先週の結果と天皇賞秋2018 傾向と対策

こんばんはボンカです。先週の収支です。土日はオケラでした。。。

先週の今年の菊花賞は特殊ペース過ぎたので来年以降参考になるかわかりませんが、馬場に関して上り自体は早かったですがこれはペースバランスが歪だったことに依るもので今年の馬場の本質は良馬場発表のタフ馬場。1着のフィエールマンは母系ががっつりスタミナ血統。3着のユーキャンスマイルは母系に菊花賞馬のダンスインザダーク。タフ馬場菊花賞→母系が中長距離血統が濃い馬のほうが良いという図式は来年以降も覚えておいて損はなさそう。

今週次第では+域に持っていけるので頑張っていきたいです!スワンステークス&天皇賞秋は個人的勝負レース。

10月ラスト天皇賞秋は今年の秋競馬で一番自信のあるレースですので気合入れていきます。絶対獲る!


天皇賞秋2018関連記事

天皇賞秋2018血統考察

→天皇賞秋2018出走馬短評1

→天皇賞秋2018出走馬短評2

→天皇賞秋2018最終予想

今週の他重賞

アルテミスステークス2018血統考察

スワンステークス2018血統考察

アルテミスステークス2018&スワンステークス2018最終予想


天皇賞秋 過去10年データ

‣配当 単勝 馬連 3連複 3連単

2017  310     900     15290   55320

2016  360     2420   7430    32400

2015  340     7340   24850   109310

2014  1100    3140    2850    23290

2013  1550    1190     1400    14310

2012  1660    3250    3990    39520

2011  3330    7020    22790  214010

2010  220      1030    1680     7480

2009  1150    16490   9970    102110

2008  270      550       710       3250

 

‣人気

1人気 5-2-2-1

2人気 0-4-2-4

3人気 0-0-2-8

4人気 0-1-0-9

5人気 4-0-0-6

6-9人  0-2-3-34

10人下   0-1-1-83

→過去10年で見ても1.2人気が両方馬券買いになった年は無い。今年の1.2人気は恐らくスワーヴリチャードとレイデオロ。今年もこの傾向は継続しそう。

 

‣年齢

3歳  0-2-2-11

4歳  3-5-3-38

5歳  6-3-4-31

6歳  0-0-1-30

7以上  1-0-0-41

→4.5歳馬が中心。馬券内の80%が4.5歳馬。

 

‣性別

牝   2-3-1-7

牡・セ     8-7-9-138

→牝馬が優秀に見えるが馬券になったのは

ウオッカ

ダイワスカーレット

ジェンティルドンナ 

ブエナビスタ

の4頭。全て名牝級の馬であり天皇賞秋出走時ですでにG1③勝以上の実績があった

今年出走を予定している牝馬のG1実績は

ディアドラ 秋華賞 1勝

ヴィブロス 秋華賞、ドバイターフ 2勝

格という面では少し足りないか。

 

‣所属       

美浦  2-5-3-52

栗東  8-5-7-92

→若干関西馬有利だが気にしすぎないほうがいいかもしれない。

 

‣前走レース

毎日王冠   5-3-4-50

オールカマー 0-0-0-27

宝塚記念          2-4-2-13

安田記念    0-1-0-2

札幌記念          2-0-1-14

京都大賞典   1-0-0-14

セントライト  0-1-1-0

OP特別             0-0-0-3

海外レース   0-0-0-3

→オールカマー経由が死にローテ。

今年オールカマー経由で出走する馬は

アルアイン

ダンビュライト

レイデオロ

レイデオロ、アルアインはともに人気を集めそうなので少し考えたほうが良いかも。

 

‣前走着順

1着       3-4-4-30

2着       4-6-2-19

3着        1-1-1-17

4着    0-0-0-13

5着        0-2-2-15

6‐9着    2-2-1-39

10着~  0-1-0-22

 

‣枠順

1枠  1―3-1-14

2枠  2-1-0-17

3枠  0-0-2-18

4枠  3-3-3-11

5枠  1-1-0-18

6枠  2-0-1-17

7枠  1―2-1-23

8枠  0-0-2-27

→馬番10以内が三着内率、勝馬ともに有利。特に4枠以内の有力馬には注意。

 

‣脚質

逃げ 0-1-0―9

先行 2-4-2-31

差し 8-4-4-63

追込 0-1―4-42

→上り1位の馬が毎年馬券になっている。中団くらいから早い脚を使える馬を積極的に狙うと良い。


以上です!

現状で連軸候補として考えている一頭を発表しておきます。

馬A

また、危険人気馬と考えている一頭も発表しておきます!

馬B

閲覧ありがとうございました!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です