宝塚記念2019 血統考察

こんにちはボンカです!

先週はちょいプラで終了。平場で3的中も馬連までハマらなかったので仕方ないですね~。

6月は少し負けてるので今週で捲りたいですね~1レース当たれば捲れるレベルなので。

さて、今週は上半期ラストのG1宝塚記念が開催されますね~。昨年は買い目次第では取れたレースだったので今年こそは取り切りたいですね~。

今年はいいメンツが揃いましたね!

菊花賞勝ち馬のシルバーコレクターキセキが1番人気でしょうか。もう一頭のシルバーコレクターエタリオウも出走予定。ダービー、天皇賞秋を制覇したレイデオロも出走。

他には今年、去年の阪杯勝馬のアルアイン、スワーヴリチャード。エリザベス女王杯勝馬のリスグラシューなどG1馬が6頭登録されてますね。

先週の雨の影響があるなら阪神はタフな馬場。もともと宝塚記念は普通のG1とは適性が異なるので尚更偏りが出そうなレース。キセキもいますし楽しみですね。

今週の他記事

宝塚記念各馬考察①

→宝塚記念各馬考察②

土曜予想

日曜予想

2019年度血統推奨馬一覧

中山金杯(ステイフーリッシュ7人気2着)→京都金杯(4人気6着)→フェアリーs(アクアミラビリス1人気5着)→日経新春杯(ムイトオブリガード2人気9着)→AJCC(ジェネラーレウーノ2人気4着)→東京新聞杯(レッドオルガ6人気2着)→クイーンカップ(ビーチサンバ2人気2着)→京都記念(ノーブルマーズ3人気9着)→フェブラリーs(サンライズソア6人気7着) →中山記念(ウインブライト5人気1着) →金鯱賞(アルアイン3人気5着)→高松宮記念(アレスバローズ7人気9着)→大阪杯(ペルシアンナイト3人気11着)→桜花賞(クロノジェネシス3人気3着)→福島牝馬s(デンコウアンジュ4人気1着)→マイラーズカップ(インディチャンプ2人気4着)→フローラs(パッシングスルー7人気4着) →天皇賞春(チェスナットコート10人気6着)→ヴィクトリアマイル(プリモシーン4人気2着) →オークス(ノーワン15人気18着)→葵s(マリアズハート7人気12着)→ダービー(ロジャーバローズ11人気1着) →安田記念(アエロリット3人気2着) →函館ss(ダノンスマッシュ出走取消)→ユニコーンs(デアフルーグ1人気7着)

3-5-1-15 単複回収率

2018年度血統推奨馬成績 180%120%

目次

1.阪神2200の種牡馬別成績

2.宝塚記念=ヌレイエフ、ノーザンテースト

1.阪神2200mの種牡馬別成績

キンカメ、ステイゴールド、ジャングルポケットの成績が良好ですね。

ステイゴールド産駒はドリームジャーニー、ナカヤマフェスタ、ゴールドシップ、オルフェーブルが宝塚記念を制覇。今年はエタリオウが出走予定ですがエタリオウは少しこれらのステイゴールドとは違う感じがしますね~。

キングカメハメハ産駒からはラブリーデイとミッキーロケットが人気薄で宝塚記念を制覇しています。人気薄で2着のデニムアンドルビーは母系にキングカメハメハを持っており、相性はかなり良さそう。今年出走するキンカメ産駒はレイデオロ。どっちかというと高速馬場巧者だと思いますし、トップスピードが秀でた馬だと思う(それなりに分散しても弱くはないし強い馬だけど)ので宝塚記念で勝ち切れますかと言われれば微妙な気もします。

ジャンポケ産駒はノーブルマーズが昨年大穴で3着。今年もノーブルマーズは出走しますが今年は昨年よりシンプルに相手強化ですしね。どうでしょうか。

2.宝塚記念=ヌレイエフ、ノーザンテースト

さて。まずはこちらの表を見ていただきたいです。

上り3ハロン平均は勝馬から採取したデータ。

見ての通り宝塚記念は馬場要員やコースからも上りがかかることがわかりますね。

今年も先週の雨の影響、キセキという逃げ馬がいる以上は例に漏れずある程度上りのかかる展開になりそうです。

では上りのかかるレースで強い血統とはどの血統でしょうか?

これは過去10年間の宝塚記念の好走馬の血統表を見てみれば良さそうですね。

簡単ですね。

上りがかかるレース質にものすごく合うのが、ヌレイエフ、サドラーズウェルズなどのスペシャル系列。ほかには上げるなら宝塚記念は機動力も求められますのでノーザンテーストも相性が良さそう。

ポイントをまとめると

①ヌレイエフ、サドラーズウェルズなどのスペシャルの血が好相性

②ノーザンテーストの機動力も活きる

これらを理由に、今年はこの馬を血統推奨馬としておきます。

馬A

また、本命候補の馬を挙げておきます。

馬B


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です