函館記念2019 全頭考察2

こんばんはー昨日の続き書きますー

土曜予想は予想する時間が少なかったのでやめました。今日は買います

かなり適当に書きます眠いんで。

Twitterはじめました。フォローしてくれると泣きながら笑います

買おうか悩んだ馬とか次良さげな馬のツイートします

・今週の他記事

函館記念2019血統考察

函館記念2019各馬考察1

日曜予想

【PR】ワールド競馬

「最強の競馬サイト」ご存知ですか??

先週は七夕賞でミッキースワローの単勝820円的中!

先々週はラジニケ賞でブレイキングドーンの単勝840円的中!

個人的にミッキースワローの単勝は素晴らしいの一言ですね~。僕は自信をもって勝ったミッキースワローを消したので惨敗でしたw

今週末の函館記念から無料キャンペーンを開催してるみたいなんで、無料ですしこれはチェックしといたほうがいいですよー!詳しくは下記リンクから!

⇒ワールド競馬

⇒新潟大賞典組

メートルダール

→血統推奨馬。函館自体は合いそうな血統、ロンスパ気味になっても行けるように見えるし上りがかかっても問題なく見えるがこれまで示してきたパフォーマンスが血統と一致しない。

中日新聞杯(良) 1:59.3 1着 自身上り33.6 

12.5 – 10.8 – 12.7 – 12.6 – 12.1 – 12.2 – 12.1 – 11.6 – 11.2 – 11.5(60.7-58.6)

新潟記念(良) 1:57.5 2着 自身上り33.6

12.9 – 11.1 – 11.6 – 11.7 – 11.9 – 11.9 – 11.8 – 11.7 – 10.7 – 12.2(59.2-58.3)

AJCC(良) 2:13.8 3着 自身上り34.1

12.5 – 11.5 – 12.7 – 12.6 – 12.9 – 12.8 – 12.4 – 11.7 – 11.8 – 10.9 – 11.9(62.2-12.8-58.7)

AJCCではコーナー手前から叙情に位置を上げていっており、これまでのメートルダールのイメージと違うかなり脚を長く使った競馬を見せた。相手もシャケトラにフィエールマンと一線級レベルだったのでこの1走はある程度評価したい。

どのレースでもスローバランス程度でトップスピードと上りの早さを求められて好走しているので、開幕終盤の函館で上りがかかる展開になると難しいかもしれないですね。

上り35秒台に入ったレースはこれまで5走こなしており、そのうち好走したのは共同通信杯の一度だけ。勝馬は皐月賞を制すディーマジェスティだったが2着のイモータルにも決定的に離されているのし、今回は間隔があいての出走。休み明けが不安定な馬でもあるので印的には今回強気に出られないかなーとは思っています

⇒巴賞組

ナイトオブナイツ

ごりごりの非根幹巧者(1800巧者、マイル以下短い)ですねー。一応成績を出しておくと、

非根幹

6-1-0-11 

根幹

0-2-1-14

前走の巴賞では2着に差し込んできましたがこのレースは超絶前崩れのレースでかなり展開に恵まれての好走と言えるでしょう。前傾で前が垂れるレースや中だるみで取り付いていかないといけないので展開まかせの馬。

ただ開幕終盤の馬場自体は悪くないでしょうし、それなりに長く足を使える馬ではあるので展開次第ではチャンスはあるかもしれないですね。

スズカデヴィアス

前走に関してはナイトオブナイツと同じような評価。

本質的には右回りより左回りのほうが良い馬ですし、内で溜めて脚をためたほうがいいタイプ。

今回2パターン展開を考えているのですがそのどちらともこの馬にとってはベストと言えないですし、人気薄好走後のここは買いではないと思ってます。

(馬E。バナークリックで馬名表示。現在110位くらいです)

⇒この馬も前走に関してはハマりましたね。それにしては足りない内容。

ただナイトオブナイツやスズカデヴィアスより評価したい点としては

アンドロメダs(良) 2:00.4 1着 4コーナー通過3-4

12.5 – 11.6 – 12.7 – 12.4 – 12.4 – 12.5 – 11.8 – 11.4 – 11.3 – 11.8(61.6-58.8)

レインボーs(稍) 2:00.0 1着 4コーナー通過1-1

12.6 – 11.7 – 12.6 – 12.3 – 12.5 – 11.9 – 11.9 – 11.4 – 11.4 – 11.7(61.7-58.3)

連勝時の2レースからチョイスしましたが前目である程度長く足を使えている点は前述の2頭より評価したいですね。まあゆーてスローで展開は向いてるので今回も恵まれないと無理ですが。

マイスタイルが少し離して逃げて番手以下スローで番手、コーナー前からゆるゆる加速みたいな競馬になればワンチャンあるかもですね。Bコース替わりでインも少し戻りそうですし。

マイネルファンロン

→巴賞先行組。まー厳しい競馬でしたね前走は。大敗したのは展開や休み明けが大きい。

好走歴は恵まれたスローで逃げ先行の形が多いですがロンスパ気味の競馬には適性を見せているので前述のドレッドノータスと同じく番手集団で離れたマイスタイルを見ながらややロンスパとかになるとチャンスはあるかも。

(馬F。バナークリックでブログ紹介文に表示。現在58位くらいです)

→もともとミッキーロケットと2000mで勝負になっていた馬で、前走は久々の2000でも前で折り合ったのは収穫。大敗したのは不利が大きかったでしょう。函館2000mは悪くない条件だと思うのでこの人気ならヒモで買うのもありっちゃーあり

マイネルサージュ

→多分馬場もいいですし流れたらとは思うんですが、衰えを感じますね。人気薄でも消さなければならない馬はいますのでこの子がそれです。

アーバンキッド

→巴賞前行っちゃった組。ほかに買いたい馬がいるのでやめときます

アメリカズカップ

→巴賞前行っちゃった組。もう少し馬場が渋ってくれればよかったですねー。この程度の馬場だと足りなさそう。枠もいいだけにね。

ゴールドギア

→人気しすぎてて競馬ファンの目の付け所に驚かされてます。。。ゆるゆるロンスパの競馬ならばてないずに伸びる馬。今回はそのパターンもあると思っているので穴としてとおもってましたが人気してて悩みますね。

⇒鳴尾記念組

ブラックバゴ

→この馬も仕掛けのスイッチャーになってもおかしくないですね。位置取りは後ろですが押し上げられるタイミングがあれば馬場とコース自体は悪くないと思うし重賞でもヒモチャンスはある馬ですよね。

すごい適当ですが終わりにします。予想は今日の朝までには更新しておきます。

興味がある方は是非見に来てくださいね!

おやすみなさい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です