先週の結果&七夕賞2018 血統考察~ミラノ風ペース~

こんばんはボンカです!

サッカーワールドカップ、日本代表ほんとに惜しかった。。。

守備的なカードがなかったのがかなり悔やまれますがかなり熱くなれる試合を見せてもらいました!

いろんな風当たりがあったと思いますが日本は決勝トーナメントに進むべきチームだったことをこの試合で証明できたと思います。

あと1点目取られたときの川島がパンチングに行ったことが割と叩かれてるのを見ますがあれは仕方ないでしょう、キャッチングに行くほうがリスキーだったと思いますけどねえ。

むしろそれよりもポジショニングが若干外に張りすぎたかなって印象ですよね。ただあれは運が悪いと思います流石に。。。w

それでも決定機をしっかりセービングしてくれたりなど3戦目からの動きはとても良かったと思いますし、何より涙を見て本当に誰よりも勝ちたかったのは選手や監督だよなとかなりジーンときちゃいました。

ベスト8が出そろいました。

これからもワールドカップを楽しんでいきたいですね。


あと先週の結果の報告です!

馬券はこんな感じになりました!

日曜の重賞は両重賞とも対抗評価が勝利で本命馬は出遅れ、仕上がり途上でぶっ飛びとかなり不満な結果に終わりました。

両重賞とも本命と対抗の序列は結構悩みましたので悔しいっすね。

また今週のうちに捲れるように頑張りたいと思います。


それでは本題に入りたいと思います。

今日の記事では今秋日曜に福島競馬場で行われます七夕賞2018の血統についての考察をします!

今回の考察はまあまあ自信がありますよ~!!!

さてまずは簡単な血統表をご覧ください!


過去の血統推奨馬一覧

桜花賞(トーセンブレス7人気4着)→アーリントンカップ(エアアルマス5人気10着)→皐月賞(ジャンダルム4人気9着)→福島牝馬s(デンコウアンジュ4人気3着)→マイラーズカップ(サングレーザー4人気1着)→フローラs(パイオニアバイオ13人気2着)→青葉賞(スーパーフェザー1人気3着)→天皇賞春(チェスナットコート7人気5着)→ユーキャンスマイル(13人気6着)→NHKマイルカップ(パクスアメリカーナ4人気6着)→ヴィクトリアマイル(レッドアヴァンセ7人気3着、レーヌミノル9人気10着)→平安ステークス(クイーンマンボ3人気2着)→オークス(オールフォアラヴ5人気9着)→ダービー(ジェネラーレウーノ8人気16着)→目黒記念(ノーブルマーズ10人気2着)→鳴尾記念(ストレンジクウォーク10人気11着)→安田記念(アエロリット5人気2着、リアルスティール4人気15着)→マーメイドs(ルネイション8人気9着)→エプソムⅭ→(ベルキャニオン9人気6着、マイネルフロスト13人気9着)→函館ss(ワンスインナムーン2人気8着)→ユニコーンs(ルヴァンスレーヴ1人気1着)→宝塚記念(ダンビュライト5人気5着)→CBC賞(アレスバローズ4人気1着)→ラジオNKKEI賞(イエッツト3人気11着)

複勝率37% 複勝回収率132.3%


 

今回お話ししたいことは3つです!

①七夕賞過去のラップ傾向は必要なし!なぜならミラノがいるから!

②七夕賞に好相性の血統

③ミラノ風ペースで浮上する血統

 

①七夕賞過去のラップ傾向は必要なし!なぜならミラノがいるから!

いつもなら各重賞ごとの平均ラップや傾向をまとめるのですが今回の七夕賞に限ってはあまり必要ないと感じています

さてそのマイネルミラノが出走するレースのラップがこれまでどんな具合になっていたのかを実際に見てみましょう!

図を用意したのでご覧ください!

※マイネルミラノ4角先頭時のラップのみを収集しました!

注目していただきたいのはラップの刻み方で、マイネルミラノがレースを作るとこのように早い段階でラップが速くなるんですね。

大体のレースでL4地点からL5地点が最速となりますね。

そして今回の七夕賞でもパワーポケットという一応の逃げ馬はいますがこの馬はにげなくてもやれるタイプですので今回マイネル3頭出しということもありますしなおさらマイネルミラノが逃げることとなりそうです。

なので今回の七夕賞も仕掛けが速くなるということを前提に予想していいと思います。

 

②七夕賞に好相性の血統

次に七夕賞に相性の良い血統を見ていきましょう!

今回マイネルのペースになると考えていますので過去血統自体がどの程度参考になるかはわかりませんが、一応相性の良いものを挙げますと「ニジンスキー系」「Danzig系」「ロベルト系」これらがいいと感じますね。

そして少し相性のいい血統が多すぎると重視するものが見え難くなりますので今回はロベルト系を削除します。

なぜかというと理由は今までブログを見ていてくださった方は速攻でわかると思いますが、ロベルト系はかねてから言っている通り前傾ラップに耐性のある底力のある血統

七夕賞でもロベルト系内包馬がそこそこ相性がいいのですが構造としてなぜ相性がいいかという理由の一つに「七夕賞が流れやすいから」という理由が存在します

実際に七夕賞で馬券になった4Lにロベルト系を内包する馬がいた2017.2014.2013.2012.2009年の内、2009年のみが後傾ラップでした。

そして2009年の七夕賞で馬券になったホッコ―パドゥシャは2番人気と上位人気に推された馬。

今年は去年のような逃げ馬潰しの展開も考えにくくそうなってくるとペースが上がる余地があまりないように思えますのでロベルト系は特段強調しにくいということです。

注!雨が降って意識せずとも消耗戦になった場合ロベルトがいい可能性もありますのでその時のことも考えておきましょう

 

なので今年は「ニジンスキー系」「Dazig系」を重視してみたいと思います!

まだまとめないで最後にまとめますね。

 

③ミラノ風ペースで浮上する血統

2つ目の表を見ていただけるとわかりやすいと思いますが、ミラノがつくるペースの特徴としては「ロングスパート」「極端に早いラップを踏みにくい」「上りがかかりやすい=後半に集約しにくいレース質」といった感じです。全部つながってますね。

さてここから血統を考えていきたいのですが、今回はノーザンテーストとヌレイエフ系を強調したいと思います。

ノーザンテーストは機動力がありコーナーで速いラップを踏むのが得意、ヌレイエフは上りがかかる勝負を得意としていますのでミラノ風ペースで好走する馬が多いのもうなずけますね

 

ここでまとめておきます

・ヌレイエフを内包特に4Lに内包している馬

サーブルオール(母母母父)

メドウラーク(母母母父)

レイホーロマンス(母母母父フェアリーキング)

 

・ノーザンテースト内包馬

ワンブレスアウェイ

 

・Danzig系を4Lに内包している馬

サーブルオール(父ハービンジャー)

マイネルサージュ(父ハービンジャー)

マイネルフロスト(母母父Dayjur)

マイネルミラノ(母父ポリッシュプレジデント)

レイホーロマンス(父ハービンジャー)

 

・ニジンスキー系を内包している馬

シルクドリーマー(母母父)

バーディイーグル(母母母父)

パワーポケット(母母父)

 

今回はこの馬を推しておきます!

馬A

また雨が降ってかなり重くなった場合のみこの馬も推しておきます

馬B

 

以上です閲覧ありがとうございました!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です