先週の結果報告と関谷記念s2018 血統考察~セクレタリアトレース~

こんばんはボンカです!

先週はうーんて感じの週でした。

日曜小倉記念は◎トリオンフがしっかりと人気に答えて勝利しましたが、札幌11R◎ライトフェアリーが連を確保も一点買いの相手デアレガーロが4着に飛び。レパードsはケン。

土曜は札幌メイン◎シルクドリーマー4着、新潟メイン◎二ホンピロヘーゼル5着でどちらもワイド購入でしたが不適中。

ただ久々に馬券を当てることができましたし今週もそのまま頑張っていきたいです。

馬券はこんな感じでした!

さてさて今週は関谷記念とエルムsが控えておりますがまずは関谷記念の血統考察を行ってきたいと思います。


過去の血統推奨馬一覧 

桜花賞(トーセンブレス7人気4着)→アーリントンカップ(エアアルマス5人気10着)→皐月賞(ジャンダルム4人気9着)→福島牝馬s(デンコウアンジュ4人気3着)→マイラーズカップ(サングレーザー4人気1着)→フローラs(パイオニアバイオ13人気2着)→青葉賞(スーパーフェザー1人気3着)→天皇賞春(チェスナットコート7人気5着)→ユーキャンスマイル(13人気6着)→NHKマイルカップ(パクスアメリカーナ4人気6着)→ヴィクトリアマイル(レッドアヴァンセ7人気3着、レーヌミノル9人気10着)→平安ステークス(クイーンマンボ3人気2着)→オークス(オールフォアラヴ5人気9着)→ダービー(ジェネラーレウーノ8人気16着)→目黒記念(ノーブルマーズ10人気2着)→鳴尾記念(ストレンジクウォーク10人気11着)→安田記念(アエロリット5人気2着、リアルスティール4人気15着)→マーメイドs(ルネイション8人気9着)→エプソムⅭ→(ベルキャニオン9人気6着、マイネルフロスト13人気9着)→函館ss(ワンスインナムーン2人気8着)→ユニコーンs(ルヴァンスレーヴ1人気1着)→宝塚記念(ダンビュライト5人気5着)→CBC賞(アレスバローズ4人気1着)→ラジオNKKEI賞(イエッツト3人気11着)→七夕賞(メドウラーク11人気1着、サーブルオール1人気4着)→プロキオンs(ドライヴナイト9人気13着)→函館記念(ヤマカツライデン回避)→函館2歳s(カルリーノ3人気3着)→中京記念(ロジクライ5人気2着)→アイビスサマーダッシュ(アクティブミノル14人気8着)→クイーンs(ツヅミモン5人気9着)→小倉記念(トリオンフ1人気1着)→レパードs(ショーム除外)

推奨馬平均人気

着度数

勝率

連対率

複勝率

単勝回収率

複勝回収率


【PR】コンピ馬券術『セカンド・レボリューション』

4つのステップで勝負レースをピックアップし、1~3着に入ってくる中心馬を的中させます。コンピ指数&順位でレース選択&候補馬を抽出するので、指数が発表される競馬開催日前日から予想可能。今回は、重賞レースが含まれる午後のレースで勝負します初心者でも覚えやすいようにマニュアル内には図解&フローチャート満載です。

☆的中実績

4月28日

京都10R アドマイヤエイカン2着

4月22日

京都11R モズアスコット2着

4月21日

勝負レース無し

4月15日

不適中

4月8日

阪神11R アーモンドアイ1着

4月7日

中山10R コルコバード1着

確実に馬券を取るために勝負レース無しのケースがあることに慎重さがあるのはいいですね。本命党の馬券師が一番気を付けなければならないところですのでそれをしっかりできているということは信頼に値すると思います。

穴党の方でも相手にチョイスする馬の精度がアップすればするほど的中率の上昇を狙えますし、逆にここに指定されなかった断然人気がいるレースなどは指数的に信頼できない人気馬がいるレースとして購入対象に選んだりの使い方もありそうですしね。

詳しくは下記リンクからどうぞ!

