先週の結果とサウジアラビアRC2018 血統考察

こんばんはボンカです!

阪神代替競馬は今日までスライド。陣営の方々も馬たちもお疲れ様ですね。

今日の代替競馬と先週の馬券の結果はこんな感じでした!

代替競馬は阪神9Rで的中したお金をそのまんま阪神10Rブラッククローバーに全部入れたら出遅れちゃいましたね!死亡です!(笑)

スプリンターズステークスはラッキーバブルズが故障しちゃったのでどうしようもありませんでしたが、ファインニードルを見る位置を取れてたので最後まで走れたらどうだったのか見てみたかったですね。台風による降雨も遅れて決着が8秒台前半になったので厳しかったかもしれませんが。。

来週から東京と京都開催ですがまた3日間開催とまあ記事を書くのが大変(笑)

気合入れて書いていきますわー!


サウジアラビアRC2018関連記事

→サウジアラビアRC最終予想

今週の他重賞

毎日王冠2018血統考察

→京都大賞典2018血統考察

→毎日王冠2018最終予想

→京都大賞典2018最終予想


2018年度血統推奨馬成績

桜花賞(トーセンブレス7人気4着)→アーリントンカップ(エアアルマス5人気10着)→皐月賞(ジャンダルム4人気9着)→福島牝馬s(デンコウアンジュ4人気3着)→マイラーズカップ(サングレーザー4人気1着)→フローラs(パイオニアバイオ13人気2着)→青葉賞(スーパーフェザー1人気3着)→天皇賞春(チェスナットコート7人気5着)→ユーキャンスマイル(13人気6着)→NHKマイルカップ(パクスアメリカーナ4人気6着)→ヴィクトリアマイル(レッドアヴァンセ7人気3着、レーヌミノル9人気10着)→平安ステークス(クイーンマンボ3人気2着)→オークス(オールフォアラヴ5人気9着)→ダービー(ジェネラーレウーノ8人気16着)→目黒記念(ノーブルマーズ10人気2着)→鳴尾記念(ストレンジクウォーク10人気11着)→安田記念(アエロリット5人気2着、リアルスティール4人気15着)→マーメイドs(ルネイション8人気9着)→エプソムⅭ→(ベルキャニオン9人気6着、マイネルフロスト13人気9着)→函館ss(ワンスインナムーン2人気8着)→ユニコーンs(ルヴァンスレーヴ1人気1着)→宝塚記念(ダンビュライト5人気5着)→CBC賞(アレスバローズ4人気1着)→ラジオNKKEI賞(イエッツト3人気11着)→七夕賞(メドウラーク11人気1着、サーブルオール1人気4着)→プロキオンs(ドライヴナイト9人気13着)→函館記念(ヤマカツライデン回避)→函館2歳s(カルリーノ3人気3着)→中京記念(ロジクライ5人気2着)→アイビスサマーダッシュ(アクティブミノル14人気8着)→クイーンs(ツヅミモン5人気9着)→小倉記念(トリオンフ1人気1着)→レパードs(ショーム除外)→エルムs(リッカルド4人気6着)→関屋記念(ロードクエスト8人気5着)→北九州記念(トウショウピスト12人気13着)→札幌記念(サクラアンプルール7人気6着)→新潟2歳s(エルモンストロ5人気6着)→キーンランドカップ(キャンベルジュニア5人気4着)→札幌2歳s(アフランシール3人気5着)→小倉2歳s(セタブリアン4人気16着)→新潟記念(メートルダール6人気2着)→紫苑s(カレンシエリージョ9人気10着)→セントウルs(ラインスピリット9人気5着)→京成杯AH(ロードクエスト5人気4着)→ローズs(サトノワルキューレ1人気6着、ウラヌスチャーム6人気5着)→セントライト記念(ジェネラーレウーノ4人気1着)→オールカマー(ダンビュライト3人気3着)→神戸新聞杯(ステイフーリッシュ5人気5着)→シリウスs(なし)→スプリンターズs(レッツゴードンキ3人気5着)

着度数 6‐6‐5‐37

推奨馬平均人気 5.9番人気

勝率  11.3%

連対率 22.6%

複勝率 32%

単勝回収率 244.5%  

複勝回収率 118.6%


まずは血統表から。


目次

①サウジアラビアRC のラップと脚質の傾向

②2歳戦に強い血統は買わないといけない!

③目立つのはダート質な血統ということについて


①サウジアラビアRCのラップと脚質の傾向

‣ラップ

2016年のブレスジャーニーが勝った時以外はいちょうステークス時代の2014年を含めて前傾ラップで平均ペースの範囲内。2歳戦とはいえ度しっかりとマイルらしいレースとなっている。

注目したいのは仕掛けどころで2016年以外でL3地点が最速となり、11秒台中盤の脚を連続する形を求められている。最高速度の質とともに持続力を求められる。

 

‣脚質

差し、好位、先行勢が中心。位置取りが後方になる馬や逃げた馬は少し厳しい。

4コーナー通過時に9番手以内には位置を取っておきたい。

‣まとめ

→前傾ラップになりやすい。基本的な追走力と直線での持続力が重要なステータス。

→仕掛けがL3最速の比率が高い。

→差し好位先行勢が優勢。逃げ追込みなど極端な脚質は厳しい。

 

②2歳戦に強い血統は買わないといけない!

さて、二歳の早期ではやはり完成が早かったりスケールが大きい種牡馬を父に持つ馬をシンプルに買っていくことが重要。

今回出走するメンバーで早い時期から活躍が見込める種牡馬を父に持つ馬を上げてみましょう。

該当馬

アマーティ(ルーラーシップ)

グランアレグリア(ディープインパクト)

ドラウプニル(ルーラーシップ)

※ノヴェリストやヴィクトワールピサは新馬戦に強いものの2戦目以降ダウン。ジャスタウェイはハーツ×ワイルドアゲインと晩成色が本来強いのでそこそこ2歳戦で走ってますがやはり個人的に早くからとは言いにくいです。もしかしたら相当なスケールがある種牡馬なのかもしれません。

人気馬ばかりですがこれらの3頭から選んでいきたいと思います。

 

③目立つのはダート質な血統ということについて

2017年6人気3着 カーボナード(母父シーキングザゴールド)

2016年3人気1着 ブレスジャーニー(父バトルプラン)

2015年4人気1着 ブレイブスマッシュ(父トーセンファントム)

2015年2人気3着 アストラエンブレム(母父ウォーエンブレム)

2014年4人気1着 クラリティスカイ(父クロフネ)

2014年2人気2着 ネオルミエール(父ネオユニヴァース)

2014年3人気3着 ミッキーユニヴァース(父ネオユニヴァース)

特に目立つのがネオユニヴァースとトーセンファントムのダート色が強いサンデー系の活躍ですね。

重賞にレベルが上がってもダート色の強い血統を持った馬が良く来ています。

先ほどの該当馬にこれを照らし合わせると

アマーティ(母父フレンチデュピティ)

グランアレグリア(母父タピット)

ドラウプニル(☆父ミスプロ系)

 

さて、以上の考察より今回はこの馬を血統推奨馬にしておきます。

馬A

次に毎日王冠に出走する人気馬で適性的にどうかな?という馬がいますので発表しておきます。

馬B
→アメリカン競馬の申し子だと思っていますので前哨戦ペース&内枠引きなどが重なればキレ負けもありうると思います。逃げて自分でペースを作っちゃえば別ですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です