京都金杯2019 血統考察

こんばんはボンカでございます!

いよいよ明日に迫った競馬ファン年始の恒例行事東西金杯!今回は西の金杯にあたる京都金杯の血統考察をやっていきたいと思います。

今年はなかなかの好きメンバーがそろった京都金杯ですが年が始まって初の重賞を制覇するのはどの馬なのか!楽しみですね~。

個人的にはパクスアメリカーナに注目。NHKマイルカップで見せた幼さがどれくらい成長しているのか楽しみ。

すでに枠順は決まっておりますので載せておきます。

目次

1.京都マイルの種牡馬別成績を条件に分けておさらい

2.第一回京都開催は内枠超有利バイアスが年間で一番色濃いことについて

3.京都金杯で持っていると熱い血統について

1.京都マイルの種牡馬別成績を条件に分けておさらい

まずは京都マイル過去5年間における種牡馬別成績を見ていきましょう。

集計条件は全クラス対象&良馬場~稍重馬場。

次はOP以上に絞ったものです。種牡馬も今回産駒が出走予定のある馬に絞りました。

全クラス対象のレースでもOP以上でも圧倒的に存在感があるのはスクリーンヒーロー産駒。今回出走するグァンチャーレ自身も京都で好走歴がありモーリスなども京都マイルG1で勝利がある。今回出走するのはグァンチャーレ、ゴールドサーベラス。

他にはハービンジャー産駒はOP特別以上に限れば単複回収率ともに優秀。今回はヒーズインラブが出走しますが当馬は中山マイル重賞勝ち。

ハーツクライ産駒は一発がありますね。単勝回収率が160%超え。ディープ産駒は人気しやすい種牡馬ですので回収率こそそこそこですが複勝率は30%超え。

また、全クラス対象の重馬場~不良馬場集計ではこのような成績になります。

2. 第一回京都開催は内枠有利バイアスが年間で一番色濃いことについて

データをドン!

過去10年間の京都金杯の馬番データ。

第一回京都開催は年間で一番内有利バイアスが発生しやすい条件。

データを見てみても圧倒的に馬番9以内が強いということで馬番10以降は過去10年で未勝利となっています。血統だけでは少し絞りにくいので今回はこの枠番データも重視しようと思います。

馬番9以内の馬

ストーミーシ―

サラキア

カツジ

グァンチャーレ

バリス

アドマイヤアルバ

ミエノサクシード

ヒーズインラブ

スマートオーディン

3. 京都金杯で持っていると熱い血統について

過去5年間の京都金杯3着内馬の血統表をご覧ください。

※クルーガーもニジンスキー系内包馬です。抜けてますね。

要点だけ言うと

・ニジンスキー系内包馬が強い

・ダンジグ内包馬にも注意

特にダンジグ系は同じ舞台同じ開催中に行われるシンザン記念でも強いので覚えておきたいですね。

今年ニジンスキーを内包している馬

ストーミーシー

サラキア

グァンチャーレ

今年ダンジグを内包している馬

サラキア

グァンチャーレ

ミエノサクシード

ヒーズインラブ

ゴールドサーベラス

マイスタイル

ロードクエスト

さて、以上の考察で終了です。

血統ランキングを1から3位まで発表しておきます。

1位の馬を血統推奨馬とします。

1位 C

→父は京都マイルで好成績。当馬自身も京都で良績あり。母系にニジンスキー、父系にダンジグを抱えているのも好感。好枠を生かして立ち回ればチャンス。

2位 D


→母系にデインヒル、さらにはセクレタリアトを持っており全体的に柔らかい配合で京都金杯の相性は悪くなさそう。

3位 サラキア

→ゲートが下手なのがかなり気がかり。内前有利レースになりやすい京都金杯ではインはある程度渋滞するのでタイプ的にはこの枠は微妙。ただ、父ディープ、母系にニジンスキーとデインヒル持ちで相性は悪くなさそう。短縮も悪くない。


以上です!

えつらんありがとうございました!

コメント