1~3着馬を炙り出す数式を発見!競馬教材界の異端児・佐々岡 弘×鈴木 明が放つ新・コンピ馬券術『セカンド・レボリューション』


さて毎度おなじみの血統表をご覧ください。

今回は少し強調したい血統が多くなってしまって申し訳ないです。。

今回お話しすることは5つです(多いっすね申し訳ないです。)

①関谷記念のラップ傾向と脚質の傾向

②関谷記念で相性の良い父系血統

③リピーターヤングマンパワーから考える

④恐らくキーは持続力。この特徴を持つ血統とは

⑤どの馬にするの?

 

①関谷記念のラップ傾向と脚質の傾向

ラップや仕掛けどころ

ペースに関してはスローに振れることが多く、過去10年はスローから平均の範疇で収まっている。時計は32秒台が出るものだと考えておけばいい。

仕掛けどころに関してもL2最速が10年間続いておりL2地点10秒台のラップを刻むことも多々ある。ただここ5年はコーナーでもある程度流れるケースが増えているので注意

さらに今年に関して言えばウインガニオンがいるため4角でそこそこ早いラップを刻む可能性が高くなっていることは馬券購入の大きなヒントとなると考えています。

 

脚質

1着ベースで考えると近年は前有利。こうなった背景には前述のコーナーでの立ち回りなどの変化によっておこったものであると考えられますね。

ただ新潟の長い直線のイメージも大切で、追い込んできた上りの早い馬が10年中4年で連を確保、それ以外でも3着が2度と10年中6年で馬券になっているため回収率は振るわないが特に三連系を購入する際は地力が足りるのであれば抑えたほうが良いかも。

 

②関谷記念で相性の良い父系血統

今回の関谷記念は取り上げたい血統が多く、絞り切れないところがありました、、

全てを取り上げてしまうとかなりの数の出走馬が該当する事態になりかねませんのでできる限り親和性の高い血統同士だけを取り上げたいと思います。ポンポンと上げてもつまらないと思いますので少しどういう思考でその血統を取り上げることになったのかというのを順を追って書いていきたいと思います。

さてまずは父系から考えてみました。

過去10年の関谷記念で複数回馬券になった馬を輩出した種牡馬はスニッツェル、ハーツクライ、キングカメハメハ、ディープインパクト、タニノギムレット、アグネスタキオン。

ディープインパクト産駒で馬券になった2頭はいずれも1人気ですしコースデータでも回収率の面は平凡。ハーツクライはコースデータでは直線の長い左回りということもありますので単勝回収率に関しては優秀。しかしマイルで時計の早いレースになると基本的にハーツ産駒は33秒台を破って勝つのは難しいですし、馬券になった3頭中2頭は1人気。タニノギムレットも人気馬しか馬券になっておらず決して相性がいいと言えませんでした。

残ったのはスニッツェル、アグネスタキオン、キングカメハメハ

アグネスタキオンは父サンデーサイレンス、母アグネスフローラ。母アグネスフローラはロイヤルスキー持ち。

スニッツェルは父リダウツチョイス、母Snippets‘Lass。母母父はストームバード

キングカメハメハはいったん置いときます。

まずはこれをキーとして考えましょう。

 

