函館ss2018 血統考察 ~砂とフォルリと高速馬場と~

こんばんはボンカでございます!

サッカーを観戦しながらの更新なのですが、日本代表前回よりいい感じですね。

正直予選突破は難しいかもしれませんが選手は頑張っていますし応援していきたいですね。

日本人て本当に特殊に感じます。海外は批判の声とともに声援も大きいですが日本では前者ばかりが目立つ気がします。

嫌な国ですね。平和ですけど。競馬もあるし。(笑)

 


函館ss2018関連記事

函館ss2018ラップ考察


過去の血統推奨馬一覧

桜花賞(トーセンブレス7人気4着)→アーリントンカップ(エアアルマス5人気10着)→皐月賞(ジャンダルム4人気9着)→福島牝馬s(デンコウアンジュ4人気3着)→マイラーズカップ(サングレーザー4人気1着)→フローラs(パイオニアバイオ13人気2着)→青葉賞(スーパーフェザー1人気3着)→天皇賞春(チェスナットコート7人気5着)→ユーキャンスマイル(13人気6着)→NHKマイルカップ(パクスアメリカーナ4人気6着)→ヴィクトリアマイル(レッドアヴァンセ7人気3着、レーヌミノル9人気10着)→平安ステークス(クイーンマンボ3人気2着)→オークス(オールフォアラヴ5人気9着)→ダービー(ジェネラーレウーノ8人気16着)→目黒記念(ノーブルマーズ10人気2着)→鳴尾記念(ストレンジクウォーク10人気11着)→安田記念(アエロリット5人気2着、リアルスティール4人気15着)→マーメイドs(ルネイション8人気9着)→エプソムⅭ→(ベルキャニオン9人気6着、マイネルフロスト13人気9着)


 

さて本題の函館ssの血統についてお話ししたいと思います!

まずは過去10年の血統表をご覧ください!

今回お話ししたいことは3つです!

①複数頭穴を空けているクロフネの血からの考察

②洋芝で輝くフォルリ

③近年の馬場高速化について

 

 

①複数頭穴を空けているクロフネの血からの考察

・クロフネについて

函館ssで一番と言っていいほど破壊力を見せているのがクロフネ産駒です。

2015年のゴリゴリの前傾ラップの年では2.3着に二けた人気のクロフネ産駒が突っ込んできておりそれ以外ではカレンチャンと去年のジューヌエコールが勝利しています。

クロフネ産駒の特徴としては

芝ダート両方いける

前傾ラップに強い

・揉まれ弱い馬が多い

・雨が不得手(勝率ベースに限る)

・牝馬が早熟傾向

・グレードが上がっても成績を落としにくい

という感じなのですが、今回はクロフネの芝ダート両適性と前傾ラップに強いことに注目しました。

函館ssというレースはスプリント戦でかなりペースが引きあがりやすく前傾ラップになることはほぼ確実で、場合によっては2秒近くのハイペースになることもある重賞ですのでクロフネ産駒が函館での条件戦よりも重賞で結果を出すメカニズムを言うのは理解できると考えています。

よって強調するのはクロフネ産駒!!って言っちゃっても悪くないんですがそもそも今年クロフネ産駒は近走不振のジューヌエコールしかいませんし、もう少し考察していきます。

 

・ダート質について

クロフネの父はフレンチデュピティでこれが前傾ラップにある程度対応することのできる血で持続力があります。これを結構受け継いでいるのがクロフネなんですね。(揉まれ弱いのも受け継いじゃってる孫も多いですが)

そしてクロフネは本来ダート馬として日本に持ってこられた馬でして、ダート血統なんですよね。

そのクロフネ産駒が走る前傾のきつい重賞をいうことでダート的な持続力を持った馬がいいという発想の元血統表をまとめたところ表を見ていただけるとわかりやすいんですが、青文字がダート的な血統で、かなり走っていると思いませんか??

抜けてますが2014年3着のクリスマスの母母父ソルトレイクなんかもダート血統のくくりに入れてもいい気もしますし。

やはりダート的な持続力を持つ馬は前傾のきつい重賞では相性がいいということが函館ssでも例外ではなかったということでまず今回強調したい血統は「ダート適性の高い血」とします。

 

今年ダート適性の高い血を持つ馬

キングハート(シーキングザゴールド)

ジューヌエコール(マキャベリアン)

セイウンコウセイ(エンドスウィープ)

タマモブリリアン(ヘネシー)

ティーハーフ(ストーミングホーム)

ノットフォーマル(ヴァーミリアン)

ノボバカラ(フレンチデュピティ)

ユキノアイオロス(サンダーガルチ)

ラインミーティア(ストームバード)

ワンスインナムーン(エンドスウィープ)

 

多いですね。もう少し絞りたいと思います。

 

②洋芝で輝くフォルリ

前項ではダート血統を強調しましたが、もう一本強調しておきたい血統があります。

それはフォルリです。

ヌレイエフやサドラーズウェルズなどに入っているスゲー血統ですね。

表の黄色の部分がフォルリ持ちとなっていますがそこそこの占有率となっているはずです。

 

今年フォルリの血を持つ馬

エポワス

ジューヌエコール

ノットフォーマル

ライトフェアリー

ラインミーティア

 

③近年の馬場高速化について

さて、ここで前項と少し逆行する内容の話をしておきます。

近年日本の芝レースの高速化が進んでいますが函館競馬場も例外ではなさそうです。

昨年はペースもありましたが勝馬ジューヌエコールの勝時計は6秒台に入っており、一昨年のソルヴェイグの勝時計も7秒台とかなり芝が速くなってきています。

そして馬場が早くなって良いのがヘイロー系とミスプロ系ですね。特にこれを色濃く持っている馬が馬場が速いと相性が良さそうです。

 

今年ヘイロー系とミスプロ系を濃く持っている馬

エポワス

キングハート

ジューヌエコール

セイウンコウセイ

ノットフォーマル

ライトフェアリー

ユキノアイオロス

ワンスインナムーン

 

 

さてこれらの中から一頭推奨したいのですが、、、

個人的にはリピーターはすでに適性を見せており、誰もが警戒しますのであまり推奨したくないところですので、

ことしはこの馬を強調してみたいと思います!

馬C

→2択で悩みましたが、調教次第では本命も視野に。高速馬場想定です。

 

 

以上です!閲覧ありがとうございました!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です