ヴィクトリアマイル2018 回顧

こんばんはボンカです!
ヴィクトリアマイルはこんな感じのレースになりました。

馬場‐稍重

12.4-11.3-11.5-11.6-11.5-11.1-11.2-11.7  1:32.3 (35.2-34.1) (46.8‐45.6)

1着 ジュールポレール △

2着リスグラシュー ▲

3着レッドアヴァンセ ☆

4着アエロリット 〇

5着ミスパンテール 消

10着レーヌミノル ◎

ラップ考察の記事でも書いたとおり「稍重になると例年ペースが緩くなる傾向」と書きましたがその通りのペースに。

ただ今年は稍重と言っても前日の時点で超高速馬場。

勝時計が示す通り、スローペースにも関わらず速い決着でしたね。かなりの高速馬場でしょう。

ヴィクトリアマイルではハイペースで前の馬が台頭し、スローペースになると後ろの馬が活躍するのですがその通りの結果に。

今年に関してはスローペースで一見やや前有利に感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、

前半が速くなかった→中盤で息が入らない→後半はL3L2で11.1-11.2と早いラップ

というように前半を楽できたぶん中団以下の馬の脚が残っていた印象で、やや後ろ有利の展開だったと考えていいと感じています。

実際レースを見ているとアエロリットやレーヌミノルがピタッと止まった感じではないんですよね。

相対的に見て差し馬の脚が溜まっていた感じで差し勢に残り100m過ぎで飲み込まれていきました。

何が変わったかをじっくり考えると馬場は前日段階から変化していないのですが騎手の意識の問題かなという感じでした。

来年以降にも使える話はあるかもしれませんので覚えておきたいです。

 

◎レーヌミノルは血統推奨馬で、いい競馬をしてくれました。前に付けて内をついたのも枠的に最良の選択でしたし、中盤中だるみができなかったのも追い風でした。まず血統は高速馬場も悪くなさそうただ戦歴的に高速馬場△という前提があり、ペースが上がりきる+中だるみが発生しない+内枠が好走条件と好走条件は満たせる可能性が今回あったので、高速馬場への対応がどうかという一点と人気のリスクとリターンを考えて本命にしたのですが、前3Fが少し緩すぎましたし、やはり少し勝時計が速すぎましたね。

ただ思ったよりピタッと止まったという感じはしませんでしたし、相手落ちor34秒台より時計がかかる馬場&ペースが流れそうな馬場では今後も警戒しておくべきでしょうね。まだ終わった馬という感じはしませんね。

 

〇アエロリットもレーヌミノルと敗因は近いものがあり、結局前半の入りが遅すぎて後続の脚が削げなかったために後半勝負で分が悪かったのが主因でしょう。ただその中でも0.1秒差で4着に粘った通り中盤あまり息を入れられてないにも関わらずかなりやれているので上位の馬とは前傾ペースになったとたん逆転できると思いますね。

騎手は責められないですよこれは。テン乗りで稍重発表の馬場でもっとペースを引き上げろというのは無理でしょう。テン乗りですし、そもそもこの馬自体もともとソラを使うような難しい馬ですので。

個人的には安田記念のほうが合うとは思いますけどね。。。

 

▲リスグラシューは東京が合ってますね。あとは馬が成長してるのもあるかな?

個人的に驚いたのが瞬発力。ジュールポレールの後ろでかなりいい反応を見せてくれましたし、ハーツクライ産駒らしく左のほうがいいかもしれませんね。また速い時計へも簡単に対応してきましたね。

エリザベス女王杯や有馬記念では馬券になれない気がしますが、来年以降の左回りマイル特に牝馬限定や前哨戦では結構信頼に足る馬だと思います。地力は高いです。

引き続き課題はペースが上がり切ったときにどうなるかですね。適性を見せてくれていませんし、ハーツなんで微妙な気もしますし、そのようなペースになりそうなときは疑ってかかりたいですね。

 

☆レッドアヴァンセは血統推奨馬でした。エリモピクシーすっげえ、、、って感じですw

割と平均でも行けるかなとは思ってましたし、前傾ペースになってもそれは同じ感想で。

東京替わりが効いた感じもありますが、ポジションが良かったですね。坂もある程度克服したのかな??

現状ではスローが合っている感じですがクラレントやレッドヴェイロンの件もありますし、平均以上もしくはハイペースになってもある程度やれる可能性は秘めてますので注意ですね。(クラレント比較ではこちらのほうが軽い馬なので瞬発戦のほうがという感じですが。)

あとは今回調教が良かったというのは覚えておきたいですね。

 

△ジュールポレールはスローなら枠的にもチャンスが出てきましたね。。

まずはおめでとうと言いたいです。いい競馬でした。

デンコウアンジュがダメ、アドマイヤリードがダメ、この馬OKだった理由は

アドマイヤは簡単です。府中替わりとスローは良かったと思いますがL3最速になったことで使える脚が限定的な馬なので内に入れてデムーロもある程度我慢していましたが我慢している間に位置が相対的に下がってしまい万事休す。

デンコウアンジュは少し難しいですが旧ブログでも多分書きましたがスローがいい馬ですし、そこもよかったのですが中盤緩まなかったことが原因ですかね。また枠も少し外過ぎた感はありましたね。

ジュールポレールはスローがまずよかった。追切もよかったですし、何より昨年馬券になった馬になかで一番L3最速に対応できる馬だったというのが大きいかなという印象ですね。

個人的に驚いたのが最高速度の持続力ですね。恐らく状態は良かったのですがレッドアヴァンセを差し切るまでとは。。。

東京がベストですね。もう5歳ですし最初で最後のG1勝ちでしょうが素晴らしい競馬でした。

ハイぺになるとよくないかもですね。

 

消アドマイヤリードは敗因ははっきりしていますね。ジュールポレールの項で書きました。

一番変わり身があるとすればこの馬でしょうか。内枠+スローペース+L2戦で変わりそうですね。

もちろん内はリスクも多い枠ですし人気と相談の側面もありますが。

はまったらG1を勝てるような馬です。

 

△デンコウアンジュは中だるみがなかったことに尽きますかね。

この馬も変われる可能性はもちろん秘めており、スローペース+外目の枠+中だるみ+L2最速が一番ハマると思います。

相手関係によっては前走福島牝馬sのように分散してもやれるかもしれませんが、相手が強いときは好走条件が全部ハマらないと厳しいかもしれません。

 

消ミスパンテールは位置取りですね。

ただ騎手は悪くないでしょう。レース前にダイワメジャーっぽくないと書きましたが本当にそうですw

スローからの瞬発戦なら牝馬G1馬券内もありえますね。ただトップクラスにはまだ足りてない印象で、レッドアヴァンセと同レベルだと考えています。

 

△レッツゴードンキは難しいですがペースかなと思います。

もう少しスプリント性の高いレースなら好走できた可能性もありますが、今回はそれよりも中距離性が高いレースだったかなという印象です。

来年は7歳。今年のスプリンターズsがラストチャンスですね。

枠と馬場、相手関係次第では1600もやれると思います。

 

以上です!!

さて、今週行われるオークスの注目馬を発表しておきたいと思います!

馬Aクリックで表示です現在160位くらいです

理由Bクリックで表示です現在80位くらいです!

 

閲覧ありがとうございました!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です