③リピーターヤングマンパワーから考える

次はリピートした馬=適性を強く持った馬から考えていきたいと思いました。

使う素材は2016年3人気1着、2015年9人気3着、2017年6人気4着のヤングマンパワーです。

前述したとおりこの馬の父系にはダンジグストームバードが入っています。

まずダンジグは過去10年の血統表を覗いてみたらヤングマンパワー以外にもそこそこの数の馬がダンジグを持っていると。

ダンジグは持続力に優れたノーザンダンサー系。新潟の長い直線で必要な持続力を供給するんでしょうね。

ですのでまずダンジグを4Lに内包している馬には注意が必要でしょう。

ですがダンジグ持ち程度なら馬券になれなかった馬が多い中ヤングマンパワーは2度にわたって馬券になり3度目も掲示板に乗れたのはそれ以外の要素があると考えました。

そこで注目したのがストームバードです。

ストームバードはストームキャットの父。アメリカンダート血統でなじみのある血統ですね。

そしてストームバードの仔ストームキャットは血統表を見ても存在感があるんですよね。

ハーツクライの関谷記念で馬券になった3頭中唯一1人気でなかったマジェスティハーツは実はストームキャット持ちなんです。

これもこのレースのキーになります。


【PR】極上の投資競馬【PREMIUM ~極上投資馬券~】


競馬は「情報ゲーム」です。

競馬上位ブロガーでも近年大口の投票を取り上げて馬券に活用している方って結構増えてますよね。

実際に大口投票をされた馬が馬券に入ってくるケースがかなり多いのは競馬ブログをよくご覧になられる方ならもちろんご存知だと思います。

それくらい現代競馬では大口投票に敏感になることは馬券を買うにあたって大きな武器になりえると思いますし、血統やコースデータ、展開といった予想ファクターと並んで考察されるべき要素であると言えるでしょう。

その大口投票を行う側はもちろん長年の競馬予想をもとに大量買いをしているパターンもありますが、

中にはやはり一般関係者が知りえない情報を根拠とした大量投票は存在します。

このような情報を手にすればもともと自身がつかんでいる裏情報+大量投票ブログを見ることもしくは自信で大口を見抜くことで二重の選考が可能になると思いませんか?

そこででお勧めするのが極上の投資競馬【PREMIUM ~極上投資馬券~】

詳細はバナークリックで表示です。馬券で勝ちたいなら様々な引出しを作っておくべきですからね。


④恐らくキーは持続力。この特徴を持つ血統とは

さてここまでくれば答えはもう少しです。

相性の良いストームキャットの特徴はセクレタリアト持ちということ。

セクレタリアトはアメリカの最強3冠馬。個人的には歴代アメリカでは最強の馬だと思っている馬です。

ストームキャットが走るレースではある血統も非常に走りやすいんですね。

そう、ボールドルーラーです。ストームキャットと非常に親和性が高いんです。

その理由の一つとしてセクレタリアトがボールドルーラー系であることが挙げられます。

セクレタリアトを持ったストームキャットが走るレースではセクレタリアトの系統であるボールドルーラー系を持った馬が走りやすい理由がこれでピンと来るはずです。

ちなみにヤングマンパワーと同じく関谷記念で2度馬券になったダノンリバティもボールドルーラーを4Lではないですが内包してるんですね。

よって今回は

ボールドルーラ―、ストームキャット、ダンジグ。これらの血を持った馬を強調してみたいと思います。

 

⑤どの馬にするの?

さて一回まとめてみましょう。

今年ボールドルーラーを内包している馬

エイシンティンクル(母父ストームキャット)

スターオブペルシャ(母父ビッグシャッフル)

ベルキャニオン(母父母母父ボールドルーラー)

ロードクエスト(父母父Bel Bolide)

ワントゥワン(母父ファルブラヴ)

 

今年ストームバードを内包している馬

エイシンティンクル

チャンピオンルパン(母母父ストームバード系)

ヤングマンパワー

 

今年ダンジグを4Lに内包している馬

ウインガニオン(母父ポリッシュネイビー)

ショウナンアンセム(母母父ダンジグ)

スターオブペルシャ(母母父シャーディー)

ヤングマンパワー

ロードクエスト(母父チーフベアハート)

 

さて、これらの考察から今年はこの馬を選びました!(しぬほどなやみましたw)

馬A

→この重賞で相性の良い血統を複数抱えている血統。父は新潟でも悪くなく、母系にノーザンテーストを抱えているのも好印象。ノーザンテーストもこの重賞に相性はいいですし、ウインガニオンがいて早めにペースが上がるのであればノーザンテストも活きるはず。近走距離変更で前向きさも出てきましたし折り合い一つ。

また、現状で軸にしようかなと思っている馬も発表しておきます。

馬B

 

以上です!閲覧ありがとうございました!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です