小倉記念2018 出走馬短評

レジまぐはじめました!!!

 

こんにちはボンカでございます!

今日は小倉記念2018の出走馬の短評を書いていきたいと思います。

上半期は不調でしたんで下半期に一気に勝ちを積み上げて去年を超えていきたいところです。

小倉記念2018関連記事

小倉記念2018血統考察


【PR】

日刊スポーツ≪公式≫競馬サイト「極ウマ・プレミアム」
予想印入り出馬表も人気のコンピ指数も前日夜に読める!!

日刊スポーツ新聞社運営の競馬情報サイト
東西穴記者予想「穴バトル」を好評連載中!更にはレース分析動画まで見れちゃいます!!

バナークリックで簡単登録!競馬新聞を買うより断然得!!!


さてさて本題の出走馬短評に入っていきます。

今年は若干堅そうかなーというのが今の印象。

 

エーティーサンダー 血統☆★★

父マンカフェ母はシルバーホーク×Ballymac Girlで母母はヨーロッパ性が強いですね。小倉2000mでマンハッタンカフェは回収率はあまり振るいませんが複勝率はそこそこということでどちらかというと人気馬ばかり馬券に来ている印象。ただ母系にニジンスキー系を抱えているのは好感でペースが上がっていいロベルトも内包しているので血統的には悪くはなさそう

小倉での未勝利2戦では流れて良さが出ており他競馬場での近況から見ても平均以上>スローの構図は崩れていないため確かな適性と言えるかと思います。なので流れやすい小倉替わりというのは条件良化ではあるんですが、さすがに今回はメンバーが強く流れたとしてもトリオンフ、ストロングタイタンやサンマルティンなどの上位馬が強いですしいくら斤量が軽いと言っても何とかなるビジョンは少し沸きにくいか。調教に関してもそんなに見栄えは良くないですね。

 

キョウヘイ 血統☆★★

血統はいいんじゃないでしょうか。馬力のあるサンデー系のブラックタイドに母はダンスインザダークやリボーで構成されており欧州性の強い馬が良い重賞において血統としては合格。流れてよいロベルト系を持っているのも好感ですね。小回り自体もヘイロークロスなど向く要素はあります。

折り合い難や馬群×など気性面での課題が大きい馬で今回も基本的には後方からとなりそうでその点はどれだけ足を使っても小倉記念だと厳しいことは確かですし、馬場に関してもこの馬は確実に重いほうが向いていますので開幕2週目の良馬場で後方策となると外を回すだけでは厳しいと思いますし内枠引きでインが開くのを待つという選択がベターか。

 

キンシューユキヒメ 血統☆★★

父メイショウサムソンはスケールが足りないため重賞では厳しいですが本来小倉は得意な部類ですし、リファールやグレイソヴリンといった小倉記念で相性の良い血統を複数持っているのは好材料。

ただ地力で考えると足りないと思いますし、好走パターンとしては平均程度から若干スローの超ロンスパのみ好走できるというかなりの癖馬。ただこのパターンに近い競馬になるのも見えなくはないんですよね~。それでもL4から流れる程度では地力的に厳しいでしょうか。。

 

サトノクロニクル 血統★★★

トニービンを持っているというだけで警戒しなければならないのが小倉記念ですので血統評価は最大限の物を。休み明けに関してはハーツの仔ですしそこまで気にしないほうがいいとは思います。

長距離においての適性や能力といった点では阪神大賞典の2着で1着はレインボーライン3着はクリンチャーとG1でも通用する力を持つ馬相手に食い込んだ形ですし疑いようが無いのは事実ですが、2000条件でとなると微妙な気もするんですよね。実績としてはチャレンジカップ1着がありますがチャレンジカップ自体そんなにレベルは高くないと思うんですよね。デニムアンドルビーやブレスジャーニー、モンドインテロといった重賞クラスではまあ足りない競馬が続いている相手を僅差で競り落としただけですし、さらに言うとこの馬の弱点であるコーナーでの立ち回りはかなりうまく行ったという事実もありますし。デムーロ起用で血統も特注持ちとなってくると人気はすると思いますがかなり置かれる可能性もあると思いますしここ軸は怖いなーという印象です。

 

サンマルティン 血統☆★★

ハービンジャーは小倉が得意ですし、母系にナスルーラも持ってますので血統的な相性はいいですね。

昨年と似たような調整過程を踏んでいるのは好感が持てますし、調教も力は出せそうな内容

ただこの馬の大きな課題はと言えばやはり折り合い面にあると言えます。前々走の大敗は外目から壁を作れずかかり通しでの大敗ですし、やはり壁をしっかりと作って溜めるもしくはレース自体がある程度流れてしまうほうが確実に良いです。

そこをこなせるのであれば頭まであると考えています。枠は中くらいがベターでしょうね。外はまずいかな

 

ストーンウェア 血統☆☆★

父Birdstone母Antique Auctionでミスプロのクロスと全体的に見て米国血統ですので小倉記念の好走血統とは少しずれる印象

近走の好走は異なる適性が求められた中で対応してのものですし、中日新聞杯は訳ありの大敗。というわけでハンデ戦で出来が良ければ怖さはあるんですが、

右回り1-2-3-9

左回り4-3-1-2

完全な左回り巧者というのはマイナス要素ですね、近走の好走も左回りばかりですし。

ペースが流れるのは問題ないでしょう。むしろドスローとかのほうが厳しいですね。馬場も問題ないと思います。

出来に関してはそこそこ良さそうなので迷う一頭ですね。


【PR】

完全自動競馬投資ソフト
単勝馬連1点買い版!
9R~12Rバージョン!
安心楽々無期限無制限サポート&大特典付き!

