新潟2歳s2018 血統考察

こんばんはボンカです!

今週は予定が立て込んでいて全然記事が書けませんでしたが新潟2歳sの血統考察をやっていきたいと思います!


今週の他重賞

キーンランドⅭ2018血統考察


過去の血統推奨馬一覧 

桜花賞(トーセンブレス7人気4着)→アーリントンカップ(エアアルマス5人気10着)→皐月賞(ジャンダルム4人気9着)→福島牝馬s(デンコウアンジュ4人気3着)→マイラーズカップ(サングレーザー4人気1着)→フローラs(パイオニアバイオ13人気2着)→青葉賞(スーパーフェザー1人気3着)→天皇賞春(チェスナットコート7人気5着)→ユーキャンスマイル(13人気6着)→NHKマイルカップ(パクスアメリカーナ4人気6着)→ヴィクトリアマイル(レッドアヴァンセ7人気3着、レーヌミノル9人気10着)→平安ステークス(クイーンマンボ3人気2着)→オークス(オールフォアラヴ5人気9着)→ダービー(ジェネラーレウーノ8人気16着)→目黒記念(ノーブルマーズ10人気2着)→鳴尾記念(ストレンジクウォーク10人気11着)→安田記念(アエロリット5人気2着、リアルスティール4人気15着)→マーメイドs(ルネイション8人気9着)→エプソムⅭ→(ベルキャニオン9人気6着、マイネルフロスト13人気9着)→函館ss(ワンスインナムーン2人気8着)→ユニコーンs(ルヴァンスレーヴ1人気1着)→宝塚記念(ダンビュライト5人気5着)→CBC賞(アレスバローズ4人気1着)→ラジオNKKEI賞(イエッツト3人気11着)→七夕賞(メドウラーク11人気1着、サーブルオール1人気4着)→プロキオンs(ドライヴナイト9人気13着)→函館記念(ヤマカツライデン回避)→函館2歳s(カルリーノ3人気3着)→中京記念(ロジクライ5人気2着)→アイビスサマーダッシュ(アクティブミノル14人気8着)→クイーンs(ツヅミモン5人気9着)→小倉記念(トリオンフ1人気1着)→レパードs(ショーム除外)→エルムs(リッカルド4人気6着)→関屋記念(ロードクエスト8人気5着)→北九州記念(トウショウピスト12人気13着)→札幌記念(サクラアンプルール7人気6着)

推奨馬平均人気 6.6人気

着度数 5‐5‐4‐25

勝率 13.5%

連対率 27%

複勝率 37.8%

単勝回収率 330.5%

複勝回収率 157.5%


【PR】エスケープマジック

競馬最強の法則2018年3月号掲載の馬券術!!

「隠れ逃げ馬」をご存知でしょうか?

競馬は逃げ馬がわかればその馬の単勝を購入し続けるだけで回収率が190%を超えることはご存知でしょうか?

ただ逃げ馬を見つけるのが難しいシーンって多いですよね。実際にゲートが開かないとわからないことばかりです。

そこで今回は競馬ファンにばれていない逃げ馬を発見する方法を公開します。

的中実績

3月17日 中山12R

13人気マッジョネラ

単勝79.9倍 複勝14.1倍

3月25日 阪神7R 

10人気メイショウタイシ

単勝39.6倍 複勝8.7倍

3月31日 中山6R

8人気シスル

複勝3.1倍

4月15日 中山10R

9人気ダノングッド

単勝26.7倍 複勝5.6倍

詳しくはバナークリック!!年間収支も掲載されています!

値段も1800円とかなり手ごろ!


まずはいつも通り血統表をご覧ください!

今回お話しすることは3つです!

①新潟2歳sのラップ、脚質の傾向について

②2歳戦で強い種牡馬を愚直に買う

③直線勝負で相性の良い血統を考える

 

①新潟2歳sのラップ、脚質の傾向について

道悪開催の2008年を除けば過去10年すべての年でスローから平均程度それも後傾ラップに収まっており、L2最速率が100%、L4が緩く12秒台とこれも10年間続いているので基本的には直線だけの勝負に近い。よって長い直線で末脚型の追い込み馬が躍動しており、過去10年で6勝。2-3着にも4頭が顔を出している。昨年は4秒のスローバランスとなり逃げ馬が残ったが昨年以外では逃げ馬が残った年は無く、好位以下の位置取りで勝負した馬が強いレースとなっている。

 

まとめ

・ペースはスロー濃厚、流れても後傾の平均程度。

・L4地点が緩くL2地点が最速のパターンが出来上がっておりほぼ直線の勝負と言える。上りの脚は32秒台が出ることもしばしば。

・後方勢が強い珍しい重賞。逃げ馬はよほどのスローバランスにならないと厳しい。

 

②2歳戦で強い種牡馬を愚直に買う

さて、2歳戦の血統を考える際にまず注意しておきたいのが

各種牡馬の早熟性>各種牡馬の得意条件

という前提をもって血統を考えていったほうが良いということですね。

2歳戦では全馬成長途中で完成もまだ先な馬が多く適性も不明。その中でレースに臨むのですから何よりも現状での完成度が勝敗にかかわってくると思うんですよね。

ここでの早熟血統とは幅広い意味の物であり、単に2歳戦の回収率が高い種牡馬を指すこともあればディープ牝馬のような早い段階から活躍を意識できるものの古馬になってからも期待できるといったようなモノも指してたりします。

今年、早い段階から活躍できる馬を出しやすい父を持つ馬

エルモンストロ(父ルーラーシップ)

エイシンゾーン(父ジャスタウェイ)

ロードアクア(父ロードカナロア)

ケイデンスコール(父ロードカナロア)

エイカイキャロル(父ロードカナロア)

ジョディ―(父ダイワメジャー)

んー、エイシンゾーンは一応ジャスタウェイ産駒がおもったより2歳戦で走っていますので挙げましたが、ジャスタウェイの血統構成自体はワイルドラッシュ、ハーツクライなどと晩成傾向が強いですし、重賞でどうか。(ハーツクライ自体は案外2歳戦序盤なら走るんですけどね、ワイルドラッシュがなあ。。。)

また、取り上げませんでしたがヴィクトワールピサ産駒のアンブロークンが人気しそうですがヴィクトワールピサは新馬戦の回収率が良いことをどう考えるかですね。まー人気してるんで除外しましたけど。

 

③直線勝負で相性の良い血統を考える

さて種牡馬以外の部分のも触れましょう。

今回は直線勝負の純度が極めて高いということで欧州型ナスルーラを祖に持つ血を推しておきたいと思います。

トニービンやサクラバクシンオーなどの祖にあたるナスルーラは直線でのスピードや持続力を高める血。

今年欧州ナスルーラ系を4Lに内包している馬

エンパイアシュアー(母父サクラバクシンオー)

エルモンストロ(父母父トニービン)

オーパキャマラード(父母父エーピーインディ)

 

さて今回はこの馬を推奨してみたいと思います!

馬C

→前走は逃げて新馬勝ちですが上りを2位にまとめての新馬戦としては好タイム。

今回は折り合い面に課題はありそうですが内枠引きで壁を作って望めれば。

デムーロからのしっばせんリターンは少し怖いですが血統的にはこの馬でしょう。

また、現状での対抗印の馬を発表しておきます!

馬D

 

以上です!閲覧ありがとうございました!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です