京成杯2019 最終予想

こんにちはボンカでございます!

京成杯2019の予想ができましたので更新しておきます。

中山11R 京成杯2019 自信度3

→前走の敗因として挙げられるのは思うのは直線で狭くなるシーンがあったことやペース自体もそれなりに流れたことでしょう。スムーズならもう少し詰めれたと思うので。

新馬戦では瞬間的な反応の良さを見せているのでスローからの瞬発戦になってもよいと思うし父は京成杯で強い。

不安点としては血統を総合的にも見た時にやや東京>中山っぽい点と前走コーナリングが良くなかったところはあるのでそこを克服できるか。展開次第では逆転アリと見ます。


→前走の末脚は圧巻ですしここにきても素材で劣らないでしょう。また父産駒は中山で相性は悪くないですしタフ気味の馬場でパフォーマンスを上げてきやすいですし時計が落ち着いている今の芝はプラスになる可能性もあると思う。

ただ葉牡丹賞時の馬場は高速の部類でそこで結果を出してきたのでスロー+標準馬場替わりや単に標準馬場替わりでどうかという点と人気を考えて少し落としました。右にもたれるシーンもありましたしね。

▲ナイママ

→前走の東スポ杯2歳ステークスは初の左回り&大箱&高速馬場&差し競馬で大崩れしたがご存知の通りこのレースの前受け組からはクリノガウディ―が朝日杯で2着激。ナイママは東スポ杯でクリノガウディ―より圧倒的に足りないパフォーマンスでしたがそれは上記の条件替わりが合わなかったと考えてもよいと思います。

血統的には父がタフ馬場でG1好走歴のあるダノンバラード。母系には京成杯で好相性のロベルト系ブライアンズタイムやヌレイエフを内包しておりタフ馬場は大歓迎のクチでしょう。

条件がある程度揃うここは買いの穴と見ます。

☆カテドラル

△1.2.7.11.12

買い目

◎〇▲ 馬連ボックス

◎〇▲ 三連複1点

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です