先週の結果と小倉記念2018 血統考察~グレイソヴリン記念~

こんばんはボンカでございます!

先週の結果はこんな感じになりました!

買いたいレースがほぼなかったためクイーンsの1点勝負のみになりましたが◎ツヅミモンはほぼ見せ場なしで終了。対抗のフロンテアクイーンは毎度おなじみの2着だったんですけどね~w

休み明けや馬場、地力、ペースなど敗因は様々ですが恐らく今後も人気しないタイプではありますしあと2レースくらいで買い時をつかみたい馬ではありますね。

さて今週は小倉記念とレパードsが開催されますが、先に小倉記念の血統考察をしておきたいと思います。

先週は両重賞とも血統推奨馬は空振りでしたが今週は馬券内に来れるようにしっかりと吟味していきたいと思っております。。

【PR】
大川慶次郎~競馬の神様と女神のパーフェクト馬券メソッド~


過去の血統推奨馬一覧 

桜花賞(トーセンブレス7人気4着)→アーリントンカップ(エアアルマス5人気10着)→皐月賞(ジャンダルム4人気9着)→福島牝馬s(デンコウアンジュ4人気3着)→マイラーズカップ(サングレーザー4人気1着)→フローラs(パイオニアバイオ13人気2着)→青葉賞(スーパーフェザー1人気3着)→天皇賞春(チェスナットコート7人気5着)→ユーキャンスマイル(13人気6着)→NHKマイルカップ(パクスアメリカーナ4人気6着)→ヴィクトリアマイル(レッドアヴァンセ7人気3着、レーヌミノル9人気10着)→平安ステークス(クイーンマンボ3人気2着)→オークス(オールフォアラヴ5人気9着)→ダービー(ジェネラーレウーノ8人気16着)→目黒記念(ノーブルマーズ10人気2着)→鳴尾記念(ストレンジクウォーク10人気11着)→安田記念(アエロリット5人気2着、リアルスティール4人気15着)→マーメイドs(ルネイション8人気9着)→エプソムⅭ→(ベルキャニオン9人気6着、マイネルフロスト13人気9着)→函館ss(ワンスインナムーン2人気8着)→ユニコーンs(ルヴァンスレーヴ1人気1着)→宝塚記念(ダンビュライト5人気5着)→CBC賞(アレスバローズ4人気1着)→ラジオNKKEI賞(イエッツト3人気11着)→七夕賞(メドウラーク11人気1着、サーブルオール1人気4着)→プロキオンs(ドライヴナイト9人気13着)→函館記念(ヤマカツライデン回避)→函館2歳s(カルリーノ3人気3着)→中京記念(ロジクライ5人気2着)→アイビスサマーダッシュ(アクティブミノル14人気8着)→クイーンs(ツヅミモン5人気9着)

推奨馬平均人気 6.7人気

着度数 4-5-4-21

勝率  11.7%

連対率 26.4%

複勝率 38.2%

単勝回収率 350%

複勝回収率 167.6%


さていつも通り血統表を作ってまいりました。

今回お話しすることは3つです!

①小倉記念のラップと脚質の傾向

②別名グレイソヴリン記念

③その他相性の良い血統

 

①小倉記念のラップと脚質の傾向

まずはラップと脚質についての傾向をまとめてみましょう。

ラップ

ペースはかなり流れやすく過去10年の内5年が前傾ラップで、前半が後半より一番遅かった年でも1秒の若干のスロー程度。また仕掛けも早くなりがちでL2地点で最速だったのは過去10年で2回しかない。よってレース質的には消耗戦に寄り、極端に早いラップは踏みにくい

 

脚質

→逃げ馬は過去10年で2014年の3着にメイショウナルトが残ったそれ以外では馬券になれておらず、基本的には馬券になれるのは先行~追込みの馬。中でも前傾ラップに耐性のある先行好位勢は要注意。ペースが流れやすい=差し有利とは一概には言えない。

 

