先週の結果とクイーンs2018 血統考察~フォルリライン劇場~

こんにちはボンカでございます。

先週馬券はこんな感じになりました。

両重賞とも軸馬は馬券内に来てるんですが抜けましたね相手が。

特に函館2歳sは◎カルリーノに結構自信があっただけに公開した買い目から変更して購入したのがド裏目に。夏競馬はもともと苦手ですがそろそろ当てんといかんですね。血統推奨馬が来てるだけに感触的には悪くないんですが。。。

 

さて今週から札幌、新潟が開催ですね!まずはクイーンカップから血統考察をやっていこうと思います!

いつも通り血統表を用意しましたのでご覧ください!


過去の血統推奨馬一覧 ※先週までかなり計算ミスってました。着度数が良化しました

桜花賞(トーセンブレス7人気4着)→アーリントンカップ(エアアルマス5人気10着)→皐月賞(ジャンダルム4人気9着)→福島牝馬s(デンコウアンジュ4人気3着)→マイラーズカップ(サングレーザー4人気1着)→フローラs(パイオニアバイオ13人気2着)→青葉賞(スーパーフェザー1人気3着)→天皇賞春(チェスナットコート7人気5着)→ユーキャンスマイル(13人気6着)→NHKマイルカップ(パクスアメリカーナ4人気6着)→ヴィクトリアマイル(レッドアヴァンセ7人気3着、レーヌミノル9人気10着)→平安ステークス(クイーンマンボ3人気2着)→オークス(オールフォアラヴ5人気9着)→ダービー(ジェネラーレウーノ8人気16着)→目黒記念(ノーブルマーズ10人気2着)→鳴尾記念(ストレンジクウォーク10人気11着)→安田記念(アエロリット5人気2着、リアルスティール4人気15着)→マーメイドs(ルネイション8人気9着)→エプソムⅭ→(ベルキャニオン9人気6着、マイネルフロスト13人気9着)→函館ss(ワンスインナムーン2人気8着)→ユニコーンs(ルヴァンスレーヴ1人気1着)→宝塚記念(ダンビュライト5人気5着)→CBC賞(アレスバローズ4人気1着)→ラジオNKKEI賞(イエッツト3人気11着)→七夕賞(メドウラーク11人気1着、サーブルオール1人気4着)→プロキオンs(ドライヴナイト9人気13着)→函館記念(ヤマカツライデン回避)→函館2歳s(カルリーノ3人気3着)→中京記念(ロジクライ5人気2着)

推奨馬平均人気 6.4人気

着度数 4-5-4-19

勝率  12.5%

連対率 28.1%

複勝率 40.6%

単勝回収率 371.8%

複勝回収率 178.1%


今回お話ししたいことは3つです。

①クイーンsのラップと脚質傾向

②フォルリラインが効く重賞

③ニジンスキーも存在感あり

 

 

①クイーンsのラップと脚質の傾向

まずはクイーンカップのラップと脚質の傾向をまとめておきます。

ラップ

・ペースは毎年まちまちになりやすい。若干スロー寄りが多い程度。出走馬と要相談。

・基本的にはL2最速が多いが急加速を求められる割合は低く、どちらかと言えば持続力向きのレース質になりやすい。

・上りがある程度かかる

脚質

・基本的に前有利。差し追い込みは3着が多い。

 

②フォルリラインが効く重賞

さて、そんなクイーンカップですがキングマンボ持ちがそこそこいいんですね。

特別キングマンボバイアスが効きやすいと認識しているの札幌芝ですが、クイーンsではキングマンボの解釈をすこし捻れば近年はほぼ毎年馬券になっています。

ちょっと血統をかじった方ならすぐにわかることですがヌレイエフこれをキングマンボは持っているんです。

ヌレイエフは上りのかかる競馬が得意な血統で、クイーンカップの傾向とヌレイエフの血統的な特徴の整合性が獲れていますし信頼できる結果なのかなと思います。

ヌレイエフ持ちは過去10年でも父ジャングルポケットの2頭をはじめ10頭馬券になっていますしまず相性が良いでしょうということと、また少し解釈を広げてコスモネンシンがサドラーズウェルズ系持ちで10番人気で馬券になっていることからもヌレイエフやフェアリーキング、サドラーズウェルズなどのフォルリ一族はこのレースに効いていると考えることもできるはずですので今回はフォルリ一族持ちを重視してみたいと思います。

今年フォルリ一族を内包している馬

ソウルスターリング(父フランケル)

ティーエスクライ(母母父ジェイドロバリー)

ディアドラ(母母母父ヌレイエフ)

トーセンビクトリー(父キングカメハメハ)

ハッピーユニバンス(父ジャングルポケット)

フロンテアクイーン(父メイショウサムソン)

リバティハイツ(父キングカメハメハ)

んーちょっと多いですね。もうすこし絞りたかった。

 

③ニジンスキーも存在感あり

さて他にはニジンスキーもかなり効いている印象。どちらかと言えば馬場改修前のほうが存在感はありましたが近年でもダンツキャンサーやメイショウスザンナなどが穴を空けているため影響力はさほど衰えていないと思いますしね。

今年ニジンスキーを4Lに内包している馬

ツヅミモン(母母父カーリアン)

リバティハイツ(母母父SuaveDancer )

 

 

以上の内容から推奨馬を出したいのですが、今回は少し攻めてみようと思います。

馬A

→大型馬の休み明け、汚れた馬柱で今回はメンツ的にも人気しなさそうですが血統はカーリアンをはじめニジンスキーがかなりきついクロスとして入っており父系も札幌でそこそこのシンボリクリスエス系と血統面は悪くない。

また、開幕週の馬場において前に着けられるのは大きな強みであるためその開幕週の高速馬場さえこなせれば地力的にもそこそこですし面白いかもですね。

 

後は現状で軸に最適かなと感じている馬を発表しておきます。

馬B

→シンプルに。海外帰りや近走不振の牝馬が人気なわけですし牝馬G3では威張れる戦績の持ち主でしょう。

 

以上です!閲覧ありがとうございました!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です