

父ステイゴールド 母 べリアリュールⅡ

昨年のヴィクトリアマイル勝馬ですね。

昨年のヴィクトリアマイルではスローで中盤がある程度緩みL2最速を荒れ気味の内目から抜け出して勝利という形でした。

この馬は昨年のヴィクトリアマイル、阪神牝馬s、飛鳥sで荒れ馬場をこなしており、桜花賞は良馬場で5着でしたが一定の脚はつかっておりパワーのいる阪神芝であることから個人的には重馬場巧者かなと考えています

また、使える脚が非常に短いという明確な弱点があり、内枠で脚をためてレース全体の仕掛けが遅れた中で一足を使うという競馬を得意としており、クイーンカップの崩れ方を見ると恐らく前傾ラップもあまり得意ではないはず。

昨年のヴィクトリアマイルは前述の通りスロー+L2最速+荒れた内を各馬避けたためインが空いたというように完全にはまった形。

馬場が荒れないのであれば内はあそこまで空かないでしょうし、今年はカワキタエンカという平均以上に引き上げて逃げる馬やペースをある程度上げて基本的なスピードで勝負したいアエロリット(戸崎ですが)、前走逃げた為にかかるリスクを孕むミスパンテールなど平均以上になってくる要素が揃っていると感じておりこの馬にとっては向かい風であると考えています。

今年も内目が欲しいですね。

 

 

エテルナミノル 血統☆☆★

騎手 四位 厩舎 本田優

生産 藤原ファーム 馬主 吉岡實

父 エンパイアメーカー 母ダイワジェラート

重馬場巧者ですね。良馬場マイルだと忙しいと思います。

出足が付かないため渋滞する内よりは外目のほうが良さそうですね。

特殊条件で穴を空ける馬ですが今回はその条件にはならなさそうですね。

 

 

ソウルスターリング 血統☆☆★

騎手 ルメール 厩舎 藤沢和雄

生産 社台ファーム 馬主 社台レースホース

精神面の問題じゃないかなと感じてしまいます。

メイショウマンボを思い出しますね。

前走があまりにもふがいないですし、天皇賞秋で不良馬場の中6着まで来ておりある程度やれてしまっているのが気になりますね。

マカヒキが4着に来ていたのも凱旋門仕様の賜物と言っていいのでしょうか、重い芝の適性をがっつり問われたレース質になっていましたし、個人的にはソウルスターリングも年齢を重ね血統が出てきたかなと思います。

今回は消しますが腐ってもG1馬ですしメンツ落ちの重馬場条件が合ったら買ってみたいと思います。

 

 

ラビットラン 血統☆★★(ハイペース~平均のみ)

騎手 川田 厩舎 角居勝彦

生産 Alexander Groves Mats LLC  馬主 吉田和子

父 Tapit 母 Ameria

ゴリゴリのダート血統ですね。Tapitが芝重賞を勝ったのは衝撃でした。

この馬の好走歴はローズs勝ちと秋華賞4着ですがどっちもペースは平均以上でしたしカワキタエンカがいたレースなんですね。

今回も人気薄ですが血統と好走したレースのラップに整合性があるのでペースが上がりきる展開になったら面白いと思いますね。

人気薄なので不安要素はあまり意識したくはないですが高速馬場になったときについていけるかどうかは微妙ですね。

ゲートが悪いので中枠から外のほうがいいかもしれません。

 

リスグラシュー 血統☆★★

騎手 武豊 厩舎 矢作芳人

生産 NF 馬主 キャロットファーム

父 ハーツクライ 母 リリサイド

前走の負けは完全にトライアル競馬をして前が圧倒的に有利だった分の負けで全く気にする必要がないと思いますね。

ペースに対する要求があまりない馬で特別弱点らしい弱点はないイメージですね。東京替わりもいいですし。

不安があるとすれば持ち時計かなーという印象ですね。

ほんの気持ち全体的な配合として重いかなという印象ですし。

ただ地力の面ではメンバー随一だと考えていますし大崩れする姿も考えにくいですね。

 

 

レッドアヴァンセ 血統★★★

騎手 北村友一 厩舎 音無秀孝

生産 NF 馬主 東京ホースレーシング

父 ディープインパクト 母 エリモピクシー

平坦巧者ですが前々走のフロンテアクイーン戦は価値のあると感じますね。

血統はクラレントやレッドオルガ、先週のレッドヴェイロンなど東京のG1で好走するような馬を輩出する名牝エリモピクシーであり、東京へのコース替わりはよさそうですね。

坂は課題ですがこの人気なら楽しみのほうが大きいですね。

 

以上です!

閲覧ありがとうございました!

この記事が役に立った面白かったという方はクリックお願いします!


 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です