京都牝馬ステークス2019 血統考察

こんばんはボンカです今日は京都牝馬sの血統考察をやっていきたいと思います。

昨年はミスパンテールが優勝しましたが今年のメンツは粒ぞろいでなかなかの混戦模様。どの馬が台頭するのか楽しみですね。

目次

1.京都1400m芝外の種牡馬データ過去10年分を見る

2.京都牝馬s過去3年間の少ないデータから考える

1.京都1400m芝外の種牡馬データ過去10年分を見る

京都1400m芝外の種牡馬別成績をクラスや馬場状態を分類してみていきましょう。

クラス問わず良馬場~稍重馬場だとこのような成績になります。

ディープ産駒はそこそこ馬券になるものの回収率ベースではいまいち。今回は人気になりそうなアル―シャとワンカラットがディープ産駒。また、穴人気しそうなエイシンティンクルやディメンシオンもディープ産駒とですのでこのことは覚えておきたいですね。京都牝馬sの馬場は冬でタフな面もあるのでそこもマイナスか。

全体的にパワーのあるサンデー系やクロフネ、キングカメハメハなどダートでもやれるパワー型の種牡馬が好調。非根幹距離が得意なマンハッタンカフェは特に回収率が優秀ですね。

一応重馬場~不良馬場のデータも載せておきます。母数は少ないので参考程度に。


ラストはクラスを準OP以上に絞ります。対象馬場は全馬場。

ピンクラインの種牡馬は高回収率。黄色ラインは準高回収率。

クロフネ産駒とキングカメハメハ産駒が優秀ですね。ディープ産駒も全クラス対象の物よりは数値が伸びます。

2.京都牝馬s過去3年間の少ないデータから考える

京都牝馬sが現条件になってから3年しか経過しておらずデータはこれだけしかないです。

その中でも無理やりにでもポイントを作るなら

①父マンハッタンカフェが強い。非根幹の鬼。

②ペース遅くサンデー系優位。キンカメも悪くない。

③母系に欧州系ノーザンダンサーの重めの血が入っているとよい

④ロベルト系も活きるレース

該当馬を当てはめると

①デアレガーロ.ハーレムライン

③アマルフィコースト.カラクレナイ.ディメンシオン.ベルーガ

④なし

以上の考察より血統ランキングを1位から3位まで発表します。

1位の馬が血統推奨馬とします。

1位 C

2位 D


3位 リバティハイツ

以上です!閲覧ありがとうございました!

コメント