宝塚記念2018 血統考察~機動力が問われる~

こんばんはボンカです!

ワールドカップ楽しいですねえ・・・かなり寝不足です。

日本やりましたね!!!!!!!

早い段階で数的優位になったとはいえ歴史的な勝利ですね!!

ここで勝ち点を取れたのはかなり大きいので残り二戦もなんとかやりきってほしいですね!


宝塚記念2018関連記事

宝塚記念2018ラップ考察


過去の血統推奨馬一覧

桜花賞(トーセンブレス7人気4着)→アーリントンカップ(エアアルマス5人気10着)→皐月賞(ジャンダルム4人気9着)→福島牝馬s(デンコウアンジュ4人気3着)→マイラーズカップ(サングレーザー4人気1着)→フローラs(パイオニアバイオ13人気2着)→青葉賞(スーパーフェザー1人気3着)→天皇賞春(チェスナットコート7人気5着)→ユーキャンスマイル(13人気6着)→NHKマイルカップ(パクスアメリカーナ4人気6着)→ヴィクトリアマイル(レッドアヴァンセ7人気3着、レーヌミノル9人気10着)→平安ステークス(クイーンマンボ3人気2着)→オークス(オールフォアラヴ5人気9着)→ダービー(ジェネラーレウーノ8人気16着)→目黒記念(ノーブルマーズ10人気2着)→鳴尾記念(ストレンジクウォーク10人気11着)→安田記念(アエロリット5人気2着、リアルスティール4人気15着)→マーメイドs(ルネイション8人気9着)→エプソムⅭ→(ベルキャニオン9人気6着、マイネルフロスト13人気9着)→函館ss(ワンスインナムーン2人気8着)→ユニコーンs(ルヴァンスレーヴ1人気1着)


さて本題の宝塚記念2018の血統考察に入りたいと思います。

結構傾向がハッキリしていますのでここはしっかりと仕留めたいところ。

まずは簡単な血統表をご覧ください!

 

今回お話ししたいことは3つです!

①コーナーでも動ける機動力

②上りがかかるレースで活きる血統

③トニービンも好相性の可能性はある

 

①コーナーで動ける機動力

宝塚記念はラップ傾向の記事でもお話ししたようにL3最速が多く、L4からの極端な加速が問われにくいレースなんですね。

よって適性的には持続力と機動力が問われてきます。

宝塚記念は特殊なレースでして、過去にはナカヤマフェスタがブエナビスタを倒しているようにかなり適性に依存する面が大きいレースといえます。

その中で目立つ種牡馬がステイゴールド産駒、ディープインパクト産駒、キングカメハメハ産駒。

中でも勝ち馬ベースでイチバン成績の良いステイゴールド産駒に注目します。

ステイゴールドにはノーザンテーストが入っており、ノーザンテーストは動くレースで相性の良い血統

表を見ていただきたいのですがステイゴールド産駒以外でもノーザンテースト持ちが馬券のなっています。

よって今年はノーザンテースト持ちに注目してみたいと思います。

 

今年ノーザンテーストを持つ馬

アルバート

キセキ

サイモンラムセス

ダンビュライト

パフォーマプロミス

 

②上りがかかるレースで活きる血統

さて他にも相性の良い血統があります。

宝塚記念は上りがかかる重賞で常々言っているように上りがかかるレースではヌレイエフが相性が良いです。

 

今年ヌレイエフを内包している馬は

キセキ

ダンビュライト

ノーブルマーズ

ミッキーロケット

ヴィブロス

ワーザー

 

③トニービンも相性の良い可能性がある

トニービン内包馬

アルバート

キセキ

ダンビュライト

ノーブルマーズ

 

以上です。

今年はこの馬を重視してみたいと思います!

馬Cクリックでブログ紹介文に表示!現在190位くらいです!

→海外帰りがどうかですが血統、戦歴からも上りがかかるのはこの馬にとっては好材料で、最高速度が求められにくいのもいいですね。

個人的にはまともなら頭まであってもいいと考えています。

 

後は海外馬ワーザーの血統評価についてを述べておきます!

評価Dクリックで表示です現在80位くらいです!

 

閲覧ありがとうございました!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です