先週の結果と紫苑ステークス2018 血統考察

こんばんはボンカです!

先週の結果がこちら

土曜

日曜

日曜はかみ合いませんでした。

小倉2歳ステークスでは◎セタブリアンはゲートで立ち上がり4コーナーでもよれよれで騎手も追うのをやめてしまうような競馬。

対抗のルチアーノミノルも飛んだのでどうしようもないですね。

新潟記念は◎ストーンウェアはコーナーで追い通し。騎乗より馬が少し足りなかったとみるべき。仕掛けが遅くなったのが×かな。

小倉最終は休み明けで人気薄のイペルラーニオを狙いましたがさすがに重かったですね。対抗から☆印までが1.3.4着でしたので簡単に取れたレースだったなあ。。。

収支的には一番金額を張ったレースで馬券が獲れてますしプラスですが全然額も小さいので今週も頑張っていきたいですね。


今週の他重賞(のちのち更新予定)

セントウルs血統考察

→セントウルs出走馬短評

京成杯AH血統考察

→京成杯AH出走馬短評


過去の血統推奨馬一覧 

桜花賞(トーセンブレス7人気4着)→アーリントンカップ(エアアルマス5人気10着)→皐月賞(ジャンダルム4人気9着)→福島牝馬s(デンコウアンジュ4人気3着)→マイラーズカップ(サングレーザー4人気1着)→フローラs(パイオニアバイオ13人気2着)→青葉賞(スーパーフェザー1人気3着)→天皇賞春(チェスナットコート7人気5着)→ユーキャンスマイル(13人気6着)→NHKマイルカップ(パクスアメリカーナ4人気6着)→ヴィクトリアマイル(レッドアヴァンセ7人気3着、レーヌミノル9人気10着)→平安ステークス(クイーンマンボ3人気2着)→オークス(オールフォアラヴ5人気9着)→ダービー(ジェネラーレウーノ8人気16着)→目黒記念(ノーブルマーズ10人気2着)→鳴尾記念(ストレンジクウォーク10人気11着)→安田記念(アエロリット5人気2着、リアルスティール4人気15着)→マーメイドs(ルネイション8人気9着)→エプソムⅭ→(ベルキャニオン9人気6着、マイネルフロスト13人気9着)→函館ss(ワンスインナムーン2人気8着)→ユニコーンs(ルヴァンスレーヴ1人気1着)→宝塚記念(ダンビュライト5人気5着)→CBC賞(アレスバローズ4人気1着)→ラジオNKKEI賞(イエッツト3人気11着)→七夕賞(メドウラーク11人気1着、サーブルオール1人気4着)→プロキオンs(ドライヴナイト9人気13着)→函館記念(ヤマカツライデン回避)→函館2歳s(カルリーノ3人気3着)→中京記念(ロジクライ5人気2着)→アイビスサマーダッシュ(アクティブミノル14人気8着)→クイーンs(ツヅミモン5人気9着)→小倉記念(トリオンフ1人気1着)→レパードs(ショーム除外)→エルムs(リッカルド4人気6着)→関屋記念(ロードクエスト8人気5着)→北九州記念(トウショウピスト12人気13着)→札幌記念(サクラアンプルール7人気6着)→新潟2歳s(エルモンストロ5人気6着)→キーンランドカップ(キャンベルジュニア5人気4着)→札幌2歳s(アフランシール3人気5着)→小倉2歳s(セタブリアン4人気16着)→新潟記念(メートルダール6人気2着)

推奨馬平均人気 6.55人気

着度数 5‐6‐4‐29

勝率 12.1%

連対率 24.3%

複勝率 34.1%

単勝回収率 298.2%

複勝回収率 142.1%


まずは血統表からご覧ください

今回は紫苑ステークスが優勝になって2年分しかデータがないため重賞以前の3年分を継ぎ足したデータになっています。

今回お話しすることは3つです

①紫苑ステークスのラップと脚質の傾向

②少ないデータでも推しておきたい血統

③クラシック血統が重賞格上げ後好調

 

①紫苑ステークスのラップと脚質の傾向

ラップ

近5年で前傾ラップが2回、ペースバランス的には昨年以外がすべて平均ペース。

仕掛けどころに関してはL2地点最速が一回とL3地点最速が2回。どちらにせよある程度末脚を発揮しやすい重賞。

脚質

近5年中昨年以外で4コーナーで逃げor番手の位置にいた馬が馬券になっている。

ただ重賞レベルになると単純な番手馬ではなく中団から位置取りを上げて4コーナーで先団といったタイプのほうが通用している感。

有力どころでも末脚があるタイプは後ろ目でも足りてくることがある。

 

まとめ

‣平均くらいまで流れることが多い。

‣4角2番手以内の馬が強い。ただ重賞レベルになるとシンプルな番手以上の馬は馬券にからめていない。

 

②少ないデータでも推しておきたい血統

さて、そこそこ流れやすいレースであるという特徴を前項で述べましたが、前半がある程度要求されるレースで強い血統がおり、実際に紫苑sでも好走馬を多数輩出してるんですよね。

今回はシンプルにグレイソヴリン系を4Lに内包している馬を狙います

該当馬

オハナ(母母父トニービン)

カレンシエリージョ(母母父Kenmare)

クイーングラス(父母父トニービン)

パイオニアバイオ(父母父トニービン)

ホクセンジョウオー(父母父トニービン)

ロサグラウカ(父母父トニービン)

 

③クラシック血統が重賞格上げ後好調

紫苑ステークスが重賞に格上げされてから3年目ですが、今後クラシック血統の需要はさらに上がっていくと思われます。

理由としてはレベルの上昇が一番大きな要因で、複合してペースがきつくなることなども挙げられます。

今年に関してもやはりどうしてもクラシック血統>それ以外の血統の構図は崩れなさそう。

今年父がクラシック血統の馬を重視しましょう(ある程度人気する馬が多いとは思いますが)

該当馬

オハナ(ディープインパクト)

カレンシエリージョ(ハービンジャー)

クイーングラス(ルーラーシップ)

サラス(オルフェーブル※)

ノームコア(ハービンジャー)

パイオニアバイオ(ルーラーシップ)

フィニフティ(ディープインパクト)

マウレア(ディープインパクト)

レッドベルローズ(ディープインパクト)

ロサグラウカ(ルーラーシップ)

ロフティフレーズ(ロードカナロア)

これに該当馬が多いのは仕方ないですね。

 

さてさて、ディープ産駒を上げれば推奨精巧な気はするんですが…あまり面白くはないんで、今回はこの馬を推奨しておきたいと思います!

馬A
→多分かなりの人気薄。母系にグレイソヴリン系持ち、姉妹にはアドマイヤリードがいる良血馬。

父産駒傾向としては休み明け×短縮ローテ×。前走は条件戦でさほどハイレベルとはいい難いですが休み明け短縮ローテでしっかり勝ち切った。夏前から夏後に季節が過ぎる中でこの年齢の馬は成長するもの。条件良化で有力馬は強いがギリギリ足りる可能性ありと見ます。

 

また、有力馬で微妙と感じる馬を発表しておきます!

馬B

 

以上です!

閲覧ありがとうございました!!!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です