②別名グレイソヴリン記念

これは有名な話過ぎて妙味があるかはわかりませんが小倉記念と言えば別名グレイソヴリン記念と呼ばれておるようにグレイソヴリン特にトニービンが異常に走るんです。

表にも書き込みましたが例を挙げると

2017 3着6人気フェルメッツァ

2016 1着11人気クランモンタナ

2014 1着3人気サトノノブレス

〃   3着2人気メイショウナルト

2013 1着3人気メイショウナルト

〃   2着5人気ラブリーデイ

2011  2着15人気キタサンアミーゴ

〃   3着8人気リクエストソング

2010 1着9人気二ホンピロレガーロ

〃   2着4人気バトルバニヤン

2009 1着16人気ダンスアジョイ

2008 3着11人気ケンブリッジレーザ(タマモクロス)

まー異常ですよね。かなりの人気薄でも平気で馬券になれちゃってますし、これはかなり相性がいい証拠。

2008年のケンブリッジレーザ以外はすべてがトニービン内包。ケンブリッジレーザはグレイソヴリン系のタマモクロス内包。

前傾ラップに耐性のある馬が多いトニービンの血が活きているんでしょうね。

まずは絶対に外せないグレイソヴリン特にトニービンの血を持っている馬は強調しておく必要があります。

今年グレイソヴリン系の血を持っている馬

キンショーユキヒメ(母母父Highest Honor)

サトノクロニクル(父母父トニービン)

メドウラーク(父母父クリスタルパレス)

今年は該当馬が少ないですね。

好少し相性の良い血統を考えてみましょうか。

【PR】競馬不調の方必見!!!―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

競馬総本舗ミリオンの強みは 、厳選された関係者の本音や情報をもとにしているため信憑性の高い情報を配信していて初心者にもびっくりする位にわかりやすいです。 毎週、穴場馬券情報も多数公開中で、ここを外すわけにはいかないと初心者の方には強くお勧めできる競馬無料予想サイトです。 予想情報では主に厳選情報とキャンペーンが用意されており、これらの情報の提供に力を入れているので高品質の情報内容となり情報量が豊富かつ初心者にもわかりやすい無料予想になっています。

競馬で不調の方いませんか?復活のヒントは今まで自分が近寄らなかったものの中に意外とあったりするものですよ。

↓メールで無料登録できます!↓


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

③その他相性の良い血統

さて、その他に相性の良い血統はあるのでしょうか?という感じで少し考えてみたんですが答えとしては欧州性が高い血統のほうが優位で、中でもニジンスキー系は相性が良さそうだなというのが結論。

ただ近年影響力が落ちてきている懸念もありますし、がっつり強調とはいきにくいのですが。。

今年ニジンスキー系を持っている馬

エーティーサンダー(母母父Niniski)

キョウヘイ(母父ダンスインザダーク)

トリオンフ(母父ダンスインザダーク)

マウントゴールド(母母父ストロベリーロード)

 

さてこれらの馬の中から1頭推奨馬を出したいのですが、どうも唯一のトニービン持ちサトノクロニクルは推奨したくないんですよね。

デムーロに池江厩舎の3頭出しと人気を集めそうですが、ハーツクライの大幅短縮ローテ、コーナリングが下手、春天以来のレースなどと人気するのに対して今回は課題も多そうですしねえ。

というわけで今回はこの馬を推奨しておきます!

馬A

→父は非ss系ですが欧州型のノーザンダンサーで奥にはゼダーン(グレイソヴリン系)を持っており、母系にはニジンスキー系のサンデーやこれまたこのレースに相性の良いリファールも持っています。ここは地力から見ても好勝負になるでしょうね。

また血統的な大穴という観点ならこの馬あたりがおもしろい血統かなと思います。

馬B

→ディクタス持ちもそこそこ走るのがこのレースで、この馬はディクタスに加えニジンスキーを持っており平均ラップの早めの仕掛けのレースで過去そこそこ走っていることからも今回人気薄でヒモくらいならワンチャンあると思います。

 

以上です!閲覧ありがとうございました!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です