先週の結果と札幌記念2018 血統考察~ヌレイエフ馬場~

こんばんはボンカです!

先週は寝坊などもあり殆ど馬券を買えませんでした。

予想的にレジまぐ予想的中と阿蘇s的中でしたが馬券を買ってないので残念でした。

まあ全部しっかり買っていてもちょいプラ程度だったと思いますし来週仕切り直しですね。

関屋記念はそこそこ自信がありましたが◎ベルキャニオンはケガらしいですね。直線の手ごたえはまあまあ良かっただけにケガがなかったらどうだったかは気になるところ。

馬券はこんな感じになりました。ワントゥワンはどう捻っても拾えませんでした。

今週も頑張っていきましょう!


過去の血統推奨馬一覧 

桜花賞(トーセンブレス7人気4着)→アーリントンカップ(エアアルマス5人気10着)→皐月賞(ジャンダルム4人気9着)→福島牝馬s(デンコウアンジュ4人気3着)→マイラーズカップ(サングレーザー4人気1着)→フローラs(パイオニアバイオ13人気2着)→青葉賞(スーパーフェザー1人気3着)→天皇賞春(チェスナットコート7人気5着)→ユーキャンスマイル(13人気6着)→NHKマイルカップ(パクスアメリカーナ4人気6着)→ヴィクトリアマイル(レッドアヴァンセ7人気3着、レーヌミノル9人気10着)→平安ステークス(クイーンマンボ3人気2着)→オークス(オールフォアラヴ5人気9着)→ダービー(ジェネラーレウーノ8人気16着)→目黒記念(ノーブルマーズ10人気2着)→鳴尾記念(ストレンジクウォーク10人気11着)→安田記念(アエロリット5人気2着、リアルスティール4人気15着)→マーメイドs(ルネイション8人気9着)→エプソムⅭ→(ベルキャニオン9人気6着、マイネルフロスト13人気9着)→函館ss(ワンスインナムーン2人気8着)→ユニコーンs(ルヴァンスレーヴ1人気1着)→宝塚記念(ダンビュライト5人気5着)→CBC賞(アレスバローズ4人気1着)→ラジオNKKEI賞(イエッツト3人気11着)→七夕賞(メドウラーク11人気1着、サーブルオール1人気4着)→プロキオンs(ドライヴナイト9人気13着)→函館記念(ヤマカツライデン回避)→函館2歳s(カルリーノ3人気3着)→中京記念(ロジクライ5人気2着)→アイビスサマーダッシュ(アクティブミノル14人気8着)→クイーンs(ツヅミモン5人気9着)→小倉記念(トリオンフ1人気1着)→レパードs(ショーム除外)→エルムs(リッカルド4人気6着)→関屋記念(ロードクエスト8人気5着)

推奨馬平均人気

着度数

勝率

連対率

複勝率

単勝回収率

複勝回収率


【PR】エスケープマジック

競馬雑誌最強の法則掲載の馬券術!!!

どの馬が逃げるかわかればその馬の単勝を買い続けるだけで回収率が190%を超えることを知っていますか?

ただ簡単にどの馬が逃げるかなんて全く読めないですよね?

それを独自の理論で発見し、購入するのが「エスケープマジック」

理論は正確で3年連続でプラス収支を達成。(バナー内に収支表があります。)

逃げ馬がわかれば展開も読める。単勝べた買いも良し。予想の助けにしても良し。

こんな競馬予想を楽にするツールがなんと1800円!これはかなりお買い得です。

興味がある方はバナークリックでさらに詳しい説明が見れます!


まずはいつも通り血統表をご覧ください!

今回お話しすることは4つです!

①札幌記念のラップと脚質の傾向

②上りがかかるレース=ヌレイエフが効く

③機動力が求められるレースで強い血統について

④アクシオンというリピーターから考える

 

①札幌記念のラップと脚質の傾向

ラップ

ペースは基本的には流れやすい過去9年で最も前半が後半より遅かった年は2017年の1秒。逆は2014年ハープスター勝ちの年の-2.4秒。

そして上りを要するレースで上り1位の脚を使っても35秒を切る程度。瞬間的な脚を要求されることよりもL4から機動力を使うようなレースになることが多い。(L2で急加速するケースももちろんありますが。。。)

ただそれでもL2最速の流れが殆どだということも覚えておきたい。

 

