府中牝馬s2018 血統考察

こんばんはボンカです!

府中牝馬sの血統記事をもう書かないとということで更新しました。

結構いいメンツが揃いましたね~。。秋華賞の資金を何とかここで作りたいですね!


府中牝馬s2018関連記事

→府中牝馬s2018最終予想

秋華賞2018関連記事

秋華賞データ

秋華賞血統考察

→秋華賞最終予想


【PR】エスケープマジック

隠れ逃げ馬で馬券を荒稼ぎ!

競馬は先行、逃げ有利なのは周知の事実。

ただ逃げる馬がわからなくて困るという方にお勧めなのがこの「エスケープマジック」。

エスケープマジックでは独自のロジックにより逃げ馬を発見します。そして期待値の高い逃げ馬を教えてくれます。

逃げ馬さえわかればレース展開を予想しやすいですし予想の一端にするのもよし、丸乗りするのもよし。

現代競馬はやはりソフト持ちの人間が優勢。将棋や囲碁もコンピューターには勝てなくなってきていますしね。

↓詳細はバナークリック!↓


まずは血統表から!


目次

①府中牝馬sのラップと脚質の傾向

②府中牝馬sで強い血統


①府中牝馬sのラップと脚質の傾向

‣ラップ

2秒前後のスローになることが多く、仕掛けどころもL2最速率が高くなっており遅れ気味。L4地点が12秒台とそこそこゆったりした流れからL3で11秒台前半の脚を問われてそれを維持する力が求められている。能力としては瞬発力や反応の良さ、さらに最高速度の持続力といったものが問われる。ただ今年に関しては逃げ馬候補にカワキタエンカがいるのでそこそこ流れてくる可能性は高いとみる。ただ隊列としては少し読みにくいですね。縦長気味になっても良さそうですが。

 

‣脚質

脚質成績とラップの前傾後傾がリンクしやすいのが特徴。

シンプルにスロー→前有利、ハイ(平均)→後ろ有利。

前述の通りカワキタエンカが逃げてそれなりのペースを作るならさせる馬を狙うのがベターか。

 

②府中牝馬sで強い血統

少し悩みますがまずはノーザンテースト持ちの馬が良いと思います。ノーザンテーストの適性に合うレースとはちょっとイメージの違うレースでしたので推すのを少しためらいましたが。。

今年ノーザンテーストを内包している馬

クロコスミア

アドマイヤリード

ミスパンテール

 

また、デュピティミニスター-フレンチデュピティの系列も好成績なのですが条件が合ります。

表のオレンジラインがフレンチデュピティなたちなのですが、ホエールキャプチャの勝った6秒のドスロー前残り展開の2013年を除きオレンジライン持ちが馬券になったすべての年でペースが平均程度の範疇になっているということが条件なんですね。

①でも書きましたが今年はある程度カワキタエンカがペースを引っ張ってしまったレースになってもよいと思いますので今年はノーザンテースト持ちよりオレンジライン持ちを重視してみたいと思います。

今年、4Lにオレンジラインを内包している馬は一頭のみ。

この馬を血統推奨馬として挙げておきたいと思います!

馬E

→左回りという点は不安なのですが前走は距離不足で度外視。もとよりある程度流れたほうが良い馬ですしここはチャンスありかと。

 

また、危険だと思う人気馬も挙げておきます!

馬F

以上です!

閲覧ありがとうございました!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です