先週の結果とローズステークス2018 血統考察

こんばんはボンカです!だいぶ遅れましたが今週の初更新です。

先週日曜は起床したのが16時ごろで馬券は購入できませんでした。。。

予想自体外れてましたし馬券を買えなかったのはむしろラッキーなのですが最近の生活リズムがやばめですね(笑)

土曜はリエノテソーロの短縮を狙って4着、紫苑ステークスはクイーングラスが7着敗戦でダメでした。

今週はローズステークスとセントライト記念の血統考察をやっていきますので興味がある方は是非見ていってください

今日はローズステークスの記事です。


過去の血統推奨馬一覧 

桜花賞(トーセンブレス7人気4着)→アーリントンカップ(エアアルマス5人気10着)→皐月賞(ジャンダルム4人気9着)→福島牝馬s(デンコウアンジュ4人気3着)→マイラーズカップ(サングレーザー4人気1着)→フローラs(パイオニアバイオ13人気2着)→青葉賞(スーパーフェザー1人気3着)→天皇賞春(チェスナットコート7人気5着)→ユーキャンスマイル(13人気6着)→NHKマイルカップ(パクスアメリカーナ4人気6着)→ヴィクトリアマイル(レッドアヴァンセ7人気3着、レーヌミノル9人気10着)→平安ステークス(クイーンマンボ3人気2着)→オークス(オールフォアラヴ5人気9着)→ダービー(ジェネラーレウーノ8人気16着)→目黒記念(ノーブルマーズ10人気2着)→鳴尾記念(ストレンジクウォーク10人気11着)→安田記念(アエロリット5人気2着、リアルスティール4人気15着)→マーメイドs(ルネイション8人気9着)→エプソムⅭ→(ベルキャニオン9人気6着、マイネルフロスト13人気9着)→函館ss(ワンスインナムーン2人気8着)→ユニコーンs(ルヴァンスレーヴ1人気1着)→宝塚記念(ダンビュライト5人気5着)→CBC賞(アレスバローズ4人気1着)→ラジオNKKEI賞(イエッツト3人気11着)→七夕賞(メドウラーク11人気1着、サーブルオール1人気4着)→プロキオンs(ドライヴナイト9人気13着)→函館記念(ヤマカツライデン回避)→函館2歳s(カルリーノ3人気3着)→中京記念(ロジクライ5人気2着)→アイビスサマーダッシュ(アクティブミノル14人気8着)→クイーンs(ツヅミモン5人気9着)→小倉記念(トリオンフ1人気1着)→レパードs(ショーム除外)→エルムs(リッカルド4人気6着)→関屋記念(ロードクエスト8人気5着)→北九州記念(トウショウピスト12人気13着)→札幌記念(サクラアンプルール7人気6着)→新潟2歳s(エルモンストロ5人気6着)→キーンランドカップ(キャンベルジュニア5人気4着)→札幌2歳s(アフランシール3人気5着)→小倉2歳s(セタブリアン4人気16着)→新潟記念(メートルダール6人気2着)→紫苑s(カレンシエリージョ9人気10着)→セントウルs(ラインスピリット9人気5着)→京成杯AH(ロードクエスト5人気4着)


今週の他重賞

セントライト記念血統考察


目次

①ローズステークスのラップと脚質の傾向

②ディープインパクトが走る。買うべきディープとは

③ノーザンダンサーがを持つ馬が走る。中でも強調すべき血統とは

④グレイソヴリン系も大穴を出す

 

①ローズステークスのラップと脚質の傾向

ペースに関しては平均ペース程度に流れてくることが一番多いがデニムアンドルビーが勝った年の3.2秒のハイやジェンティルドンナが勝った年の3.6秒ものスローに落ちた年もあるので出走メンバーとにらめっこするのが一番良い。

仕掛けどころに関してはL4からL3地点での加速度合いが大きく最速地点はL3かL2になってくることが多いので阪神外回りの中ではやや仕掛けが遅れるイメージ。

脚質は追い込みが届きやすいことと近年逃げ馬が残るシーンが目立っていることを頭に入れておくといいかもしれない。

 

②ディープインパクトが走る。買うべきディープとは

パッと血統表を見て目が行くのはディープインパクト産駒の活躍。

近6年で9頭が馬券になっており中にはタッチングスピーチやウリウリなどの人気薄もいることからも相性の良さ(クラシック路線ですし3歳戦での優位性というのもあるかもしれませんが)が際立っているため、ここから1頭推奨馬を出します。

今回は消去データを使って絞りこみたいと思います。

今年出走するディープ産駒

アンコールプリュ

オールフォーラヴ

カンタービレ

サトノワルキューレ

サラキア

センテュリオ

トーセンブレス

フィニフティ

ラテュロス

レッドランディーニ

使うデータは以下の1つ。

絞り込みデータ(9頭中8頭該当)

阪神1800m以上勝経験orチューリップ賞勝ち馬orG1勝馬

該当馬

オールフォーラヴ

サトノワルキューレ

センテュリオ

ありゃ、かなり絞り込めちゃいましたね。

まずディープ産駒の中で推奨したい一頭はこの馬としておきます。

馬A
→力はかなり認めている一頭。先週の紫苑ステークスの結果を受けてもここは好勝負になる一頭のはず。

 

③ノーザンダンサーを持つ馬が走る。中でも強調すべき血統とは

ローズsではノーザンダンサー系を持つ馬が走ってます。

中でも特に注目したいのがニジンスキー、ヌレイエフ、サドラーズウェルズの3本。

該当馬(4L)

カンタービレ(母父ガリレオ)

サラキア(母父Lomitas)

トーセンブレス(母母父カーリアン)

 

④グレイソヴリン系も大穴を出す

こちらにも注目。グレイソヴリン内包馬では2014年単勝167倍で2着に入ってきたタガノエトワールなどがおり、さほど馬券にはならないものの大穴を出す傾向がみられるのでまとめておきます。

該当馬(4L)

アンコールプリュ

ウラヌスチャーム

オールフォーラヴ

 

さて3と4で該当した馬6頭の中からも1頭推奨馬を出しておきたいと思います。

馬B
→昨年のカワキタエンカパターンが頭に浮かぶ馬。前走のレベルもそこそこだったと思いますし、父は相手強化シーンで強い傾向がある。

トニービン込みで足りてもいいと思うんですがどうでしょう。

 

以上です!閲覧ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です