脚質

勝ち馬ベースではやや前有利。ただ近年は追い込み馬も絡んできているように強力な持続力を持ったタイプの後方の馬も届かないことはない。

 

②上りがかかるレース=ヌレイエフが効く

さて、前項で札幌記念は上りのかかるレースであると書きましたがそのような質のレースでパフォーマンスを上げる血統がいます。

ヌレイエフですね。

昨年札幌記念はキングカメハメハ産駒のワンツースリーで決着しましたがキングマンボはヌレイエフ持ち。さらにこのレースに複数の馬券内馬を送り出しているジャングルポケットもヌレイエフ内包。

昨年のキンカメワンツースリーの時の上り最速は34.7秒。父ジャンポケのダービーフィズ、タスカータソルテが馬券になった2015年の、2008年は上り最速が35.1秒と34.3秒。後者はともかく前者に関してはかなり上りがかかっていると思います。

なのでまず強調する1本目の血統はヌレイエフとします。

今年ヌレイエフを内包している馬(特に4Lが望ましい)

アイトーン

サクラアンプルール

スズカデヴィアス

ミッキースワロー

モズカッチャン

 

③機動力が求められるレースで強い血統について

さて、ほかにも相性の良い血統が血統表とレースのラップ傾向から上げることができます。

①で札幌記念は機動力が求められる重賞と書きましたがノーザンテーストはそのような舞台に強い。

ラップが完全に似ているわけではないですが中山記念なんかもそのような傾向にあり、今年はウインブライトがノーザンテースト持ちとしてしっかり勝利しました。中山記念程支配力があるかは微妙なラインですが札幌記念でも8頭のノーザンテースト持ちが馬券になっていますしそこそこ相性は良さそう。

今年ノーザンテーストを内包している馬

アストラエンブレム

クロコスミア

サクラアンプルール

スティッフェリオ

ナイトオブナイツ

ミッキースワロー

④アクシオンというリピーターから考える

さて最後に。アクシオンという馬がいました。札幌記念で2010年7人気3着と2011年5人気2着だった馬です。

この馬は血統的に上記の2本を持っていないんですね。それで何とか血統で説明をつけたろ!と思って他の馬との共通点を探してみました。

記事にするか悩みましたがリボーも相性が良さそうですね。

リボーはスタミナの権化。このブログの血統考察で何度も登場していますが天皇賞春などで結構効くような血統。

アクシオン以外でもリボーを持った馬が馬券になった馬の内27頭中10頭を占めました。

記事にしようか悩んだ理由は該当馬がそこそこ多そうだと感じたからです。

一応まとめておきます。

今年リボーを内包している馬

アイトーン

アストラエンブレム

ゴーフォザサミット

サウンズオブアース

スズカデヴィアス

ナイトオブナイツ

マイスタイル

マルターズアポジー

モズカッチャン

やっぱり多くなった(´;ω;`)

 

さて以上の考察から今回はこの馬を重視してみたいと思います!

馬A
→ちょっと悩みました。この馬はスローペースのほうが得意な馬。昨年の重賞勝ちも中盤13.0と中だるみが発生したことが大きかった。

今年は出走馬を見渡すとマルターズアポジー、マイスタイル、クロコスミア、アイトーンと逃げ候補が多く中でもマルターズアポジーとマイスタイル(新潟大賞典の失敗込みで)は絶対に逃げたい馬。なのでペースがどうなるか、中だるみは発生するのかなど不安は多い。ネオリアリズムが勝った年のような競馬であれば対応可能と思いますが。。。まずは枠順で内枠必須ですね。

血統推奨で悩んだモズカッチャン、ミッキースワロー共に休み明け初戦でモズカッチャンは休み明けか平均ペース以上のどちらかは苦手。ミッキースワローは一瞬の脚が強力なタイプで札幌記念タイプの馬ではなさそうということで上位陣にも隙アリと見ます。

 

また現状で穴目でいいなと思っている馬を上げておきます!

馬B

→平均ペースへの対応力も高い馬。鞍上が超絶不安ですがやはり上位陣に不安は多いですし、間隔ができるだけ空いたほうが良い馬ですのでここは好走圏内。実績的に2000は福島記念勝ちのみですがマイルでは恐らくスピード不足。1800mから2000mがベスト舞台と見ます。

 

以上です!

閲覧ありがとうございました!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です