京都2歳ステークス2018 血統考察

こんばんはボンカです。

頭数が揃わず毎年さみしいレースになっている京都2歳ステークスですが今年も9頭立てでさみしい開催となっています。

あまりやる気はわかないですがこのレースは馬券になる馬の血統が偏っているので書いておきます!しかも簡単!


ジャパンカップ2018関連記事
ジャパンカップ2018血統考察
ジャパンカップ2018データ
ジャパンカップ2018出走馬短評1
ジャパンカップ2018出走馬短評2
ジャパンカップ2018出走馬短評3
ジャパンカップ2018最終予想
今週のその他の重賞
京都2歳ステークス最終予想
京阪杯2018血統考察
京阪杯2018最終予想


  • 目次
  1. 京都2歳ステークスで強い血統について
  2. 京都2000mの2歳の種牡馬データ

1京都2歳ステークスで強い血統について

京都2歳ステークスではハーツクライ産駒もといトニービン持ちがとにかくよく走ります。昨年はハーツクライ産駒のワンツー。2014年はハーツクライ産駒の2桁オッズ馬が1着3着。関連性のある所ではトニービンと系統のグレイソヴリン系コジーンを持ったケイティクレバーが昨年3着に来てたりしますね。

まず京都2歳ステークスで強調しておきたい血としては「トニービン」を挙げておきます。

今年トニービンを内包している馬

スズカカナロア
ペルソナデザイン
ブレイキングドーン

また、「ロベルト系」にも注目してみていいかもしれません。

過去にはトニービンもちですが2014年にベルラップが6人気1着でこの馬は母父シンボリクリスエス。2016年の3着ベストアプローチはシルバーホーク内包。

種牡馬を見た感じ馬力も要求されているように感じますし、ロベルト系は悪くないかなと思います。

今年ロベルト系を内包している馬

クラージュゲリエ


2京都2000mの2歳戦の種牡馬データ

オマケでこちらも貼っておきます。


さて、以上の内容から今年はこの馬を血統推奨しておきます!

馬G 

以上です!閲覧ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です