「単勝配当250円~2,500円⇒単勝平均的中率が35%~40%」☆「馬連配当350円~1,300円⇒馬連平均的中率が15%~20%」単勝1番人気のオッズと単勝2番人気のオッズ差がある法則に合致した際に、単勝、馬連それぞれ自動購入していきます♪プロの馬券師の協力の元、過去10年以上のデータで検証して済み!
平均回収率130%~150%のロジックです、1点買いですので、1、2回の的中で十分プラスが見込めるのが、このソフトの魅力的なところです!
※「重賞版」よりも対象レースが多い分より利益が出やすくなっています!

月々にすると10万~20万の利益を目標に稼いでいく為のソフトです。

当然投資金額を倍にする事により純利益も倍になります、利益は少ないですが利益分をコツコツあげていき、掛け金に充当していけばかなりの利益が期待できます。

本ソフトの一部の画面です。

販売価格10,000円です
全自動競馬投資ソフトとマニュアルになります
競馬未経験の初心者さんもご安心ください。

☆ソフトウェア動作環境
【対応OS】Microsoft Windows Vista・7・8
【CPU】IntelRPentiumRⅢ以上を推奨
【メモリ】512MB以上推奨
【ハードディスク】500MB以上のハードディスク空き容量を推奨
【その他】NET Framework4.5・Chrome 必要(無料ダウンロード)

↓バナークリックで商品ページへ!!


ストロングタイタン 血統☆☆★

血統全体でみると開幕から時間の経っていない馬場は良さそうですね。ペースが流れたほうがいい血統をしていますので流れやすい小倉記念というのは条件としては良さそう。

近走成長を感じる馬なんですよね。前々走はかなり驚かされました。前々走鳴尾記念はかなりの高速馬場でハイペースとなった中でトリオンフが若干はまっていなかったものの勝ち切るという強い内容で、これまでのこの馬とは少し違いを感じました。受けた位置は違いますけどね。なので今回は去年と違う充実度と考えて流れても対応できるのであれば小倉記念でも十分に怖さはありますし、さらには暑い季節に成績を上げるタイプの馬というのも好材料ですね。

不安点は都大路s→鳴尾記念→宝塚記念→小倉記念と4戦目のローテ面からはやはり疲れなどがないか不安ではあります。

ただここはG3連勝のチャンスでもあると見ます。

 

トリオンフ 血統★★★

父タートルボウルはジャンプラ賞というG1の勝馬で英仏で活躍したヨーロッパ系のノーザンダンサー、母系はダンスインザダークやモガミなどこちらも欧州性が高く、小倉記念には相性が良さそう。

実際に戦績的にも小倉で2-1-0-0とパーフェクト連対であり同じ小倉重賞の小倉大賞典勝ちがあるのは素直に信頼しやすい。また流れて一足を使うのが得意なタイプで、普段の小倉記念であれば間違いなく飛ばないですね。

ただ不安があるとすればやはり今回は若干スロー寄りになる可能性があるということですかね。2か月間隔が開いたことは休み明けも走りますし調教の動きからも大丈夫でしょう。

普通にここ軸でいいかと。

 

マイネルサージュ 血統☆★★

母系がどう出るかですね。父ハービンジャーは小倉が得意ですし強調できるのですが母系は短距離志向。

間違いなく全体としてのペースが上がり切たほうがいいタイプで、前走七夕賞、前々走の福島民報杯は間違いなく展開が向いた

スローから差し込んできた白富士sは4着プラチナムバレット5着テオドールと重賞レベルなら微妙な馬。

難しいと思うんですよね。スローなら前に脚を残されてしまって自分の足だけでどうにかなるほど末脚が抜けているわけではありませんし、流れたとしてもトリオンフ、ストロングタイタン、サンマルティンなどの有力馬が位置的にも手ごわいですし、人気薄どころでも流れたほうがいいタイプが多いですしね

 

マウントゴールド 血統★★★

夏のローカル得意なステイゴールドを父に持ち母系にはニジンスキーを抱えておりいかにも夏の小倉って感じの血統ですね。

ペースを作る可能性が高い馬ですのでしっかりと後ろをの脚を削ぐイメージがないと厳しいかなとは思うんですがやはり前走の下鴨sの内容は悪くないと思うんですよね。2着スズカルパンとまあ微妙な相手ではありますがラップ的に考えて前傾で良さが出る目途は立ててきたと思いますし、前走よりももう一段ペースが上がって良くなる可能性は十分にあると思います。スローなら厳しい。

また全体の仕掛けが速くなりそうなのは結構好材料なんじゃないでしょうか。ラップが分散する形になってきますし瞬間的なトップスピードは足りない馬ですしね。

 

メドウラーク 血統☆★★

前走は対抗印でしたが今回もワンチャンとは思うんですよね。

馬場が早かったらどうしようもないですが仕掛け早+前傾ラップまで上がるという条件が揃うのはそんなに難しいことではないと思うんですよね。

当日の馬場次第ですね。出来は良くて維持でしょうし。

 

レイホーロマンス 血統☆★★

どうも牝馬2頭はレベル的にそもそも厳しいと思うんですよね。キンショーユキヒメクライ好走条件がとがった馬であればハマって怖いんですがレイホーロマンスクラスの堅実なタイプとなるとまあ難しいんじゃないでしょうか。

 

 

以上です!閲覧ありがとうございました!

さて今回穴として魅力があると感じている一頭と危険人気馬を発表しておきます!

穴E

危F

 

↓ブログの更新通知が受け取れます!↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です