小倉記念2019 血統考察

こんにちはボンカです。

先週はまた日曜さぼってしまいました~。モチベの低さがヤバい。

今日は小倉記念の血統考察をやっていきます。今年はメールドグラースがかなり抜けているとは思うのですが、なんとか穴馬を見つけていきたいです。

Twitterはじめました。競馬関連のツイートすると思います。興味があればぜひフォローしてください。

さて、話は逸れますがとても悲しいことが起きてしまいました。

ニュースでご覧になった方も多いかもしれませんが、ディープインパクトが亡くなってしまいました。17歳。頸椎の骨折で安楽死だったそうです。

14戦12勝でG1を7勝。無敗の3冠馬。種牡馬として日本ではG1を50勝。今年のオークス、ダービーを産駒が制覇。海外でもサクソンウォリアーなどがG1タイトルを手にし、ダート界でもアンジュジデールがG1載冠。彼の功績は数え切れません。

僕の中での最強馬はディープインパクト。さみしいですが天国があるのなら仲間たちと走り回って欲しいです。長い間ありがとう。ゆっくり休んでくださいね。

湿っぽくなりましたが今週も競馬はあるので頑張って考えていきましょう。

2019年度血統推奨馬一覧

中山金杯(ステイフーリッシュ7人気2着)→京都金杯(グァンチャーレ4人気6着)→フェアリーs(アクアミラビリス1人気5着)→日経新春杯(ムイトオブリガード2人気9着)→AJCC(ジェネラーレウーノ2人気4着)→東京新聞杯(レッドオルガ6人気2着)→クイーンカップ(ビーチサンバ2人気2着)→京都記念(ノーブルマーズ3人気9着)→フェブラリーs(サンライズソア6人気7着) →中山記念(ウインブライト5人気1着) →金鯱賞(アルアイン3人気5着)→高松宮記念(アレスバローズ7人気9着)→大阪杯(ペルシアンナイト3人気11着)→桜花賞(クロノジェネシス3人気3着)→福島牝馬s(デンコウアンジュ4人気1着)→マイラーズカップ(インディチャンプ2人気4着)→フローラs(パッシングスルー7人気4着) →天皇賞春(チェスナットコート10人気6着)→ヴィクトリアマイル(プリモシーン4人気2着) →オークス(ノーワン15人気18着)→葵s(マリアズハート7人気12着)→ダービー(ロジャーバローズ11人気1着) →安田記念(アエロリット3人気2着) →函館ss(ダノンスマッシュ出走取消)→ユニコーンs(デアフルーグ1人気7着)→宝塚記念(リスグラシュー3人気1着)→函館記念(メートルダール8人気7着)

4-5-1-16 単複回収率 438%/110.2%

2018年度血統推奨馬成績 180%120%

目次

1.小倉2000mの種牡馬別成績を見る

2.小倉記念で毎年走る血統とは

1.小倉2000mの種牡馬別成績を見る

まずはいつも通りコース種牡馬の成績を軽く見ていきましょう。

今回産駒が出走する種牡馬のみのデータ。特注の種牡馬は存在しませんが、トニービン持ちのハーツクライ、ルーラーシップ、ジャングルポケットの成績が比較的良いことは覚えておいてもよいかもしれませんね。ハーツクライが悪くないのは小回りでもスパイラルカーブであることが影響してそうですねー

2.小倉記念で毎年走る血統とは

小倉記念は毎年ロンスパになりがち。これはかなり意識したほうが良い傾向だと思います。

これまで好走した馬を見返すと、やや重め持続力型のディープやスタミナのあるサンデー系種牡馬産駒が走ってますね。

おおまかなポイントを設定するのであれば

①トニービンなどグレイソヴリン系を4Lに内包している馬

②ニジンスキーを4Lに持っている馬

ロンスパが得意な①.②に該当する馬をぜひとも抑えておきたい重賞ですね。

さて、今回の血統推奨馬は

馬A(バナークリックでブログ紹介文に表示!現在160位くらい。さぼってたら60位くらいランキング下がったからモチベ上げるために押してくれると喜びます)

→テーマにできるだけ沿いましたがあまり自信はないです(笑)

また、買いたい馬がいるのでそちらも挙げておきます!

馬B(バナークリックでブログ紹介文に表示。現在80位くらい)


→こっちは普通に買いたいですね。データ的には微妙ですが。

以上うです!

閲覧ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です